石手寺は国宝と謎の洞窟がある四国霊場。厄除けや安産祈願に行こう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: kana

徳島県出身。徳島県を中心に、四国と住んだことがある大阪府、愛知県の記事を書いています。旅行は夫か母、友人などとの二人旅がメインです。神社仏閣や歴史が好きなので、そのスポットにまつわる豆知識をふまえて見どころをご紹介します。

石手寺は歴史があるのに境内に不思議なものがいっぱいあって面白いけん

道後温泉の東 約1kmほどのところにある石手寺は、弘法大師伝説でよく知られています。国宝の仁王門をはじめ、立派なお堂が立ち並ぶ境内は参拝の人が絶えない人気のお寺。地元の人々からお遍路さん、観光客にまで愛される石手寺の魅力を紹介します。

石手寺は四国霊場51番札所のお寺

厄除けや初詣のお寺として有名


愛媛県松山市の日本最古と言われる温泉、道後温泉の近くに建立されている石手寺(いしてじ)は四国八十八か所霊場の第51番札所です。729年に行基によって開創されたとても歴史のあるお寺で、愛媛県では厄除けや初詣のお寺として有名です。

寺号は弘法大師の奇跡に由来する


石手寺という不思議な寺号は、弘法大師伝説に由来。その昔、衛門三郎という男が死の間際に弘法大師に懺悔し、大師は石に衛門三郎再来と書いて握らせたそうです。その石が後世、愛媛の名門一族に産まれた子供の生まれつき開かなかった手から出てきたという説話によるとされています。

道後温泉の近くにあるお寺


石手寺は観光地として有名な道後温泉の近くにあるので、地元の人々やお遍路さんだけでなく観光客の姿も多く見られます。松山の市街地にあり、アクセスも良好。見どころ満載のお寺なので、松山の観光ルートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

国宝の仁王門

四国にある数少ない国宝のひとつ


石手寺の仁王門は1318年に作られたもので、鎌倉時代の建築様式が特徴的です。この仁王門は国宝に指定されており、国宝が少ない四国ではとても貴重な存在となっています。

迫力ある金剛力士像


国宝の仁王門の中には、高さは2.5メートルと巨大な金剛力士像があります。迫力ある表情の金剛力士像は鎌倉時代後期に製作されたもので、愛媛県の重要文化財に指定されています。その姿から運慶の一派によるものとされていますが、作者は不明。

仁王門には巨大なわらじも


四国霊場のお寺では巨大なわらじが奉納されていて、ここ石手寺でも仁王門で見る事ができます。わらじにおみくじが結ばれていたり、お賽銭がはさまれているおもしろい様子が見られますよ。石手寺のわらじもかなり巨大ですが、四国霊場最大のわらじは17番札所井戸寺のものです。

歴史を感じる境内

ひときわ目を引く三重塔


仁王門のほかにも、石手寺の境内には歴史を感じる建造物がたくさんあります。中でも境内でひときわ目立つ三重塔は鎌倉時代後期のもの。この三重塔は国の重要文化財にも指定されています。

鬼子母神を祀る訶梨帝母堂で安産祈願を


人間の子供をさらう悪鬼から改心して母子の守り神となった鬼子母神を祭った訶梨帝母(かりていも)堂も、重要文化財に指定されています。安産祈願として有名で、石を持ち帰って祈願し無事出産したら石を2つにして返すため、お堂の前にはたくさんの石が積まれています。

線香の煙が立ち込める本堂


鎌倉時代末期に作られた本堂も、国の重要文化財に指定されています。鎌倉時代の建築様式を感じることができる本堂の前には巨大な香炉があり、いつもお線香の煙がもくもくと立ち込めています。

奥の院への入り口、マントラ洞窟

薄暗い空間に仏像が並ぶ洞窟


石手寺の境内にはマントラ洞窟というスポットがあります。ここは奥の院への入り口で、入るには料金が必要(志納制)です。中はかなり薄暗く、いろいろな仏像がたくさん並んでいるので、1人だと怖いかもしれません。

洞窟の向こうは不思議スポット


洞窟を抜けると五百羅漢やお釈迦様、閻魔大王など盛りだくさんな内容の不思議な像がたくさんあります。一通りいろいろな像を見たあとは、帰りも薄暗い洞窟を通らないと石手寺の境内に戻れないので注意しましょう。

御朱印をいただこう

専用の納経帳がなくてもいただける

View this post on Instagram

#御朱印 #石手寺 #愛媛

A post shared by @ yutaka.osaka on


石手寺を参拝すると御朱印をいただけます。お遍路さんの団体と重なると待ち時間が長くなる事もあるので、タイミングを見てお願いしましょう。また、四国霊場のお寺は専用の納経帳でないと御朱印をもらえないこともありますが、石手寺は普通の御朱印帳でも大丈夫です。

オリジナルの御朱印帳がある


石手寺では国宝の仁王門や重要文化財の三重塔がデザインされた、オリジナルの御朱印帳が販売されています。四国霊場のお寺ではかなり珍しく、中は普通の白紙なので四国霊場以外でも使えます。石手寺の特徴がが満載のオリジナル御朱印帳は、参拝の記念におすすめ。

石手寺へのアクセス

車でのアクセス

松山自動車道 松山ICを下車後、県道187号線を進み石手寺前交差点からすぐです。距離にして約6.5km。道後温泉からは約1kmで石手寺に到着します。
駐車場は周辺の民営駐車場(有料)を利用するのがおすすめです。

電車・バスでのアクセス

松山市駅からは市内電車で道後温泉駅まで行き、そこから約18分歩くか、路線バスに乗車し石手寺バス停で下車。市内電車に乗車せず、伊予鉄バスで道後温泉行きか湯の山ニュータウンや湧ヶ渕行きに乗車すると、乗り換えなく石手寺まで行く事ができます。
JR松山駅からも伊予鉄バスに乗車し、石手寺バス停で下車すると目の前が石手寺です。

住所|〒790-0852 愛媛県松山市石手2-9-21
営業時間|なし
定休日|なし
電話|089-977-0870
公式サイトはこちら

まとめ

四国霊場第51番札所である石手寺。愛媛県下の国の重要文化財の多くが石手寺にあるという貴重なお寺です。その中でも仁王門は国宝に指定されており、参拝の入り口から圧倒されます。広大な敷地内には重要文化財の建造物のほか、マントラ洞窟など見どころがたくさん。

観光地でもある道後温泉からも近いため、地元の人だけでなく大勢のお遍路さんや観光客が訪れます。愛媛県を代表する四国八十八ヶ所霊場の1つ石手寺は、松山観光に加えたいスポットです。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ