大洗磯前神社は海辺の鳥居が美しい。息をのむ絶景を見に行こう

公開日:2019/3/25 更新日:2019/12/26

トラベルパートナー:トラベルパートナー: YUU
出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。
そーげーすてぎもねー景色見て、えぎっぽあがってけ!

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)は、穏やかな自然空間にたたずんでいる神社。歴史を感じられる建物はとても荘厳で、境内には神聖な空気が漂っています。神秘的な景色と出会えるスポットとしても人気なので、茨城への旅行の際にはぜひとも立ち寄ってほしいスポットの一つ。

ここでは、大洗磯前神社の魅力や見どころ、アクセスの方法などをご紹介します。

彫刻が美しい表と苔生して味わい深い裏

彫刻と彩色の技が光る拝殿と神門

現在の社殿は水戸黄門として有名な徳川光圀、綱篠によって再建されました。高い技術によって巡らされた彫刻や、拝殿の豊かな色彩は一見の価値があるといえるでしょう。午前中には静かでおだやかな空気があたりを包み込み、神門から望む朝陽がとても素晴らしいです。

瑞垣の上にひょっこり見える本殿

本殿は高い位置に建っているため、瑞垣越しに本殿を見る事ができます。柔らかにカーブを描く屋根がゆったりと広がっている茅葺きの屋根が印象的。一見すると波のようにも見える屋根は独特で、いかに高い技術を持って造られたかという事がうかがえます。

裏側には石と木の風合い情緒的な末社

瑞垣から回りこんでみると、裏手にいくつかの末社を見つけられます。長い年月ここに鎮座し続けてきた末社は情緒ある風合いとなっており、周囲の自然とも見事に調和しています。喧騒とは無縁の静かな空気が漂っているので、のんびりと落ち着きたいときにもぴったりなスポットといえるでしょう。

少し離れた所にある二社と斎館裏にも社殿あり

少し離れた境内の端には与利幾神社と茶釜稲荷神社があります。せっかくなので、これらの末社でもお参りをしておきましょう。また、境内の裏には御嶽神社という社があるので、こちらのお参りも忘れずに。

どれも派手な造りではありませんし、どちらかというと質素な造りではあるものの、歴史の重みを感じられます。お祀りされているのは御祭神にゆかりのある神々です。

神秘的な景色と出会える

鳥居が三つある

一と二の鳥居があるほか、神磯の鳥居と呼ばれる鳥居が建っています。3つもの鳥居を構える神社というのは珍しいので、これだけでも見る価値があるでしょう。一の鳥居はどっしりとした構えをしているのが特徴で、二の鳥居は社殿から海に向かって構えているのが特徴。

二の鳥居と海に続く階段は絶好の撮影スポットでもあるので、素敵な写真を撮りたいという方はこれらの場所から撮影に挑んでみましょう。

海に浮かんでいるように見える神磯の鳥居

海上の岩の上に建つ鳥居が神磯の鳥居です。一見すると海に浮かんでいるような神秘的な鳥居。太陽や月が昇るときに鳥居とのコラボレーション写真を撮影できるので、早朝や夕方にカメラを持って訪れる方も少なくありません。元旦には神事を神磯で行っているので、近隣だけでなく遠方からわざわざ訪れる方もいます。



鳥居の中心で初日の出を拝もう

場所取り次第では、鳥居の中心で日の出を拝む事ができます。日の出を見物してから初詣へと流れる人が大変多いため、夕方ころまで多くの人でにぎわいます。海岸沿いには駐車場もありますが、かなり混雑してしまうため注意しましょう。

社務所も要チェック

御朱印と共にミニクリアファイルもいただける

神社としては珍しく、クリアファイルをいただく事ができます。神磯で見られる美しい日の出をデザインしたもので、見た目がとてもキレイ。御朱印も、直接御朱印帳に書いていただくものと、書置きのものがあります。書置きのものなら、いただいたクリアファイルにちょうど挟めますね。

初日の出を見るときに必ず晴れるとは限らないので、お土産として大事にもらって帰りましょう。

授与品を見るのも楽しい

神社オリジナルのグッズ、うさぎを模した品などもあります。色合いや形、デザインなどが子供、女性に好まれそうなものが多い印象です。社務所の近くではガールズ&パンツァーのポスターを目にする事もあります。

大洗磯前神社にはこんなものもある

3体のかえる像

拝殿前にはちょっと変わった3体のカエルの像が鎮座しており、見た目がとてもキュート。ぜひ写真を撮っておきたいですね。何かいわれや由緒があるわけではなく、石屋さんが奉納しただけなのだそうです。特に由緒はないものの、お守りにはカエルをデザインしたものもあります。無事にかえる、福がかえるなどの願掛けをしてみては。

大洗海洋博物館で日本人と海の関わりを学ぶ

海の神様を御祭神としているため、敷地内には海洋博物館があります。水曜日と12月31日が休館日で、それ以外はオープンしています。日本人と海との関わりといったテーマを中心とし、水産業を中心として展示が行われています。

対の社、酒列磯前神社にも行ってみよう

海と樹叢の磯前神社

大洗磯前神社を参拝してからこちらの酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)お参りする方が多いです。木々の緑に囲まれた静かな神社なので、ぜひ立ち寄ってみてください。拝殿で見られる彫刻は左甚五郎作。日光東照宮造営にも関わった職人の手によるものなので見ごたえ抜群です。



宝くじが当たる神社としても有名

宝くじに高額当選した人が奉納したという亀の像。大安や友引などのタイミングで願掛けに訪れる方がたくさんいるのだそうです。社務所では小さな可愛い招き猫も販売しているので、金運をアップさせたいという方におすすめです。

Address 〒311-1202 茨城県ひたちなか市磯崎町4607番地2
Hours 散策自由
Closed 無休
Tel 029-265-8220
Web http://sakatura.org/

大洗磯前神社へのアクセス

電車・バスでのアクセス

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の大洗駅が最寄り駅となります。駅から約2.5キロメートルほどの道のり。大洗駅から循環バスの海遊号に乗れば15分程度で到着するでしょう。下車するのは大洗磯前神社下停留所です。JR常盤線の水戸駅から大洗行きのバスに乗っても、約35分ほどでアクセス可能。下りる停留所は同じです。

車でのアクセス

北関東自動車道の水戸大洗ICで下りればそこから約15分ほど。無料の駐車場は広々としたスペースがあるので、安心して停められます。祭事のある日や大晦日、お正月などは大変混雑しますし、周辺の駐車場も混みあうので注意してください。

Address 〒311-1301 茨城県大洗町磯浜町6890
Hours 散策自由
Closed 無休
Tel 029-267-2637
Web http://oarai-isosakijinja.or.jp/

まとめ

珍しい3つの鳥居や神秘的な風景を見ることのできる大洗磯前神社。静かに時が流れるような空間の中を散策したり、のんびりと社殿を見学したりといろいろな楽しみ方ができます。茨城観光のついでにぜひ立ち寄ってみましょう。