創成川イーストは新と旧が混ざり合う札幌の新しい観光名所

トラベルパートナー: taro

北海道出身で今はベトナムに駐在しています。地元北海道とベトナムの記事を中心に執筆中。自然の中に飛び込むようなアクティブな旅行が大好きです。思い出を残すのにカメラは旅の必需品です。

札幌っ子でも知らない隠れた名店が勢揃い

札幌駅にほど近い場所に流れている創成川のほとりにある創成川イースト。再開発に伴いきれいになったこのエリアには、さまざまな魅力があります。ここでは創成川イーストの楽しみ方と周辺のお店の情報等を詳細にお伝えしていきます。

再開発により注目される新スポット

創成川イーストは、札幌駅から5分程歩いたところに位置する公園です。創成川が流れ、二条市場があることで知られているエリアが再開発された事によって、きれいに生まれ変わりました。特に川沿いは力を入れてきれいに整備されており、木や植物が多く植えられていて都市と緑が共存したゾーンになっています。

このエリアの周辺には、昔ながらの居酒屋から再開発に伴って新規出店されたお店まであり、さまざまなお店を見て回る事が可能。地元民もよく知らないけれど、実は名店というような店もあります。ぜひいろいろな店をお試しください。

街歩きをしてみよう

涼しげな川が流れる遊歩道で都心にいながら自然を感じよう

創成川の両サイドには全長820メートルもの遊歩道が設けられています。ライラックやお花が植えられており、歩行者のみが通行できる道なので、お年寄りや子供が存分に楽しめる場所になっています。

花を自分たちの手で植えたり園内の管理をしたりというようなボランティアに参加できる機会もあるので、そちらに参加してみるのもおすすめです。

公園の中にはいくつものモニュメントが設置されているため、芸術にもふれる事もできます。歩き疲れたり遊び疲れたりしてしまってもベンチがいたることろに置かれているので、休憩することが可能。また、天気の良い日にはお弁当を持ってきてそこで食べたりもできます。

夏には水辺まで降りていく事ができる階段広場という場所があり、芝生もきれいに整備されているのでピクニック気分を満喫できます。

創成川周辺のおすすめ居酒屋

クラフトビールの名店、月と太陽BREWING

このお店には自家製の物から全国各地で造られたビールが10種類ほど常備されています。またおつまみや料理にも定評があるため、1次会にぴったりなお店。クラフトビールのことをあまり知らない人でも、辛さや風味などの違いを店員さんが詳細に説明してくれるので、安心して訪れる事ができます。

ビールの苦みが苦手な方でも、多種多様なビールの中に飲みやすいものがたくさんあるので、一度試してみる事をおすすめします。店内にはカウンター席、立ち飲み、テーブル席が設けられており、非常におしゃれな作りなので女性客も多数見受けられ、デートにもぴったりな場所。

住所|〒060-0053 北海道札幌市中央区南3条東1-3
営業時間|季節により異なる
定休日|なし
電話|050-5571-9051
公式サイトはこちら

炭火肉焼き倉庫CONOYOSHI

このお店は名前の通り炭火を用いて焼き上げた北海道産の牛とワインが楽しめる事で知られているお店です。ワインは70種類以上用意されており、自分の舌にあったワインを見つける事が可能。倉庫を改築したお店なので、店内はとてもおしゃれでデートにもってこいです。

カウンター席で二人並んで座るのが雰囲気があっておすすめ。炭火焼と聞くと煙がもくもくしているのではないかと思う人もいるかもしれませんが、排気がしっかりとされているため、煙いと感じることはありません。女性にも安心な心遣いがされています。

住所|〒060-0053 札幌市中央区南3条東1丁目4-2 アルファ創成川公園ビル1F
営業時間|17:00~23:30(LO 22:30)
定休日|毎週水曜日・第1・3火曜日
電話|011-219-5656
公式サイトはこちら

牡蠣が絶品、5坪海らふ家

このお店は焼き牡蠣が格安で食べられるという事で、徐々にその名が口コミで広まりつつあります。店の名前にもなっているようにお店の広さが5坪しかなく、席の数は8席しか用意されていないため、混むことは覚悟しておいてください。

夏場には、お店の外で牡蠣を楽しんでいる人も見られるほど人気があるお店です。牡蠣以外にも一品料理があるので、ちょっと飲みたいときに立ち寄る事もで可能。隠れ家のようなお店なので、1人できても安心して楽しむ事ができます。

住所|〒060-0052 北海道札幌市中央区南2条東1-1-8 M'sEAST II
営業時間|18:00~23:00(ディナー)
定休日|日曜日
電話|011-271-1230
公式サイト|なし

2次会におすすめ、変わり種のたこ焼きおたこさん

この店は居酒屋や飲食店が居を構えている建物の中に入っていて、知る人ぞ知る場所となっています。変わり種が多くアボカドたこ焼きや納豆たこ焼きを味わう事ができます。お酒もいろいろな種類のものがそろえられているので、たこ焼きと一緒に楽しみましょう。まだお腹に余裕のある時の2次会に適しています。

住所|〒060-0052 北海道札幌市中央区南2条東1丁目 M's横丁ビル 2F
営業時間|18:00~1:00
定休日|不定休
電話|011-301-0116
公式サイト|なし

創成川周辺のおすすめカフェ

北欧テイストの家具がかわいいb’s kafe

こちらは札幌の東武ホテルの中にあるカフェ。ホテルの利用者でなくてもカフェに立ち寄る事はできます。北欧の雰囲気を感じさせるカラフルな家具が配置されており、店内は明るくかわいいデザインになっています。ケーキや40種類以上もあるパンも楽しむ事ができ、持ち帰りも可能。家での朝食用に買って帰るのもおすすめです。

住所|〒060-0054 札幌市中央区南4条東1丁目 札幌東武ホテル1階
営業時間|7:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日|なし
電話|011-242-8703
公式サイトはこちら

タピオカジュースを飲みながら街歩き

札幌でタピオカを飲むならこのお店と言われるくらい市民に認知されています。寒い時期にはホットタピオカもあるので、そちらで温まりましょう。テイクアウト可なので、飲みながら創成川のほとりを散歩するのがおすすめです。また、少しお腹を満たしたいときに寄ってみると良いでしょう。

住所|〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西1丁目 創成川沿
営業時間|11:00~21:00
定休日|なし
電話|011-242-0147
公式サイト|なし

北海道土産を買うなら二条市場へ

大通り公園からもすぐ、海鮮を満喫しよう

北海道と言えば海鮮のイメージが強いですよね。この市場には、カニやいくらといった海の幸が新鮮な状態でそろえられています。どことなく懐かしさを感じさせてくれそうな昔ながらの魚屋さんの前を歩くと、市場の活気をひしひしと感じることができますよ。

札幌の中心部に位置する大通公園から歩いて10分ほどの場所にあるため、気軽に立ち寄れるのも魅力の一つです。

市場で新鮮な海鮮丼を食べよう

どんぶり茶屋というお店は以前に魚屋だったオーナーによって運営されているので、とても新鮮な海鮮を堪能する事ができます。いろいろな魚介を楽しめる北の贅沢丼がおすすめ。

北海道で食べるエビはゆでられたものではなく、基本的には生の状態で提供されます。ホームページを見るとお得なクーポンをゲットする事ができるので、訪れる前にチェックが必須です。

住所|〒060-0053 札幌市中央区南三条東1-7 新二条市場内
営業時間|AM7:30〜PM5:30
定休日|なし
電話|011-200-2223
公式サイトはこちら

年間を通してイベントも多数開催

夏といえばこれ、ビアガーデン

このビアガーデンは毎年7月から8月の間、大通公園で行われるビアガーデンと同時に行われます。大通公園ほど人がいないため、落ち着いてゆっくり楽しみたい人には、こちらのビアガーデンがおすすめです。北海道の美味しい食べ物を集めた屋台も出されているので、一緒に楽しみましょう。

冬の夜空を灯すキャンドル、創成川まちの灯り

2019年で8回目となったイベントです。2019年にはおよそ500個のキャンドルが並べられました。このイベントは見るだけではなく、キャンドルを作る所から参加できるものです。さまざまな色のキャンドルが並べられている景色はとても幻想的。

創成川が流れているエリアは建物の明かりも少ない場所になるので、キャンドルの明かりが夜闇にゆらゆら揺れるのをきれいに見る事ができます。

創成川へのアクセス

電車でのアクセス

JR札幌駅の南口を出るとスムーズに次に進めます。ビッグカメラが入っているエスタというビルが最も近く、そのビルから歩いて5分程度で到着。札幌駅を背にして、駅前の大通りを左の方向に進んでいけば着きます。駅側にはあまり飲食店が見受けられず、街中を歩きたい人におすすめです。

地下鉄大通駅に到着後、札幌テレビ塔に一番近い出口から出るのが一番近いルート。二条市場に行きたい方はこの駅を利用する事をおすすめします。札幌駅から大通公園へ行くには地下道でつながっているので、寒い時期でも気にせず移動する事ができます。

住所|〒060-0053 北海道札幌市中央区南3条東1丁目
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|011-221-4100
公式サイトはこちら

まとめ

創成川イーストは年間を通じてさまざまなイベントが行われる公園です。ビアガーデンやキャンドルが並べられるイベントは特におすすめ。二条市場のような北海道の名産を満喫することができるスポットも近くにあり、いろいろな楽しみ方ができます。北の大地の魅力を存分に感じられるいい場所なので、一度足を運んでみて下さいね。