日本平ロープウェイで富士山眺望の日本平と久能山東照宮を空中散歩

公開日:2019/4/5 更新日:2019/12/26

トラベルパートナー:トラベルパートナー: HARUKI
私は広島県出身ですが、会社の転勤を繰り返し、いろんな地域で暮らしてきました。 赴任先を起点に各地の観光スポットを巡って絶景や思い出になる写真を撮っています。 最近は一人旅が多いですね。 紹介記事は西日本中心になります。 みなさんに一味違った旅の魅力をご紹介出来たら幸いです。
お殿様の駕籠に乗っている気分になるロープウエイだら

静岡県静岡市にある日本平からは、初代将軍・徳川家康が眠る久能山東照宮へとつながるロープウェイが走っています。ロープウェイは通常、目的地に向かい登っていくものですが、ここでは少し変わった景色が見られると評判。この記事では、日本平ロープウェイとその周囲についてご紹介していきます。

日本平と久能山を空中散歩

日本平ロープウェイのりば

日本平ロープウェイの乗り場である日本平パークセンターは、2017年3月より建物の老朽化のため、一時休業しています。その中でもお土産売り場は再営業しており、その仮店舗の一番左側部分にロープウェイ乗り場があります。

往復運賃と一緒に東照宮拝観料と博物館入館料を買っておこう

ロープウエイまでの通路部分はすでに新しくなっており、ロープウェイから降りるとそこには子供が喜びそうな撮影スポットも用意されています。ロープウェイ乗り場でチケットを買う際は、往復運賃と東照宮拝観料、博物館入館料の3点がセットになっている券が一番お得になっています。

恋人の聖地、日本平駅の近くにある絆の鍵

日本平駅の近くには恋人の聖地として知られ、絆の鍵がかけられるスポットがあります。鍵はハート形をした約束の鍵というもので、華道家・假屋崎省吾さんによるプロデュース作品。2人の思いと誓いを込めて、2人で施錠し愛を誓います。愛鍵は取り付けから2年間が経過すると取り外して東照宮へ奉納される事になります。

いきなり下って行くロープウエイ

日本平を出たロープウェイは、久能山に向かうため登るのではなく、山を下っていくという少しかわったもの。10分から15分間隔で運行しており、犬などのペット連れでの乗車はゲージがあれば小型犬のみ対応しています。

内装はとてもゴージャスな感じ

ロープウェイのゴンドラには、ガイドさんが一緒に乗車し解説や案内をしてくれます。ゴンドラの内部は白色基調で、天井には徳川家の家紋・葵の御紋が大きく描かれています。ゴンドラの定員は55名と、かなりの人が一度に乗車可能。

お殿様の駕籠のようなラッピング

ゴンドラの装飾へのこだわりは内部だけではなく、もちろんその外観にも見られます。葵の御紋は扉にも描かれ、ゴンドラ自体の色はシックな色調を採用。昔のお殿様が乗る籠のようなイメージでデザインされています。ゴンドラは、お殿様のあおい号と、お姫様のたちばな号の2種類があります。



日本平ロープウェイから見える駿河湾と桜

ロープウェイからは、一面に広がる駿河湾を一望でき、最高の見晴らし。全国的にも有名な静岡の特産・石垣イチゴのビニールハウスもその眼下に広がっています。切り立った屏風谷を通っていく紅葉の季節もかなり美しいのでおすすめです。

あっという間に久能山駅に到着

乗車時間はわずか5分。雄大な景色を眺めていると、あっという間に到着します。久能山駅も新しくなり、センスもよく綺麗な駅です。ロープウェイがない時代、久能山にいくために当時の人々は、1159段の階段を上らなければなりませんでした。

徳川家康公が安住の地として選んだ久能山

家康の遺言により二代将軍秀忠が建立

久能山東照宮は、徳川家初代将軍・徳川家康の遺言によって建てられました。家康が眠る場所として、静岡県内では著名な史跡の一つです。そののち、分霊を関東の日光東照宮に移して祀っています。

徳川家康公を奉った神廟

家康が埋葬されている神廟。この神廟は、創建当初は木造桧皮葺でした。そののち、3代将軍・徳川家光の命によって現在の石造宝塔へと作り替えられました。神廟は家康の遺命により西の方角を向いて建てられています。

日本平駅のお土産コーナー

日本平駅にあるお土産コーナーには、静岡ご当地名物・黒はんぺんやこっこが並んでいます。また、こちらの限定品として並ぶのが日本平展望回廊こまんじゅうと抹茶ブッセです。ゴンドラがデザインされたかわいらしいBOXティッシュをはじめ、クリアファイルやキーホルダーもお土産におすすめ。

日本平に新しい観光スポット

2018年11月に日本平夢テラスがオープン

2018年11月にオープンしたのが、日本平夢テラスです。3階建て施設と1200平方メートルの広大な庭に、展望回廊が備わっています。1周約200mの展望回廊は、360度見渡せる大パノラマ。ここからは富士山や駿河湾、そして南アルプスまで見渡す事ができます。



茶房夢テラスで富士山とさし飲み

1階の展示エリアでは、名勝日本平の歴史をグラフィックパネルを使って紹介。日本平の地形についてのプロジェクションマッピングが用意されるなど、最新の設備を使って楽しく学ぶ事ができます。1階は、目の前に広がる庭の眺望も魅力。

2階にあるのが、茶房夢テラスです。富士山をはじめとする美しい景色が自慢のこのカフェでは、季節のお茶やお菓子が楽しめます。目の前に現れた富士山との距離が、まるでさし飲みをしているかのよう。

そして3階に上がると、この施設自慢の展望フロアが待っています。全方位を見渡せるこのフロアでは、天候によって富士山が望めない際に大きなモニターを使って富士山の映像を流してくれるなどの心配りもされています。

日本平ロープウェイへのアクセス

電車でのアクセス

JR静岡駅北口より、しずてつジャストラインバス日本平ロープウェイ行き乗車。終点の日本平ロープウェイにて下車します。

車でのアクセス

関東方面のからの場合、清水ICで下り、清水日本平パークウェイ経由で約30分です。名古屋方面からの場合は、東名静岡ICまたは新東名静岡ICから静岡日本平パークウェイを経由し、同じく約30分ほど。

Address 〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙597−8
Hours 9時00分~17時15分(公式ホームページの時刻表を要確認)
Closed なし
Tel 054-334-2026
Web https://ropeway.shizutetsu.co.jp/

まとめ

日本平と久能山東照宮を結ぶ日本平ロープウェイは、眼下に広がる駿河湾を一望できる空中散歩コースです。徳川家康の眠る久能山東照宮にちなみ、葵の御紋がデザインされたゴンドラに乗り込み、ムード満点の中観光を楽しめます。

久能山東照宮では徳川家の歴史を学び家康についての知識を増やす事が可能。日本平の恋人たちの愛を誓うスポットはカップル必見です。静岡の中でも特に美しく見える富士山の絶景を楽しむ事ができる日本平ロープウェイで静岡旅行を満喫してください。