ぐんまフラワーパークは年間を通して旬の花が楽しめるスポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Yoshino

出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。

ワンちゃんと一緒に散歩しに行ぐのもよかんべ

群馬県前橋市柏倉町にあるぐんまフラワーパークは標高300mの赤城山の南麓にあります。広大な敷地の中で、世界中の花々を眺める事ができるスポット。子供達が喜びそうな遊具もあり、冬季限定のイルミネーション、レストランも充実しているため、1日中楽しむ事ができる場所です。

赤城山の南麓にあるテーマパーク

ぐんまフラワーパークは、前橋市の柏倉町に位置する花と緑のテーマパークです。群馬県を代表することで知られる赤城山の南麓、標高300mの場所に位置しています。主要な駅からは少し離れていますが、のどかな雰囲気で楽しく過ごせるスポット。

愛犬と一緒に楽しめる

ぐんまフラワーパークの敷地面積は18.4ヘクタール、東京ドームの約4個分の広さがあります。首輪とリードを付けていれば、ワンちゃんも入園可能。中学生までは入場無料なので、家族で利用するにもおすすめです

園内中央にあるパークタワー

ぐんまフラワーパワーのランドマークへ

フラワーパークそのものは敷地が広いので、パーク内もさまざまなエリアに分かれています。園内を回るチューチュートレインに乗れば、運転手さんが見どころを案内してくれるのでおすすめです。フラワーパークに入って、まずは目を引く中央にあるパークタワーに行ってみましょう。

高さ18mからの景色は絶景

パークタワーの上部は展望台になっていて、展望台まではエレベーターを使って上がることができます。展望台から見えるのは、フラワーパークのメインエリアであるフラトピア大花壇。高さ18mから見下ろすと、美しい絵画のよう。展望台からならではの花の美しさを堪能してください。

多国籍な植物が楽しめる温室

パークタワーの左にあるのは、インドネシア・フィリピン・ブラジルと言った国々の植物が観察できる温室です。背の高いサボテンをはじめ、多肉植物を眺めることができるメキシコエリアのサボテン温室も人気。メキシコエリアには、メキシカン帽をはじめとする衣装も用意されており、着用して写真を撮ってみるのも楽しいです。

心が落ち着く日本庭園

パーク内の西側にあるのは日本庭園。春には桜、夏にはカキツバタ、秋には紅葉と私たちの目を楽しませてくれます。池の中には鯉が泳いでおり、とても雰囲気があるエリア。ほかのエリアとは雰囲気が異なる和のエリアという事もあり、心が落ち着きます。

おしゃれなイングリッシュガーデン

パーク内の南東にあるのは、薔薇やハーブなどが多く植えられたイングリッシュガーデンというおしゃれなエリア。英国のデザイナーが手掛けたというイングリッシュガーデンには約1,000株もの植物が植えられています。日本にいることを忘れてしまうような景色は感動です。

子供の遊び場も充実

フラワーパークにある北東のエリアは、遊具や池があるため子供も楽しめます。お尻が痛くなるような長いローラーの滑り台をはじめ、硬貨を入れて遊ぶ乗り物などの自然の中にたくさんの遊具が設置されています。中学生までは入園料が無料なので、ぜひ子供さんと一緒に訪れてもらいたい場所です。

洞窟の中のイルミネーション

木でできたアスレチックが並んでいるわんぱく広場の洞窟は、中を探検する事ができます。狭い入り口から中に入ると、見えるのは暗闇の中のイルミネーション。フラワーパークでは冬場に限って園内でイルミネーションを実施していますが、この洞窟内にあるイルミネーションは一年を通して楽しむことができます。

夏場は水遊びを楽しめる

夏場は、園内の水場やじゃぶじゃぶ池での水遊びができます。水は冷たくて澄んでおり、暑い夏には気持ちがいいもの。簡易の脱衣所もあるので、子供の着替えも心配いりません。

冬季の幻想的なイルミネーション

ぐんまフラワーパークでは、11月上旬から1月中旬ごろの冬季にイルミネーションが開催されます。日没後から始まるイルミネーションは多数のLED電球を使用しており、プロジェクションマッピングも見る事ができます。

パークタワーから見るイルミネーションはたいへん美しく幻想的で、一見の価値あり。日本夜景遺産にも認定されています。

レストラン花みずき

パーク内にあるレストラン花みずきでは、群馬県の豚肉を使っているカツ重や、パンケーキなどを提供しています。ダリアが見頃になる時期にはダリアの花の天ぷらも楽しむ事ができ、少し癖はありますが蕎麦と一緒に食べるとおいしいです。

営業時間はランチタイムがAM11:00からPM3:00まで。夜間開園時のディナータイムがAM5:00からPM8:30までです。いずれもラストオーダーは30分前となっています。

ぐんまフラワーパークへのアクセス

車でのアクセス

北関東自動車道伊勢崎ICから約30分で、関越自動車道高崎ICからは約40分掛かります。普通自動車が521台停車できる無料駐車場があります。

電車でのアクセス

最寄り駅は、上毛電鉄大胡駅です。大胡駅からぐんまフラワーパークまでは約6kmあり、タクシーもしくはデマンドバスに乗れば約15分です。

バスでのアクセス

デマンドバスを利用する場合は、赤城タクシーに電話をして、大胡駅からフラワーパークまで乗せてもらいましょう。

住所|〒371-0246 群馬県前橋市柏倉町2471-7
営業時間|(3/1-10/31)AM9:00-PM5:00、(11/1-2月末)AM9:00-PM4:00、(夜間特別イベント時)PM9:00まで
定休日|年中無休
電話|(フリーダイヤル)0120-1187-38、027-283-8189
公式サイトはこちら

まとめ

ぐんまフラワーパークは年間通じて花を楽しめるので、いつ訪れても満足できるスポット。ワンちゃんも入場可能なので、家族の一員であるワンちゃんをお留守番させることもありません。このほかにもイングリッシュガーデンなど見どころがたっぷりのぐんまフラワーパークをぜひ訪れてみてください。