ハラミュージアムアークで自然の中の現代アートを楽しもう

トラベルパートナー: kaede

群馬県出身、神奈川県在住。自然と温泉の多い土地で育ったことから、アウトドアや温泉が好き。今話題のキャンプ場の情報から秘境と言われる温泉地などをメインにわくわくする情報をお届けします。

草間彌生やアンディ・ウォーホル作品が勢ぞろい!お気に入りの作品を見つけよ〜

群馬に旅行で訪れたのなら、ハラミュージアムアークに足を運んでみましょう。ピラミッド型の印象的な建物で、さまざまな現代アートを楽しむことができるスポットです。屋内だけでなく、屋外にもユニークで個性的な展示が見られるのが大きな魅力。

ここでは、ハラミュージアムアークの魅力や見どころ、周辺のおすすめ観光スポットなどについてまとめてみました。

自然の中の現代アート、ハラミュージアムアーク

ハラミュージアムアークとは

ハラミュージアムアークは、原美術館の別館として1988年にオープンしました。群馬県渋川市榛名山麓の高原にあり、国内外のさまざまな現代美術を展示しています。2008年には特別展示室を増設し、東洋古美術の原六郎コレクションをメインに紹介しています。

黒い色調のピラミッド型の建物が印象的

スタイリッシュなフォルムの建築は磯崎新の設計。黒の色調で統一しており、周囲の緑とうまく融合しています。ピラミッド型の屋根のギャラリーA、そこから両翼にギャラリーBとCが伸びるというシンメトリーな設計になっているのが特徴。書院造をモチーフとした静謐な和の空間、觀海庵を特別展示室としています。

借景が美しい

黒で統一された建物の隙間からは、緑の木々や遠くの山並みも見えます。周辺の風景と上手に融合していて、建物自体が芸術の一部に。黒い建物がうまく背景となり、周りの風景がよりいっそう目に飛び込んできます。

草間彌生のミラールーム

常設展の中で絶対に見ておきたいのが草間彌生の部屋。鏡張りとなった部屋を小窓から見てみると、無数のカボチャワールドが広がります。展示室全体が黄色に彩られており、さまざまな形の水玉を散りばめて作品をさらに効果的に見せています。

ユニークな展示がいっぱいの屋外も見逃せない

赤いハートのオブジェが印象的

Kokoroはジャン・ミシェル・オトニエルの作品。六本木ヒルズの毛利庭園には、この作品のゴールドバージョンがあります。美術館の入り口すぐ近くにあるので、訪れたときには写真も撮っておきましょう。

アンディ・ウォーホルのトマト缶

キャンベルズトマトスープは、アンディ・ウォーホルの作品。絵画の作品で目にすることが多いですが、こちらは立体作品となっているので大きさに度肝を抜かれてしまいます。春には咲き誇る桜を背景に作品を鑑賞でき、スープ缶を手で押すなどして楽しむことができます。

宇宙を感じる近代的な作品

SUNSPACE FOR SHIBUKAWAは、オラファーエリアソンの作品。広い敷地の中にそっと佇み、扉の向こうには異世界が広がっていそうな気持ちになります。屋外にはほかにも国内外の現代アーティストによる作品が点在しています。

過去には注目を集めた展覧会が多数

鬼頭健吾 Multiple Star I

鬼頭健吾Multiple star展は、10か月にわたって開催される企画展。季節ごとに展示替えも行っていますし、いつ行っても楽しめるでしょう。地球から隣接した場所に見える3つ以上の恒星をMultiple starと呼びます。フラフープを1300本使用したインスタレーションは圧巻の一言。

鬼頭健吾 Multiple Star II

線と色と空間の関係というテーマで、大型平面作品と天井から下げた糸とネットによる作品が見どころです。新作を中心とした気迫に満ちた作品は、何とも言えない緊張感をかもし出しました。

鬼頭健吾、Multiple Star III

新作の大型インスタレーションは、この展示室のために作られ展示されました。無数のミラー状の平面が回転し、そこへ投影される景色、映像を反射させる作品などが代表的。柄の違うスカーフを縫い合わせた作品などもありました。鬼頭が新たにチャレンジした空間の多重奏に誰もが期待を寄せました。

カフェやミュージアムショップが併設

放牧場を望むテラスでくつろげるカフェ ダール

地元の食材を使用したランチメニューが人気で、特製のサンドイッチなども味わえます。週末になると、作品をモチーフにした特別なケーキなども提供しています。草間彌生作品がモチーフの「ミラールーム」は、かぼちゃを使ったムースケーキ。見た目はもちろん、味も文句なしです。

お土産が見つかるザ・ミュージアムショップ

アーティストグッズやデザイン小物、関連書籍、カタログ、アクセサリーなどがたくさんそろっています。お土産にピッタリなものもきっと見つかるでしょう。美術館で、お気に入りのグッズを手に入れてみてはいかがですか。

周辺のおすすめ観光スポット

観光牧場の伊香保グリーン牧場

榛名山麓に広がる観光牧場です。ハラミュージアムアークに隣接しているので、アクセスしやすいのも魅力。羊やヤギ、馬、牛、うさぎ、牧羊犬などの飼育を行っています。100頭におよぶ羊の群れを、牧羊犬がコントロールするシープドッグショーは迫力も満点。乗馬体験や動物たちとのふれあいも可能です。

住所|〒377-0027 群馬県渋川市金井2844−1
営業時間|3月〜11月9:00~16:00(ゴールデンウィーク、サマーフェア期間は9:00~17:00)、12月〜2月10:00~16:00
定休日|1月上旬から2月末までの平日(正月・祝日は営業)
電話|0279-24-5335
公式サイトはこちら

高台にある遊園地、渋川スカイランドパーク

見晴らしの良い風景を楽しめる遊園地で、標高460mの高台にあります。日本一大きなエアー滑り台といわれるスカイスライダーは、地上7mの高さを誇ります。また、観覧車はなまるは高さ50mもあり、人気のアトラクション。屋内型のSLのるんるん号やスカイはうすは小さな子供でも楽しめます。

住所|〒377-0027 群馬県渋川市金井2843番地3
営業時間|3月~10月 9:00~17:00、11月~2月10:00~16:00
定休日|11月~2月の火曜日(祝日の場合翌日休み)、12月31日、元日
電話|0279-20-1589
公式サイトはこちら

ハラミュージアムアークへのアクセス

車でのアクセス

自動車で訪れるのなら、関越自動車道の渋川伊香保ICで降りてください。そこから約8kmの距離、時間にして約15分です。50台まで収容できる無料の駐車場があるので、そこに停めましょう。

電車・バスでのアクセス

電車だと、JR上越線の渋川駅で降り、そこから伊香保温泉行バスに乗車すれば約15分でアクセス可能。グリーン牧場前で下車すれば、徒歩約5分で到着です。

住所|〒377-0027 群馬県渋川市金井 2855-1
営業時間|9:30-16:30
定休日|木曜日(祝日と8月を除く)、展示替え期間、1月1日、冬季(1月中旬~3月中旬)
電話|0279-24-6585
公式サイトはこちら

まとめ

建物自体も芸術として楽しめ、屋内と屋外でさまざまな現代アートを堪能できるハラミュージアムアーク。アートを身近に感じられるスポットです。周辺のおすすめ観光スポットとあわせて訪れてみてはいかがでしょうか。