箱根関所で江戸時代にタイムスリップ。芦ノ湖の絶景も堪能しよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Mina

出身は東京都。幼少からの歴史好きから、歴史スポットやお寺・神社を巡るのが趣味に。関東地方を中心に、主にひとり旅でのんびり回っています。有名無名問わずに、気になった寺社を回っています。風景写真を綺麗に撮れるよう、写真は勉強中。

歴史好きには堪らない場所だべ

神奈川県箱根町にある箱根関所は、江戸時代に設置されていた関所跡です。2007年にリニューアルオープンし、当時の建設工法を復元し江戸時代の関所の様子が再現されました。箱根の歴史を学べるスポットとして、多くの観光客が訪れています。

箱根関所はどんな場所

神奈川県箱根町にある箱根関所は、江戸時代に幕府によって東海道芦ノ湖畔に設置、明治まで使われていた関所です。当時の関所に関する詳細な資料が近年発見されたことにより、2007年(平成19年)に当時の建築工法や資材などを踏襲して完全復元。

現在では歴史テーマパークとして、多くの見物客が訪れる観光スポットになっています。上御番所や番士詰所、休息所、牢屋辻番、高札場など、江戸時代後期の箱根関所を復元しており、等身大の人形などを使ってが当時の様子が詳細にを再現されています。

箱根関所の歴史

箱根関所は江戸時代の主要道路だった東海道を監視するために江戸徳川幕府によって設置され、関所を行き来する旅人たちなどを厳しく取り締まりました。

関所の本来の役割は要塞のような意味合いですが、江戸時代に設置された関所の多くは、旅人や街道を行き来する荷物の検査にあたる現在の警察や税関のような役割を果たしていたとされています。1869(明治2年)には、新政府の樹立とともに関所制度そのものが廃止され、当時の建物も取り壊されました。

高札には関所の役割が記されていた

御制札場に掲げられた高札には、箱根関所の役割や改めの内容が記されています。求められる行動も具体的に示されており、通行人は蓑や笠を取り、乗り物に乗る人は戸を開けて顔を見せる事。死体、不審な人やものは証文(手形)がないと通れなくなっていました。なかでも特に厳しく取り締まったのは出女(でおんな)。

これは江戸から出る女性のことを示しており、当時江戸幕府が諸大名から人質として預かっていた大名の妻子を国許へ逃がす事をとくに警戒していました。

二つの門から関所に

箱根関所の両端には京口御門、江戸口御門の2つの門があり、その間がいわゆる関所でした。写真は江戸口御門です。江戸からの旅人は、この江戸口御門から入って、逆に江戸に向かう旅人は京口御門から入って、関所改を受けました。

芦ノ湖畔にある箱根関所では関所破りを防ぐために、芦ノ湖から山の上まで延々と柵が巡らせてあったと言われています。

どうすれば関所を通れたか

一般的な人は手形がなくても通行できましたが出女、手負(傷ついた人)、死人、不審者は厳しく取り締まられており、手形(証文)がないと通れませんでした。一般的な人でも、無手形の場合は番所で名前や出身地、旅の目的や行先などを問われたそうです。

取り調べで不審な点がないと判断されれば、無事に通る事ができました。また犯罪人の手配書なども関所に配布されていたので、お尋ね者が関所を通ることは難しかったといいます。

リアルな人形で江戸時代の関所を再現

細かいところまで完全再現

箱根関所では働いていた人たちを人形を使用してリアルに再現しています。関所の随所で見る事ができるため、さながら江戸時代にタイムスリップした気分が味わえます。武器や武具、調度品、生活用品など細かいところまで完全再現する力の入れようで、見ごたえ抜群。

人形たちはそれぞれ表情や動きも違う本格的なものでちょっと怖いと感じる人もいるかもしれません。江戸時代に箱根関所を修復した際の記録や発掘調査の結果などを参考に当時の様子を忠実に再現しています。

女性の旅は大変だった

写真は、人見女(ひとみおんな)と呼ばれる女性です。出女の髪を解いて詳しく取り調べをしている様子が再現されています。箱根関所では女性が旅をするには必ず証文が必要でした。この証文には例えば黒子の数や位置といった女性の細かな特徴までが事細かに書かれていたと言われています。

当然証文と特徴が一致しないと、箱根関所を通ることはできませんでした。逆に江戸に入る入女へはもう少し緩い取り締まりだったそうです。

遠見番所からは芦ノ湖の絶景が

今でいう国境警備のような関所としての性質のため、箱根関所は展望がいいことが立地の条件でした。その中でも関所裏の丘にある遠見番所(写真右上の小屋)は、関所の周囲を一望できる場所に設置されていました。

番所の大きな窓からは、2名の足軽が昼夜を問わず交代で当時船での通行ができなかった芦ノ湖や街道沿いを見張っていたといいます。約80段の急な石段を登った上にある番所からは芦ノ湖を一望できる絶景が楽しめますよ。足腰は疲れてしまいますが、一見の価値ありです。

獄屋体験をしてみよう

足軽番所内にある獄屋は牢屋といえばわかるでしょう。関所破りをした罪人などを一時的に拘置した場所として設置されていました。獄屋は格子で囲まれており、とても頑丈に作られています。実際に中に入る事ができますよ。中に入っての写真撮影が人気です。

箱根関所資料館で歴史を学ぼう

併設の箱根歴史資料館では箱根関所や箱根宿などの資料を展示公開しており、館内では13のテーマで箱根関所の歴史を学ぶ事ができます。各種関所手形や関所破りの記録、関所日記書抜などの文書をはじめ、当時使われていた武器類なども展示されてあり、箱根関所の歴史を詳しく学ぶ事が可能。

ほかにも大名行列のミニチュア展示や、箱根関所復元工事の映像も流しています。売店も併設されているので、お土産はこちらでご購入を。

周辺の見どころをご紹介

箱根旧街道の杉並木

江戸時代に整備された箱根湯元から元箱根の山道は箱根旧街道として現在でも一部が残っています。当時の箱根峠は東海道きっての難所で箱根の八里越えと称されていました。現在も元箱根から恩賜箱根公園まで約500mほどの間、杉並木が残されており、国の指定史跡に登録されています。

樹齢400年を超える杉の大木が、道の両側にずらりと並ぶ姿は圧巻。杉並木のおかげであまり日が差さないため、夏でもひんやりとしています。散策しながら当時の面影を感じられます。

パワースポットとして人気の箱根神社

箱根関所からおよそ2kmほどのところにある箱根神社は天平宝字元年(757年)に万巻上人によって創建された歴史ある神社です。山岳信仰の霊場として、人々から多くの信仰を集めてきました。

御祭神は瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の三柱で箱根大神と総称されます。関東総鎮守として崇められ、源頼朝など多くの武将が信仰したと言われています。

勝負運、開運出世、金運、縁結びなどのご利益があるとされ、現在では関東屈指のパワースポットとして人気。

住所|〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1
営業時間|参拝は24h/祈祷受付は8:00~16:00
定休日|無休/宝物殿は臨時休あり
電話|0460-83-7123
公式サイトはこちら

箱根関所へのアクセス

バスでのアクセス

箱根登山鉄道箱根湯本駅より箱根登山バス箱根町港行に乗車。箱根関所跡下車、徒歩2分。

車でのアクセス

小田原厚木道路、小田原西ICより車で40分で到着します。東名を使う場合は御殿場ICより車で50分。箱根関所自体には駐車場はなく周辺の駐車場を利用しましょう。

船(海賊船・遊覧船)でのアクセス

芦ノ湖の観光船は、海賊船と遊覧船の2種類あり、運営会社が違います。箱根関所へは遊覧船の箱根関所跡港で下船して徒歩2分、または海賊船の箱根町港で下船して徒歩5分。どちらも観光遊覧としても移動手段としても便利で快適です。

住所|〒250-0521 神奈川県足柄下郡箱根町箱根1
営業時間|9:00〜17:00(12〜 2月は16:30まで)
定休日|無休
電話|0460-83-6635
公式サイトはこちら

まとめ

箱根とというと温泉地のイメージが強い人もいるでしょう。しかし歴史的に見ると当時の箱根の地理的重要性を伺える施設として、また観光地としても魅力あふれるスポットです。歴史的な背景にも目を向けて、これまでとは一味違った姿を見てみるのも良いかもしれません。