キリンビール仙台工場の無料見学でビールのさらなる魅力を発見

公開日:2019/3/25 更新日:2019/12/26

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Fujiko
出身地は岩手なので、岩手や青森などの東北をメインに書かせていただいてます。旅行でも特にドライブが好きで、思い立ったら1人でも行きます。今までは人物メインの写真が多かったのですが、これからは人物以外の写真もたくさん撮ろうと思っていますので、よろしくお願いいたします。
んめくて楽しいキリンビール仙台工場へ行くっちゃ

宮城県仙台市にあるキリンビール仙台工場は、全国にあるキリンビール工場の中東北地方唯一の見学ができる工場。無料の見学ですが、内容はもりだくさん。試飲もできます。大人だけでなく、子供にも楽しめる内容なので、家族で出かけても楽しめますよ。キリンビール仙台工場の魅力をたっぷりとご紹介します。



訪れる人があとを絶たないキリンビール仙台工場とは

製造工程を見学できる貴重な場所キリンビール仙台工場


キリンビール仙台工場は、創業を開始したのが1923年であり、東北地方でいちばん歴史がある工場です。仙台工場は、全国にあるキリンビール工場のうち、見学可能な9つある工場のひとつ。東北地方ではここだけです。

仙台市の郊外にある工業地に位置していますが、近くにはアウトレットパーク、仙台水族館などの人気施設も。それらの施設とあわせて、観光の一環として東北工場を訪れる人が多いです。

震災に負けない絆による復興

仙台工場が隣接しているのは仙台港です。東日本大震災の時には、津波が工場の敷地に流れ込み、工場の1階部分は浸水し、貯蔵タンクの崩壊という被害に遭いました。工場従業員だけでなく、近隣の人々が避難していたのが工場敷地内のビルの屋上でした。そのため、津波に巻き込まれるという最悪の事態を避ける事ができたのです。

震災後は、復興応援キリン絆プロジェクトの一環として、東北の農林水産業への支援金の助成をはじめ、サッカー教室の開講に取り組んでいます。

キリンビールといえば麒麟

建物入り口の手前にあるのは、キリンビールの象徴である麒麟の像。空想上の霊獣と言われる麒麟は、縁起が良いとされる生き物です。先人を敬いつつ前進するという企業意欲を現している麒麟像は、写真撮影用ではなく守り神的な要素を強く感じ、存在感があります。

人気の工場見学は無料なのに盛りだくさんの内容

ビール好きでなくとも楽しめる見学コース

キリンビール工場見学は、視覚、聴覚をはじめ、触覚、味覚、嗅覚という五感で楽しむコースになっています。見学時間は50分あり、試飲時間20分の合計70分が1コース。9時半から行われる見学会は30分毎にありますが、見学者数が定員に達すると打ち切られます。

事前にネット予約をしたり、電話予約をしたりすると確実に参加できますよ。受付をすると飲酒可能者にはカラーのバッジが渡されますが、運転手などの非飲酒者には、ハンドルキーパーのネームホルダーが渡されます。

試飲前にしっかりとキリンビールを学ぶ

見学コースは始めに、大きなスクリーンでキリンビールの紹介を見ます。そのあと移動し、麦芽の試食という流れ。工場のさまざまな工程を移動しながら見学して行きます。途中で、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を飲み比べる体験がありますよ。

ビールの中身が映し出されているというスクリーンをさわると、スクリーンの中のビールの泡が上がって来る演出が。特に、子供たちは盛り上がります。

ジャンケンでつかみ取れレア景品

缶の密閉作業の工程の見学が終わると、参加者対象のジャンケン大会。ジャンケン大会で最後まで勝ち続けると、キリンビール一番搾りの缶に付いているプルタブ部分が貯金箱へと変わっているというオリジナルの景品がもらえます。

ジャンケンで勝ち残った人のみもらえる景品の貯金箱なので非売品ですし、とても貴重なものです。



見学後のお楽しみは生ビールなどの飲み比べ

キリン一番搾りをはじめ、3種類の生ビールが試飲可能です。1杯ずつ持ってくるのもよし、3杯同時に持ってきてもいいでしょう。カウンターにいるスタッフに注文するという方式なので、プロが注ぐビールを飲む事ができます。どれもビールと泡加減が絶妙の黄金比なので、絶品。

一方で、ビールを飲まないという人のためにノンアルコール飲料も用意されています。ノンアルコールビールをはじめ、ジュースやお茶などがあります。

キリンビールらしさで思い出の1枚をパシャリ

敷地内には、キリンビール工場に来たというような写真を撮るためのスポットがあります。建物の内外にあるので、見学の記念に撮影しておくといいでしょう。外にはビールの注がれたコップをモチーフがあり、オブジェの中に入って撮影する事ができます。カメラを置くための台まで用意されていて便利ですよ。

内部では、遠近法を使ってビール缶の中にいる小人になったような写真を撮る事ができるスポットがあって人気です。さらに、キリン職員になりきるための用品もそろえてあります。

キリンファクトリーショップでお土産ゲット

飲むだけじゃない食べるキリンビール

ビールを練り込んだ商品などの、オリジナル商品が多数販売されています。ビールゼリーが中に入っているチョコレートもあり、1箱に入っている個数が多い事から、お土産として人気。

また、チーズがかけられている柿の種は、試飲の時におつまみとして小袋が配布されたものと同じ商品。その美味しさからビールのつまみとして購入していく人が多いです。

キリンビールマークを身にまとう人気グッズ

お菓子類をはじめ、キリンマークが入っているTシャツや上着の販売もあります。Tシャツは男女兼用のサイズ、SサイズからLサイズまであり、見本としてハンガーにかけられているので、手に取って見る事ができます。サイズや素材をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

三陸の隠れた名キャラクターであるホヤぼーや

復興事業のひとつとして、宮城県沿岸の気仙沼市のグッズも販売中です。特に、気仙沼市のキャラクターという海の子ホヤぼーやのグッズが豊富。三陸産のホヤをモチーフとしているホヤぼーやは、サンマの剣を身につけ、ホタテのベルトをしており、さらにサメ皮のマントを着ているという設定で、三陸間満載です。

飲んでも食べても満足できる工場敷地内のレストラン

キリンビール直送レストランビアポート仙台

食材王国であるみやぎ地産地消推進店登録第1号店として、地場を中心としている新鮮野菜をふんだんに使ったメニューがたっぷり。見学の有無に限らず利用できます。ランチタイムとディナータイム、それぞれが利用時間90分というデリカビュッフェがあり、野菜やお惣菜をたっぷり食べる事が可能。

単品料理にも、ビール出汁のあんかけ焼きそば、漢方豚のビールしゃぶしゃぶというような、ビール工場ならではのメニューがあります。



魔法のようなでき立てビール

座席数は170席ほど。入店の際に並ぶ事もあるので、事前に予約した方がいいでしょう。ドラフトマスターに2度注ぎ、さらに3度注ぎをしてもらうと、柔らかい泡や、フタの役目をしている泡に感動します。ここでビールの概念が変わる人が続出。

一番搾り、ラガーなど6種類の生ビールをはじめ、フローズンビール、ノンアルコール飲料も多数そろえています。

Address 〒983-0001 宮城県仙台市宮城野区港2-2-1
Hours 11:00~22:00
Closed なし
Tel 022-387-7811
Web https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/sendai/restaurant/#restaurant_businessday

キリンビール仙台工場へのアクセス

バスでのアクセス

多賀城駅発の無料シャトルバスが1時間に1本運行中。シャトルバスに乗るには、まず多賀城駅改札を出て南口へ行くと、左手にキリンビール柄のバス乗り場3番があります。そこから乗車するようにしましょう。仙台駅から多賀城駅までは、JR仙石線を利用しましょう。20分ほどで到着します。

車でのアクセス

仙台駅からは約40分。高速道を利用するなら、仙台東部道路仙台港インターチェンジで下りる方が、仙台港北インターチェンジで下りるより少し近いです。仙台港インターチェンジを下りたあと、県道10号線から仙台湊側へ進みます。大きい交差点が見えてきますから、大きい交差点を北側へ曲がるルートが分かりやすいでしょう。

Address 〒983-0001 宮城県仙台市宮城野区港2-2-1
Hours 9:00〜16:40(受付時間)
Closed 月曜日、年末年始
Tel 022-254-2992
Web https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/sendai/

まとめ

宮城県仙台市の仙台港には、キリンビール株式会社の仙台工場があります。無料の見学、レストランも大人気。工場見学では試飲はもちろんですが、ビール製造の工程を見学したり、お土産の買い物をしたり、レストランでの食事とさまざまな魅力があります。

無料のシャトルバスが運行されているので、これを利用するとハンドルキーパーなしでビールを楽しめるのでおすすめです。