曽木公園は逆さもみじの名所。ライトアップされた紅葉を堪能しよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Keito

出身地は愛知県 。メインでお伝えしたいと思っている、もしくは書きたいと思っている記事はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイです。 南米の二大大陸についてお伝えするため、美味しい食べ物、景色や動物などの写真をたくさん撮りたいと思います。 アルゼンチン、ブラジルは日本人から見ると遠い国、スポーツ大国というイメージが強いかもしれませんが、この記事の中でアルゼンチンとブラジルの魅力をお伝えしたいと思います。

紅葉を見に行こう

岐阜県土岐市にある曽木公園は逆さもみじで、その名を馳せている公園です。紅葉のシーズンに合わせて行けば、ライトアップされた美しいもみじを満喫する事ができます。ここでは、曽木公園の楽しみ方と周辺情報をお伝えしていきます。

曽木公園について知ろう

曽木公園は岐阜県土岐市に位置する、紅葉が美しい事で知られている公園。逆さもみじが有名で、ライトアップされることにより公園内にある8つの池に反射して水面に生えているように映るもみじは、非常に美しいものです。ライトアップは紅葉のベストシーズンである毎年11月ごろから開始されます。

紅葉のライトアップはまさに幻想的

お昼のもみじと比較

日中も、美しく色づいたもみじを見る事ができます。赤色に染まったもみじだけでなく、黄色い葉を広げているイチョウの木も同時に楽しむ事ができるので、それもまた魅力の一つ。

お昼の時間帯に来ると、いい事があります。それは、ライトアップが行われる夜の時間帯に比べて人が少ないという事。このため、写真を撮る際に、人を写すことなくきれいなもみじやイチョウだけの写真を撮る事ができます。写真好き、カメラ好きの方は一度、昼の時間帯に行ってみる事をおすすめします。

お昼に見る大きなもみじの木

公園を奥まで進むと、大きなもみじの木が私たちの目の前に現れます。前述したように、昼間でももみじの木はきれいに見る事ができます。その上遠くの山々の緑やイチョウをもみじと一緒に見られるので、夜とは異なる色とりどりの景色を満喫する事が可能です。

夜のライトアップ

夜にライトアップが行わる際、カウントダウンがあります。ライトアップされたもみじはそのライトアップへのカウントダウンが成された後に見て回る事ができます。池を見ると光の反射でもみじの木が池の水面に映っており、目を奪われること間違いなし。

逆さもみじが見られるエリアの付近には、写真を撮るのに適しているスポットが多数あります。他の人が思いつかないような構図や自分だけのアングルを見つけだして最高の一枚を撮るのも、楽しみ方の一つです。

違うアングルからの写真

秋になるとビールのラベルなどに紅葉をモチーフにしたデザインがしばしば使用されますが、この写真はまさにそれを思い起こさせます。もみじだけではなく、イチョウやカエデも一枚の枠に収める事ができ、なんとも素敵な写真を撮れます。秋の色彩豊かな景色を一枚に収められるのは非常にぜいたく。

池にはもみじだけではなく空も反射して映るので、もみじと空模様をうまく同じ写真に収められるように工夫してみましょう。その日その日によって雲の量や空の明るさが異なるので、何回も訪れてどの空模様ともみじがマッチするかを見つけてみるのもおすすめです。

一番大きな池で撮れる逆さもみじ

公園内で一番大きな池は、たくさんのもみじの巨大な木に囲まれています。入り口をくぐると、すぐにこの景色を目にする事が可能。大きなもみじの木の荘厳ともいえるたたずまいに圧倒されます。

水面にもみじの鮮やかな赤色が映し出されている景色を眺めている時間は、最高のひと時。眼福とはこの事を意味しているのかと感じさせてくれるほどきれいです。

池によって見れる景色は違う

池に映っているもみじだけでなく、ライトを当てられているもみじもまた美しいものです。光が当たることにより、もみじの葉の色の濃さにも少し変化が現れてきます。ぜひ現地でライトアップされた葉と光が当たっていない葉の色を確認してみてください。グラデーションのかかった赤色が待ち受けているでしょう。

もみじの木の下にはまるでもみじの赤色を際立たせようとしているかのように、他の植物が緑を添えています。その植物の緑と相まって目に入ってくる情景は、私たちに癒しを与えてくれます。

小さな池でも逆さもみじ

さらに奥に進むと、いくつかの小さい池が見えてきます。ライトアップされていればもみじの木は水面に映るので、そこでも逆さもみじの美しさに心を打たれることでしょう。この周辺にもイチョウの木が植えられており、秋特有の色遣いをされた情景を楽しむ事ができます。

メインの逆さもみじが見られる場所には大勢の人がいますが、奥の方の逆さもみじが見られるスポットにはそれほど人はいません。そのため、落ち着いて見たい方や美しい写真を撮りたい方はこちらもおすすめです。

大きなもみじの木

公園内には、なかなかお目にかかれない巨大なもみじの木があります。私たちが普段目にするもみじの2倍ほどの高さがあると言っても過言ではありません。この木の下はSNS映えする写真を撮る事ができるということで人気を博しており、多くの人々が集まっています。

逆さもみじは水面に映っているので、雨や風が吹いていると水面が乱されてしまってきれいに見る事ができません。そのため曽木公園を訪れる際は、事前に天気予報をしっかりと確認するようにしましょう。晴れていればその美しさを存分に楽しむ事ができます。

近くには温泉も

バーデンパークSOGI

バーデンパークSOGI(曽木)は、曽木公園の道路を挟んで向かい側に位置するスポットです。温泉も併設されており、自然いっぱいの景色を楽しみながら入る露天風呂は最高。もみじを見て回った後に、芯まで冷え切ってしまった体をぽかぽかに温める場所としては最適の場所です。

入口の外観や周りの景色

岐阜県のタイルや陶器は非常に有名で、この施設のあちこちに陶器にちなんだ品々を見る事ができます。このエリアは周囲を山に囲まれているため、自然に満ちあふれています。

秋は特に紅葉のベストシーズンにあたり、山も一番美しく見えると言ってもいい時期になるので、温泉と自然をこの上ないほどに満喫できること間違いなしですよ。

住所|〒509−5402 岐阜県土岐市曽木町1300−1
営業時間|10:00〜22:00
定休日|なし
電話|0572−52−1126
公式サイトはこちら

曽木公園の近くのグルメ

曽木のベーカリーKattan

曽木のベーカリーは多くの人が訪れるパン屋さんで、美味しいパンが食べられる事で知られています。種類も豊富で、その時の気分にあったパンを選べます。曽木公園を訪れた際の休憩スポットとして利用する方が多いベーカリー。

コーヒーを飲んで一息

このお店のコーヒーはとてもおいしく、紅葉を見て回った後の一休みに最適です。パンはさまざまな食感のものがあり、もちもちしたものからサクサクしたものまでそろっています。どのパンもコーヒーと一緒に楽しめるので、おすすめ。お店の目の前に駐車場があるので、車で訪れた際も安心です。

住所|〒509−5402 岐阜県土岐市曽木市1704−7
営業時間|9:00〜17:00
定休日|木曜日
電話|0572–52–2636
公式サイトはこちら

曽木公園へのアクセス

電車でのアクセス

JR土岐市駅に到着後、市民バスがあるので、そちらを利用してください。

車でのアクセス

中央自動車道土岐ICから30分ほどで到着。瑞浪ICからの場合は、25分ほどかかります。ライトアップが行われている時期は、公園の横に駐車場があります。ただ、カウントダウン前には満車になってしまう可能性が高いので、早めに行くようにしましょう。

住所|〒509-5402 岐阜県土岐市曽木町
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0572-54-1111
公式サイトはこちら

まとめ


池の水面に映る逆さもみじを見る事ができる、自然豊かな山々に囲まれた曽木公園。ライトアップされたもみじはその美しさを何倍にも引き立てられています。また周辺に温泉等の施設もあり、紅葉を楽しんだ後にも癒しを得られます。一見の価値ある公園なので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。