広大な広島県立美術館は豊富な所蔵作品が魅力。景色も楽しもう

公開日:2019/3/25 更新日:2019/8/15

トラベルパートナー:トラベルパートナー: nanoha
出身地は広島。得意なエリアは中国地方です。パワースポットや食べ歩きが好きなので、神社仏閣やグルメが楽しめるスポットの紹介が得意。列車での旅はもちろん、サイクリングやドライブでのお出掛けも好きです。
すぐ隣には縮景園もあるんじゃけん!

さまざまな芸術作品を数多く所蔵している広島県立美術館。中国地方では初となる公立美術館として誕生し、国の名勝として知られる縮景園にも隣接しています。アジアの工芸品が充実しているのが特徴で、所蔵している作品の数はなんと約5000点。

ここでは、広島県立美術館の魅力や見どころ、どのような楽しみ方ができるかなどをご紹介します。

中国地方初の公立美術館

1968年に誕生した広島県立美術館は、当時では中国地方で初となる公立美術館でした。1996年には旧美術館と隣接していた旧広島県立図書館の跡地を活用し、拡幅工事を実施。国の名勝にも指定されている縮景園と隣接していることも有名です。

約5000点近い豊富な所蔵作品

豊富な美術作品を所蔵していることも特徴の一つで、その数は約5000点にもおよんでいます。アジアの工芸品を中心としており、近代の洋画や日本画などのコレクションも充実。非常に貴重な作品も展示しています。代表的なのは伊万里柿右衛門様式色絵馬。世界で5つしか確認されていないといわれる伊万里焼作品で、とても貴重な存在です。

館内を見て回ろう

設備が充実した広い館内

展示室だけでなく講堂や図書室などを備えており、地下1階から3階までが専用の建物となっています。休憩室やティールーム、レストランなどもあるので、途中で休憩をはさみながら美術鑑賞が楽しめるでしょう。ベビーシートのついたトイレ、授乳室などもあるため、小さな子供と一緒に訪れる家族連れにも安心の美術館。

さまざまな施設があるロビー

ロビーは広々としておりとても開放的な空間が広がります。ここには情報ギャラリーや受付、ミュージアムショップなどが。ロビーではイベントが行われることもあり、ロビーコンサートが開かれることもあります。直接縮景園にアクセスできる出入り口もあるので、美術鑑賞をしたあとにそのまま庭園鑑賞に向かえます。

2階と3階にある展示室

4つの展示室と1つの展示スペースが2階にあり、3階部分には3つの展示室を設けています。美術館が所蔵する作品の展示は2階で行われており、年に4回ほどの展示替えも行っています。特別展は3階の展示室で行われることがほとんど。

縮景園が一望できる展望ロビー

展望ロビーもあるので、ぜひ立ち止まってみましょう。展望ロビーは大きなガラス張りの造りとなっており、そこから縮景園の美しい風景を一望できるようになっています。四季の移り変わりを美しく表現してくれる、縮景園の姿をのんびりと眺めてみましょう。ソファーもあるので、小休憩にもいいですね。

広大なスペースの県民ギャラリー

地下1階には県民ギャラリーという広大なスペースが設けられています。約1000平方メートルの広さを誇り、美術団体やグループなどに貸し出されることも少なくありません。創作発表の場として使われているようです。地下の1階には講堂、駐車場などもあります。

個性豊かな特別展

伝統工芸やアニメ作品など多彩

年に数回の頻度で特別展も開催している広島県立美術館。所蔵する作品以外を特別展では展示しており、これまでにも多彩な特別展が行われてきました。伝統工芸作品やアニメの制作資料を展示するような特別展も開催された事があります。1階にあるミュージアムショップでは、特別展のときだけのオリジナルグッズも販売。特別展に訪れたときはオリジナルグッズも手に入れてみましょう。

レストランで食事を



ゾーナ・イタリア・イン・チェントロ

ゾーナ・イタリア・イン・チェントロは広島県立美術館の1階で営業しているレストランです。本格的なイタリアンが味わえると人気なので、美術鑑賞のあとにぜひ立ち寄ってみましょう。店内からは縮景園の風景を眺められるので、色彩豊かで風情ある庭園を眺めつつ食事を楽しめます。

こだわりの食材と希少ワインが楽しめる

ランチやディナーはもちろん、ケーキセットなどのスイーツも充実させているゾーナ・イタリア・イン・チェントロ。こだわりの食材を使った料理が自慢で、無農薬野菜やオリーブオイルはなんとイタリアから直輸入していそうですよ。

また、世界各国40種類以上の塩を料理に用いるなど、細部にわたってこだわりが感じられます。イタリアから直輸入した希少なワインもあるので、お酒が好きな方にもぜひ立ち寄ってほしいレストラン。

Address 〒730-0014 広島市中区上幟町2-22
Hours AM11:00~PM22:30
Closed 12月31日、1月1日
Tel 0120-797-902
Web http://maplecity.jp/incentro/

カフェでスイーツを味わう

徒夢創家

徒夢創家(とむそーや)は美術館の3階にある展望ロビーに隣接するカフェです。紅茶やコーヒーなどのドリンクのほか、ケーキもあるので小休憩にもってこいのカフェといえるでしょう。こちらの店内からも美しい縮景園の風景が眺められます。

季節限定やコラボメニューも

季節によっては季節限定のメニューも提供しています。季節限定メニューはその季節の旬の食材などを使用した、その時期にしか味わえないオリジナルメニューです。

また、企画展が行われるときには、企画展のテーマに合わせた料理が提供されることも。ユニークなコラボメニューが登場することもありますよ。特別メニューは人気もありますし、数量が限定となっていることもあるため、売り切れに注意してください。

Address 〒730-0014 広島市中区上幟町2-22
Hours AM10:00~PM17:00
Closed 月曜日、美術館の定休日に準ずる
Tel 082-221-6246
Web https://www.hpam.jp/museum/shop/tearoom.html

縮景園を散歩しよう

美しい風景が楽しめる庭園

国の名勝になっている縮景園へは、広島県立美術館から直接アクセスできるようになっています。出入り口が設けられているので、縮景園に行くときはそこから足を運びましょう。広島藩主であった浅野長晟(あさのながあきら)の別邸の庭として誕生したもので、1620年に造られたといわれています。モチーフは中国杭州の西湖。

春には満開の桜

縮景園には100本以上の桜が植樹されています。シダレザクラやソメイヨシノなどが植えられており、春になると美しく咲き誇ります。3月の下旬から4月の上旬にかけてが桜もピークで、言葉にならないほど美しい風景を見せてくれるでしょう。広島地方気象台が開花の基準として観察している標本木も縮景園にあります。



秋には鮮やかな紅葉

桜が美しいことでも知られていますが、実は広島における紅葉スポットとしても人気。11月の中旬から12月の上旬ごろが紅葉のピークなので、美しい紅葉を楽しみたいという方はこのタイミングで足を運びましょう。

イチョウやモミジが美しく色づき、幻想的な風景を見せてくれますよ。和風の建造物と紅葉が見事なコラボレーションを果たし、ここだけの絶景を楽しませてくれます。

Address 〒730-0014 広島市中区上幟町2-11
Hours AM9:00~PM5:00(4~9月はPM6:00まで)
Closed 12月29~31日
Tel 082-221-3620
Web http://shukkeien.jp/

広島県立美術館へのアクセス

電車・バスでのアクセス

広島県立美術館はアクセスしやすいのも魅力。最寄りの鉄道駅はJR広島駅となりますが、駅から徒歩だと少々遠いので、駅からは市内電車やバスを使うのが一般的です。広島駅から市内電車に乗車し、八丁堀電停で白島線の電車に乗り換えます。縮景園の電停があるので、そこで下車すれば目と鼻の先です。

バスを利用する場合だと、JR広島駅でバスに乗り縮景園前の停留所で下車。停留所からは徒歩約2分ほどなのですぐに着きます。JR広島駅から徒歩で向かう場合だと、約15分ほどの所要時間。絶対に行けない距離ではありませんが、真夏や真冬などは大変かもしれません。歩きやすい時期なら徒歩で向かうのもアリでしょう。

Address 〒730-0014 広島市中区上幟町2-22
Hours AM9:00~PM5:00
Closed 月曜日、年末年始(特別展会期中、祝日、振替休日を除く)
Tel 082-221-6246
Web http://www.hpam.jp/

まとめ

たくさんの観光名所ががる広島ですが、豊富な美術作品を展示する広島県立美術館にもぜひ足を運んでください。併せて国の名勝、縮景園の素晴らしい風景も楽しめます。広島観光で一息つきたいときにもおすすめできるスポットですよ。