牛久大仏は世界一の青銅立像。ギネスにも登録の大仏様の中を見学

公開日:2019/4/18 更新日:2019/10/12

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Yoshino
出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。
大仏様の胎内には異空間が広がってるんだっぺ

茨城県牛久市のシンボルは、何と言ってもギネスブックに認定された地上高120メートルの牛久大仏(うしくだいぶつ)です。道すがら、その巨大なお姿を目にする事があっても、実際に見に行く機会がない方もきっと多いはず。巨大仏の中は、想像以上にすごいのです。今日は牛久大仏の楽しみ方、巡り方をご紹介します。

牛久市のシンボル牛久阿弥陀大佛

茨城県南部の牛久市は、都心から約50キロメートルと交通アクセスも良く便利な場所。ここで有名なのは何と言っても巨大な牛久阿弥陀大佛、通称・牛久大仏です。高速道路の圏央道などを走っているとこの大きな大仏様が段々と近づいてくるのが見えるので、覚えている方も多いのではないでしょうか。

庭園や小動物園がある東本願寺が巨大大仏の建造者

牛久は浄土真宗の開祖である親鸞聖人と縁がある場所。そのため、浄土真宗の東本願寺がお寺の霊園の敷地内に牛久阿弥陀大佛を建てたのだそうです。巨大な大仏の胎内には様々な展示物や仏舎利があり、霊園の敷地内には四季折々の花が咲く美しい庭園や小動物園もあります。

ギネス認定・世界一大きな青銅の立像

大きさは阿弥陀如来の十二の光明から

遠目に見ていてもかなり大きいと思いますが、牛久大仏の大きさは120メートルで、実際近くで見ると遠近感がおかしくなってくるほどの圧倒的な大きさです。この120メートルという高さはは阿弥陀如来の十二の光明にちなんだ数字だそうで、親指の直径が1.7メートルでちょうど人間の身長ぐらいです。

ちなみに、世界一大きい青銅立像として、ギネスブックにも載っています。

奈良の大仏が掌に乗る大きさ

牛久大仏の螺髪1個の直径は1メートルあり、1個あたりの重量は200キログラム。大仏さまの頭の上にはこれが480個乗っています。大仏前には模型が置かれていて実際の大仏の顔は模型の1000個分と書いてありますが、途方もない数字でうまくイメージできないかもしれません。

ちなみにニューヨークの自由の女神像の身長の3倍の大きさです。

大仏は胎内も見どころだらけ

趣向を凝らした仏教観が圧巻

一見するとわかりませんが、大仏の中は5階建て構造になっていて大変な見どころが隠れています。それぞれに仏教観を反映したテーマ、作りとなっていて、何とも言えない近未来的な空間も楽しめます。5階は展望台。大仏様の懐あたりからの眺望が楽しめますよ。

金色の阿弥陀仏がありがたい光の世界

一階の光の世界には煩悩を表す暗闇の扉があり、それを開けるとそこには慈悲を表すひとすじの光という展開で、ライトアップされた金色阿弥陀仏が迎えてくれます。壁には12体の仏像が飾られ、それぞれ異なる色に照らされSFチックな趣もあって圧巻ですよ。

写経や書き初め体験ができる念仏の間

2階の念仏の間は、お正月に書き初めができるスペースになっています。1989年に着工され、1993年6月に落慶された牛久大仏の工事の様子もパネルで紹介されていて興味深いです。知恩報徳の世界というコーナーには、壁に沿って難易度別に写経ができる77席分のスペースも。

圧巻の胎内仏、蓮華蔵世界

3階の蓮華蔵世界。蓮華蔵世界とは仏教用語で極楽浄土の事。壁一面にびっしりと並んだ黄金の胎内仏約3,400体は圧巻の一言に尽きます。この金色の世界観は牛久大仏の胎内の中でも一番の見どころではないでしょうか。訪れた人が次々とうわぁ、と驚く場所です。



大仏さまの展望台

大仏の胎内は地上85メートルまでエレベーターで上がれます。最上階は大仏の胸部展望台となっていて、お天気が良い日には東京スカイツリーや富士山がきれいに見えますよ。眼下には花で彩られた美しい景色も楽しむ事が可能。なお、5階の霊鷲山の間には仏舎利(釈尊の遺骨)が安置されています。

牛久大仏はお盆と年末の花火が最高

牛久大仏の最大の楽しみといえば、お盆と年末に開催される奉納打ち上げ花火。お盆の牛久大仏万燈会(まんどうえ)では、大仏様のライトアップと灯籠の見事な風景が広がります。また、年末は修正会が開かれ、多くの観光客でにぎわいます。

新年を祝う花火のカウントダウンはみんなで一斉にナ・ム・ア・ミ・ダ・ブ・ツがお約束。なつかし露店やイベント、歌謡ショーなども開催されますよ。

美四季折々の花と庭園散策

円形の池が美しい群生海(ぐんじょうかい)

牛久大仏の周囲は広々としていて、美しく庭園や池、滝などを眺めながらのんびり散策できるよう整備されています。芝生に囲まれた群生海と名付けられた池の周囲には季節の花で彩られとてもきれい。群生海とは、仏教用語で命ある全てのものの源という意味があるそうです。

花が咲き乱れる浄土庭園

浄土庭園と名付けられた庭は約10000平方メートルの広さがあり、春は桜や芝桜、初夏にかけてはポピーやかすみ草、ナデシコ、金魚草、夏はサルビアやケイトウ、そして秋はコスモスといった季節ごとの花々が咲き乱れます。ポピーやコスモスなどは摘んで持ち帰る事も可能ですよ。ありがたくて思わず合掌。

のんびりすぎる小動物園は癒しどころ

仏様の近くには小動物園があり、ウサギやリス、サル、ヤギなどがいてエサやり体験も可能。とってものどかで、動物たちはのんびり、おっとりしていて眺めているだけで癒されます。子供の動物園デビューにも最適の場所。まったりと餌やり体験もできて最高です。

大仏の後は近くのアメリカ西海岸風アウトレットに行こう

アメリカ西海岸をイメージしたあみプレミアム・アウトレットは牛久大仏から車で10分の場所にあります。ブランドファッション、インテリア、生活雑貨、化粧品と何でもそろうのが魅力。レストランやカフェもたくさん入っているので、大仏観光と合わせて訪れる人も多いそうです。

Address 〒300-1161 茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
Hours AM10:00-PM8:00
Closed 年1回(2月第3木曜日) 、年末年始、その他季節によって変動あり
Tel 029-829-5770
Web https://www.premiumoutlets.co.jp/ami/

牛久大仏へのアクセス

車でのアクセス

圏央道の阿見東ICから約3分、牛久阿見ICからは約10分で到着します。無料駐車場が820台分完備されているので安心です。

電車でのアクセス

最寄り駅はJR常磐線の牛久駅。牛久駅からは、タクシーで約25分で到着します。また、駅からバスを利用する場合は東口2番乗り場から牛久大仏・牛久浄苑行きかあみプレミアムアウトレット行きに乗車し、牛久大仏のバス停で下車すると到着です。

Address 〒300-1288 茨城県牛久市久野町2083
Hours (3月~9月)平日:AM9:30-PM5:00、土日祝日:AM9:30-PM5:30、(10月~2月)AM9:30-PM4:30
Closed なし
Tel 029-889-2931
Web https://daibutu.net/

まとめ

いつも遠くから巨大な姿を見ているだけに、実際に行ってみるとその迫力に圧倒される牛久大仏。あまりの巨大さに、ややB級スポット扱いもされている感じですが、信仰の拠り所として浄土真宗の一大拠点となっているのは確かです。胎内めぐりもアグレッシブでエクサイティング。結構楽しいのでぜひ一度足を運んでみてくださいね。