佐川美術館は琵琶湖に浮かぶ美術館。不思議な空間を楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

水の美術館ってロマンチックやね

滋賀県といえば琵琶湖が有名な観光名所。そんな滋賀で不思議な世界を体験できると人気なのが佐川美術館です。美術界を代表するアーティストの作品を楽しめる美術館ですが、何よりも大きな特徴は琵琶湖に浮かぶ美術館ということ。佐川美術館の魅力や見どころ、どのような作品が展示されているかなどをご紹介します。

佐川美術館に行ってみよう

佐川美術館とは

滋賀県守山市にある佐川美術館は、陶芸家の樂吉左衛門氏や彫刻家の佐藤忠良氏、画家の平川郁夫氏など美術界を代表するアーティストの作品を展示しています。お茶会やコンサート、企画展といったイベントも年に数回行われており、イベント開催時には多くの人でにぎわいます。

水に浮かぶ美術館

佐川美術館は水に浮かぶ美術館として有名。琵琶湖に浮かぶ美術館で、少し離れたところから見ると何とも言えない不思議な光景です。湖面に浮かぶ美術館というのは日本全国でも珍しいので、それだけでも訪れる価値はあるでしょう。

佐川美術館の展示作品

絵画がメイン

View this post on Instagram

【Lighting design for a new museum】Sagawa Art Museum(1998) Architect:Takenaka Corporation Osaka Design Section, Lighting design:ALG 1999 Award of Excellence from the International Association of Lighting Designers, 1999 Good lighting Award from The Illuminating Engineering Institute of Japan ・ ・ 【新しい美術館のための照明デザイン】1998年 佐川美術館照明デザイン。設計:竹中工務店大阪本店設計部 照明デザイン:ALG 1999年度国際照明デザイナー協会(IALD)最優秀賞 平成10年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞 ・ ・ #algjp #ArchitecturalLightingGroup #lightingdesign #lightingdesigner #lighting #light #lightingconsultant #lightislife #lighttheworld #lumiere #luce #takenakacorporation #SagawaArtMuseum #shiga #art #museum #IALD #ialdawards #IEIJ #TheIlluminatingEngineeringInstituteofJapan #goodlightingaward #建築照明計画 #照明デザイナー #照明 #竹中工務店 #佐川美術館 #滋賀 #美術館 #照明学会 #照明普及賞

A post shared by Architectural Lighting Group (@algjp) on

佐川美術館は平山郁夫氏の作品を数多く展示していることで知られています。平山氏は仏教伝来をテーマとした作風が特徴で、平和の祈りの願いが込められていることも特徴といえるでしょう。柔らかな照明の光に照らされた作品はどれも素敵で、見ていると心が洗われるよう。

帽子をかぶった彫刻像

View this post on Instagram

【Lighting design for a new museum】Sagawa Art Museum(1998) Architect:Takenaka Corporation Osaka Design Section, Lighting design:ALG 1999 Award of Excellence from the International Association of Lighting Designers, 1999 Good lighting Award from The Illuminating Engineering Institute of Japan ・ ・ 【新しい美術館のための照明デザイン】1998年 佐川美術館照明デザイン。設計:竹中工務店大阪本店設計部 照明デザイン:ALG 1999年度国際照明デザイナー協会(IALD)最優秀賞 平成10年 日本照明学会 照明普及賞・優良施設賞受賞 ・ ・ #algjp #ArchitecturalLightingGroup #lightingdesign #lightingdesigner #lighting #light #lightingconsultant #lightislife #lighttheworld #lumiere #luce #takenakacorporation #SagawaArtMuseum #shiga #art #museum #IALD #ialdawards #IEIJ #TheIlluminatingEngineeringInstituteofJapan #goodlightingaward #建築照明計画 #照明デザイナー #照明 #竹中工務店 #佐川美術館 #滋賀 #美術館 #照明学会 #照明普及賞

A post shared by Architectural Lighting Group (@algjp) on

彫刻家の佐藤忠良氏による帽子・立像という作品です。帽子をモチーフにした作品が多くを占めており、帽子・夏やカンカン帽といった作品が有名。不思議なポーズをしている作品が多いため、つい自分も真似したくなるかもしれません。

見て体験して楽しいいろいろな展示会

美術や芸術に興味がないので、美術館は楽しめないと思っている方は少なくないでしょう。しかし、佐川美術館は芸術に興味がない方でも楽しめるようなイベントを数多く開催しています。過去にはビートたけしさんの作品を展示した事もありましたし、不思議の国のアリス展なども開催されました。

お土産や贈り物におすすめのオリジナル商品

View this post on Instagram

#佐川美術館 の #田中一村展 生誕110年記念という事で、最晩年の奄美での作品は、たくさんは無かったけど。 子供の頃のものも、若い時代の琳派風の作品も、それぞれ素晴らしかった😍 ① #赤ショウビン。#アカショウビン そして #アダン を描いた代表作 ② ちょっと墨絵ぽい色彩の #ビロウ と白に黄色の #コンロンカ ③ #ハマユウ の描かれた絵の会場案内。 奄美に限らず植物の絵が圧倒的に多く、お花好きな方には絶対オススメ❗ 琵琶湖大橋にも近いし、関西の方には特にね❗ 美術館は広くて、常設らしい平山郁夫展示室もかなりの充実度😊 カフェ、もちろんあったわ😉 #田中一村

A post shared by mitachann (@mitachann) on

館内で営業しているショップでは美術館の限定オリジナル商品も販売中。アーティストの作品をモチーフにしたグッズなども豊富ですし、ブローチや複製画、茶碗などもあります。オンラインショップでも購入できますが、店頭限定のアイテムが登場することもあるので、訪れたときにはチェックしてみましょう。

親子でものづくり体験

体験型のイベントを開催しているのも佐川美術館の特徴。自分だけのオリジナルうちわを製作できるイベントが夏に開催されたりしているので、親子で参加するときっと楽しめるでしょう。カップルや夫婦で参加するのもいいかもしれません。個性的な作品を作ってみると、いい思い出にもなりますよ。

佐川美術館の樂吉左衛門館を紹介

ミステリアスな空間ではい、ポーズ

基本的に美術館は撮影禁止というところが多いですし、佐川美術館も同様に撮影をNGとしているエリアが多いです。ただ、こちらは撮影が可能となっているので、ぜひ撮影してみましょう。簡単に素敵な写真、SNS映えする写真が撮れるので若い方から大人気。落ち着きのある不思議な空間となっており、なぜか居心地のよさも感じてしまいます。

幻想的なお茶室

樂吉左衛門館にある茶室は見学も可能ですし、お茶会に参加することも可能。人と自然は同レベルであり、同じ目線で生きていく必要がある、という想いが込められており、畳と水の高さがほぼ同じになっているのが特徴。まるで畳の船に乗っているような気分が味わえます。

十五代目の樂茶碗でお茶会

View this post on Instagram

#佐川美術館、#茶室、#楽茶碗

A post shared by Junko Hirano (@junko_hirano2010) on

実際に美術館で展示されているお茶碗をお茶会で使用しています。十五代目樂茶碗を実際に使えるというのは魅力。独特な世界観の漂う茶室の中で、樂茶碗で抹茶をいただけるのはうれしいですね。お茶会への参加は予約が必要となりますが、人気のイベントのため抽選となっています。

初めての方も安心

お茶会は日ごろから頻繁に開くものではありませんし、参加したことがないという方が多いと思います。なんとなく緊張してしまいますし、場違いになってしまうのではという不安を覚える方もいるでしょう。

ここのお茶会では、そのような心配はまったくいりません。丁寧に教えてくれますし、初めてお茶会に参加するという方でも問題なく楽しめます。服装も別に着物でなくても構いませんし、普段通りの私服で大丈夫です。

佐川美術館のランチはミュージアムカフェで

のんびりした空間でランチタイム

View this post on Instagram

#佐川美術館 #afternoontea #光影 #有女兒出沒

A post shared by Prof. Kang (@my_petit_kitchen_4f) on

美術館の中ではカフェも営業しているので、疲れたときや休憩したいときにはこちらを利用してみましょう。幻想的な風景の水庭を眺めつつ、極上のティータイムを過ごせます。フルーツ系の紅茶を充実させているのが特徴。ももや苺などの紅茶は香りもよく、特に女性から大人気。

アラビアの真珠というコーヒー豆を使ったコーヒーは、香りはもちろん深みがあって美味しいです。コーヒー通も納得できる事でしょう。ぜひ味わってほしいですね。

おすすめのフートメニューは湯葉そば

上品なインテリアを採用しているカフェですが、メニューにはそばもあります。トロリとした食感が印象的な生湯葉を使った比叡とろ湯葉そばが人気。複数の種類のサンドイッチもそろえていますし、ケーキなどスイーツ系も充実しています。ガッツリ食べたいときはもちろん、小腹が空いたときにもぜひ利用してください。

佐川美術館へのアクセス

電車でのアクセス

JR湖西線の堅田駅が最寄りとなります。駅からバスに乗車して約15分ほどの道のり。また、JR琵琶湖線の森山駅からもバスで約35分ほどかかります。堅田駅から江若交通バスの免許センター行きに乗車し、佐川美術館前で下車してください。守山駅からだと近江バスの佐川美術館行きに乗車、佐川美術館前で降ります。

車でのアクセス

大阪や京都方面からのルートだと、名神高速の瀬田西ICで降りて湖周道路を経由すれば約30分ほどでアクセスできます。湖周道路真野ICから琵琶湖大橋を経由すれば約15分ほど。名古屋方面からだと名神高速の瀬田東ICで降り、同じく湖周道路を経由して約40分です。

住所|〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891
営業時間|9:30 am - 17:00 pm (最終入館は16:30まで)
定休日|毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
電話|077-585-7800
公式サイトはこちら

まとめ

いろいろなアート作品を身近に感じられる、佐川美術館に足を運んでみましょう。琵琶湖に浮かぶ美術館なので、琵琶湖観光とあわせて巡ってみるのがおすすめです。琵琶湖の素敵な風景と、素晴らしい芸術作品にふれて帰ってくださいね。