支笏湖温泉は温泉と食事と絶景がそろう場所。四季折々の魅力を堪能

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: taro

北海道出身で今はベトナムに駐在しています。地元北海道とベトナムの記事を中心に執筆中。自然の中に飛び込むようなアクティブな旅行が大好きです。思い出を残すのにカメラは旅の必需品です。

しばれる冬も凍らない湖だよー!

札幌から程近くにある支笏湖(しこつこ)は最北の不凍湖として知られる自然豊かな観光地です。支笏湖周辺には支笏湖温泉が広がります。冬の湖を楽しむもよし、夏に避暑に訪れるもよし、温泉旅行もよしという魅力満載のエリア。イベントやアクティビティ、グルメも楽しめます。

日本最北の不凍湖、温泉宿も充実のエリア

支笏湖は日本最北の不凍湖とも言われる湖です。自然あふれる支笏湖はいずれの季節でも風情ある景色を楽しむ事ができますが、おすすめは秋と冬。秋には木々がオレンジ色に染まる夕暮れを、冬には凍らない湖と真っ白な雪景色を楽しめます。

周囲には数多くの温泉宿があり、さらにはキャンプ場まで。温泉宿はリーズナブルなものからハイクラスなものまで予算に合わせて選べます。豊富なアクティビティも魅力の一つで、散策路をお散歩したり、水上ボートや遊覧船に乗ったりできます。

夏の支笏湖の魅力

キャンプで楽しむ夏の魅力

温泉宿もいいですが、夏にはキャンプも楽しめます。湖のすぐ側、砂地のキャンプ場にテントを張れば気分は海。もちろん湖にも入れます。ただ、北海道の気温は夏でも平均25度。本州と比べると想像以上に冷たいのでご注意を。テントや炊事道具は貸出があるので手ぶらでも大丈夫ですよ。

住所|〒066-0281 千歳市支笏湖温泉
営業時間|季節により異なる
定休日|季節により異なる
電話|0123-25-2201
公式サイトはこちら

水上アクティビティーも充実

水上アクティビティーを楽しみたいなら夏から秋に行きましょう。北海道は夏の終わりに寒くなるのでベストは8月中旬。アヒルさんボートや水上自転車があります。穏やかな印象ですが、どちらも非常にハード。アヒルさんボートを30分も漕いでいるとかなりの運動になります。

水上アクティビティーに参加するなら山風で波が高くなる事もあるので、着替えを忘れないように気を付けましょう。

遊覧船に乗って海底散歩

海底散歩を楽しみたいなら遊覧船に乗ってみてはいかがでしょうか。船の下方がガラス張りになっているので、濡れることなく水底を眺められますよ。支笏湖の水は透明なので水族館のように遠くまで見渡せます。晴れた日には太陽の光が水中で乱反射し、あたり一面コバルトブルーに。

団体客で込み合う事も多いので、夏休みや紅葉の時期などは余裕をもって行動しましょうね。

秋の支笏湖の魅力は湖周辺の紅葉

秋の支笏湖は白樺や銀杏が色づき、とても素敵。湖畔周辺の散策路やバイクのツーリングコースとして知られる国道453号線などは観光客でにぎわいます。中でもおすすめは山線鉄橋。北海道に残っている最古の鉄橋で、文化遺産にも登録されています。鉄橋と紅葉を収めた一葉は、まるで絵葉書。

冬の支笏湖の魅力

昼も夜も楽しめる氷濤まつりに感動

冬の支笏湖といえば氷濤(ひょうとう)まつり。開催期間は毎年1月下旬から2月中旬で、支笏湖の湖水から作られた氷像がメインの雪まつりです。夜にはライトアップされますが、太陽の光に包まれている日中もおすすめ。支笏湖ブルーと言われる特徴的な群青色に輝き、とてもキレイ。

見ているだけでも楽しいのですが、内部に入ったりできる体験型の展示もあります。いろいろな楽しみ方ができるのも魅力の一つです。

イルミネーションで幻想的な世界に

氷像は夜、色とりどりにライトアップされます。四方八方にライトが乱反射する光景はインスタ映間違いなし。平日でも多くの観光客でにぎわいますが、花火大会の開催される毎週末はより一層盛り上がります。冬の支笏湖は昼夜問わず非常に気温が低いので防寒具は必須です。

支笏湖の美味しいグルメを満喫

季節限定、通称チップを堪能しよう

支笏湖名物と言えば、ヒメマス。北海道ではチップとも呼ばれています。支笏湖で漁が解禁されるのは6月から8月の間だけ。主な食べ方は塩焼き、お刺身、そしてルイベという珍味です。湖周辺にはお店がいくつかあるので食べたい方はこの時期にどうぞ。

ヘルシーランチビュッフェ

しこつ湖鶴雅リゾート水の謌にあるランチビュッフェレストランで、ヘルシーというだけあって野菜中心のメニューが特徴です。和食、洋食どちらも楽しめますが、おすすめは効能にこだわって作られた野菜ジュース。種類も豊富で6種類もあります。

日帰り入浴プランなどのセットもあり、女性客を中心に非常に人気。特に週末は込み合うのであらかじめ予約しておく事をおすすめします。

住所|〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
営業時間|① 11:30~13:00 ② 13:10~14:40
定休日|なし
電話|0123−25−2211
公式サイトはこちら

サクサク生地のシュークリーム、たるまえ山シュー

硬めのクッキー生地とオレンジ風味のカスタードクリームが特徴的なシュークリームです。名前に入っているたるまえ山とは支笏湖近くにそびえる樽前山の事。ごつごつした岩山をモチーフにしているとか。温泉内で販売されていますが、カフェのみでの利用やお持ち帰りも可能です。食べ歩きながらの支笏湖散策もいいですね。

住所|〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
営業時間|9:30〜16:30
定休日|なし
電話|0123-25-2211
公式サイトはこちら

泊まって楽しもう、支笏湖温泉おすすめの温泉宿

しこつ湖鶴雅リゾート、水の謌(みずのうた)

高級ホテルで知られる鶴雅グループのホテルで、北海道民にもよく知られています。ホテル名の水が意味するのは、癒し。エントランスやロビーなどいたるところに水が流れていて癒しの空間を演出しています。ビュッフェと懐石料理から選べるディナーはもちろん北海道産の食材ばかり。味も見た目も楽しいメニューになっています。

お部屋はどれも広くてゆったりとした落ち着いた雰囲気。記念日や特別な旅行に最適です。全部で7つあるお部屋のうち、4つは客室にお風呂がついているタイプ。露天風呂からは支笏湖が一望でき、四季折々の景色を楽しめます。ホテルの大浴場も美人の湯と呼ばれて人気。支笏湖の柔らかい泉質がお肌に良いと言われています。

住所|〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0123-25-2211
公式サイトはこちら

丸駒温泉旅館

丸駒温泉は数ある支笏湖温泉宿でも有数の老舗旅館です。大正4年創業の伝統ある旅館で、どこか懐かしい和の趣があります。一番の特徴は露天の岩風呂。足元から湧出する天然露天風呂は日本全国でも20か所しかない珍しいお風呂です。夕食のおすすめは囲炉裏を囲んだ一日5組限定のプラン。あの支笏湖名物チップも食べられますよ。

住所|〒066-0287 北海道千歳市幌美内7番地
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0123-25-2341
公式サイトはこちら

支笏湖第一寶亭留翠山亭

翠山亭は純和風の高級旅館。露天風呂付や庭園付きなど様々なタイプのお部屋が用意されているのが特徴的です。なかにはシアタールーム付きのお部屋なんてのも。食事も高級志向で、和風懐石や鉄板焼きなどから選べます。世界のワインが取りそろえられているので、ワイン好きにもおすすめ。

予約制ですが、ランチセットの日帰り入浴も可能です。時間の都合などがあっても高級旅館の雰囲気を味わう事ができますよ。

住所|〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|011-598-5252
公式サイトはこちら

支笏湖温泉へのアクセス

車でのアクセス

自動車の場合、札幌から国道453号線経由で1時間ほど。温泉宿によっては無料送迎バスが出ている事もあるので、予約しておくと便利です。路肩がすぐ湖と道中の景色がきれいなのでなので、ドライブを楽しむのもおすすめ。ただ、冬道運転はくれぐれもご注意を。

住所|〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
営業時間|施設により異なる
定休日|施設により異なる
電話|0123-25-2201(支笏湖温泉旅館組合)
公式サイトはこちら

まとめ

冬でも凍らない最北の湖、支笏湖。四季それぞれに楽しみ方があるので訪れる時期が悩ましいですよね。困ったら季節を変えて何度か足を運んでみるのもいいかもしれませんね。支笏湖温泉を楽しみつつ、寒さも含めて北海道を感じてみてください。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ