宮古神社は日本最南端の神社。パワースポットで開運祈願しよう

公開日:2019/3/29 更新日:2019/5/21

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Tomoki
日本国内をメインに、一人旅をするのが好きです。特に関東地方と九州地方が好きでよく行きます。とても寒がりなので、冬はあまり旅行しませんが、春〜秋にかけては活発になります。桜や新緑・紅葉の名所の写真を撮るのにハマっています。
宮古島来たなら宮古神社に寄ってきー

南国気分が味わえる日本最南端の神社である宮古神社をご存知でしょうか。琉球神道が強い沖縄では珍しく、熊野三所権現を祀っており本土と沖縄の両方の特徴がある神社です。ここでは、沖縄の心を感じることができる宮古島の一大パワースポット、宮古神社の魅力を深くご紹介します。

国内最南端の神社として知られる宮古神社

日本には古く歴史のある神社から、有名な偉人にゆかりのある神社まで多くの神社が存在しています。その中でも、日本国内で最南端の神社と呼ばれているのが沖縄の宮古神社。

もちろん島としては宮古島より南方面に石垣島や西表島がありますが、そこには神社がないので、宮古島が一番最南端の神社となっています。宮古神社は色鮮やかな朱色で変わった形の屋根が特徴的で、沖縄らしい南国テイストな雰囲気を持ち合わせています。

実は長い歴史を持つ宮古神社

実は、宮古神社は古く歴史のある神社。なんと創建は1590年なので400年以上の歴史を持っています。こちらの神社のルーツとなっているのは、那覇にある波之上宮。そもそもこの神社が建てられたきっかけになったのが、琉球王国時代の有権者が波之上宮の神様を宮古島に呼びよせたことに由来します。

海がすぐそばにある立地の良さ

宮古島が人気のスポットとなっているのは、国内最南端ということだけではありません。なんと、神社から徒歩5分ほどで海にも行くことができるのもうれしいポイント。

エメラルドグリーンのきれいな海が広がっており、記念撮影にもおすすめなスポットとなっています。神社を参拝した後は港やビーチを散策するのが観光ルートの王道です。ぜひ普段はなかなか見ることができない、キレイな沖縄の海岸を歩いてみましょう。

宮古神社に祀られている神様とご利益

二柱の神様が祀られている

宮古神社には熊野三神と豊見親三神というニ柱の神様が祀られているのが特徴です。熊野三神は、和歌山の有名な熊野神社に祀られている神様と同じ神様で、導きの神として大切にされてきました。豊見親三神は、かつては宮古島の指導者的な立場にあった神様とも言われています。

宮古神社のご利益は開運と金運上昇、商売繁盛

宮古島のパワースポットとも呼ばれる宮古神社には、いくつかご利益があるのも魅力のひとつ。主に開運のご利益があるとして、多くの観光客が訪れて参拝しています。

そのほかにも、金運上昇や商売繁盛などお金に関するご利益があります。そのため、プライベートな金運アップはもちろんビジネスでも訪れる人が多いのだとか。ぜひ日本最南端の神社でお願い事をしていきましょう。

神社の敷地外にあるお参りしておくべきスポット

鳥居のすぐそばにある漲水御嶽(はりみずうたき)

宮古神社とあわせてぜひ立ち寄ってほしいのが鳥居近くにある漲水御嶽。ここは、宮古島の神様が宿るとされている神聖な場所となります。

ひっそりと佇んでいますが、独特の雰囲気と存在感があるこちらでは宮古神社と深い関りがありご利益もあると言われています。そのため、立ち寄る際はぜひ宮古神社と合わせて参拝してお願い事をしてみましょう。

Address 〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里8
Hours なし
Closed なし
Tel 0980-77-4947
Web https://www.city.miyakojima.lg.jp/kanko/bunkazai/miyakojimabunkazai/shiseki.html#harimizuutaki

神様である豊見親のお墓もパワースポット

また、近くには宮古神社の2つ目の神様である豊見親のお墓もあります。石に名前や内容が刻まれているので、すぐに見つけることが可能。

豊見神はかつて琉球王国の有力者であった人物ということもあり、パワーがいただけるスポットとしても知られています。石を積んだようなお墓ですが、とても丈夫にできています。ぜひ近寄ってじっくり見てみましょう。

Address 〒906-0006 沖縄県宮古島市平良西仲宗根真玉3−4
Hours なし
Closed なし
Tel 0980-77-4946
Web なし

1年を通してたくさんのお祭りが開かれている

静かな雰囲気を持つ宮古神社ですが、実は1年を通して様々なお祭りなどイベントが豊富。行事があるときは、にぎやかな観光スポットとしても人気があります。例えば、毎月1日と15日は月次祭が開催されます。こちらは季節に関係なく日数で開催されるイベントで、主に地元の人がたくさん集まるのが特徴。

もちろん七五三や夏祭りなど季節に合わせての伝統的なお祭りもあるほか、春分祭や秋分祭などおでかけしやすい行楽シーズンにぴったりなお祭りも開催されます。パワースポットでの参拝もお祭りも両方楽しみたいという人は、ぜひ季節や日程を事前に確認してから訪れましょう。

国内最南端の神社の御朱印をゲットしよう

宮古神社でも御朱印をいただくことができます。御朱印を集めている人もそうでない人も、珍しい最南端の神社の御朱印は思い出として持ち帰ることをおすすめ。シンプルながら勢いのある宮古神社の力強い墨字は思わず圧倒されます。ぜひ御朱印と一緒に運気も持って帰りましょう。

宮古神社の周辺にあるおすすめスポット

とびっきり美しい海を見たいならパイナガマビーチ

宮古神社から近い公共のビーチが、パイナガマビーチ。澄み渡った透明のきれいな海は、観光客の間で人気のビーチとなっています。参拝帰りに立ち寄って写真を撮ったり、ゆったり眺めたりして楽しみましょう。普段は静かなビーチですが、特にハイシーズンの夏場になると、多くの観光客でにぎわうのでご注意を。

Address 〒906-0000 沖縄県宮古島市平良下里338
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web https://www.city.miyakojima.lg.jp/gyosei/kaihatsu/hirara/shizen.html

宮古島の中でも一番人気の砂山ビーチ

パイナガマビーチに負けないほど、宮古島の中でも特に人気なのがこちらの砂山ビーチ。一番人気と言われるほど、観光客が多く訪れるエリアとなります。

どこまでも続くきれいな海と真っ赤な夕陽のサンセットが両方見られるとして人気を呼んでいるスポット。夕方だけではなく朝方や昼間も美しいので、いつ行っても楽しめます。宮古島観光をするのであれば、ぜひ訪れてほしい場所のひとつ。

Address 〒906-0000 沖縄県宮古島市
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web https://sunayamabeach.com/


SNS映え間違いなしの伊良部大橋

きれいな海を間近だけではなく、橋から一望することができるのがこちらの伊良部大橋。この橋は宮古島と伊良部島を結んでいる橋で、橋を渡りながら美しい海を眺めることができる爽快感あふれるスポットです。

天気の良い日は橋と海がさらに美しく、SNS映えします。橋は平坦ではなく、アップダウンのある面白い形をしているのが特徴。景色を眺めるだけでなく渡っても楽しめるようになっている人気の場所です。

Address 〒906-0000 沖縄県宮古島市平良久貝
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web https://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/doboku-miyako/doroseibi/irabuoohashi.html

宮古神社へのアクセス

バスでのアクセス

まず宮古島空港から平良港方面のバスに乗車しましょう。その後、平良港で降りて徒歩5分で到着します。宮古島空港から平良港方面まではバスが1日に4本と少ないので、向かう前には必ず時刻表をチェックするようにしましょう。

車でのアクセス

車の場合、宮古島空港から約10分ほどで到着します。バスは本数が少ないので、車でのアクセスが早くておすすめ。神社には鳥居を上ったあたりに10台ほど駐車できる駐車場があるので、そちらを利用して参拝しましょう。

Address 〒906-0012 沖縄県宮古島市平良字西里5−1
Hours なし
Closed なし
Tel 0980-72-6137
Web http://www.miyako-jinja.com/

まとめ

日本最南端の神社である宮古神社は、開運や金運アップのパワースポットとしてだけではなく、透き通るきれいな海が近くにあるビーチも自慢の神社です。ほかにも、1年を通して開催されるお祭りなどのイベントが多いのも魅力となっています。宮古島観光の際は、写真映えもする人気の宮古神社でぜひ南国気分を味わってみませんか。