保津川下りは四季を感じる京都観光の定番。スリルと感動を味わおう

公開日:2019/3/27 更新日:2019/12/26

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Maayu
子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。
保津川の舟下りはほんにすごいんどすえ

京都観光といえば寺社や旧跡を巡るプランをイメージするかもしれませんが、保津川下りも忘れてはなりません。400年以上の歴史を持つアクティビティとして知られ、抜群のスリルと感動を味わえる事で有名。ここでは、保津川下りの魅力や楽しむポイント、アクセス方法などについてもご紹介します。

保津川下りとは

今やすっかり京都観光の定番にもなった保津川下り。京都を流れる保津川を舟で下っていくというアクティビティで、実は400年以上の歴史があります。川を舟で下りながら四季の自然を肌で感じる事ができ、京都観光の目玉にする方も少なくありません。

嵐山が終点となりますが、嵐山もトロッコ列車をはじめとする人気の観光地なので、川下りからそのまま観光を続ける事が可能。

出発は亀岡からスタート

ますは亀岡にある乗船所へ行こう

嵐山から約16キロメートルほど離れたところが保津川下りのスタート地点。乗船所はJRの亀岡駅からも徒歩約10分ほどですし、アクセスしやすいです。乗船所には駐車場も完備しているため、マイカーやレンタカーで観光をしている方にとってもありがたいですね。

ただ、終点の嵐山に着いてから一度こちらに戻る事になるため、そこは注意が必要。1時間に1本のペースで運行しているので、遅れてしまわないようになるべく早めに着いておくのがマストです。

乗船前にしておく事

舟の定員は16人ほど。新保津大橋から舟に乗って終点の嵐山まで向かいます。約2時間の所要時間となるので、乗船する前にトイレなどは済ませておきましょう。座る位置によっては水で濡れてしまう事は十分考えられるので、タオルなどを持っておくとよいかもしれません。

京都が誇る渓谷美を堪能しよう

大自然の中にある保津川を下ろう

スタート地点となる場所は川の幅も広く、流れも穏やかなので安心。ゆったりとした雰囲気の川からスタートします。

川を舟で下りつつ、京都の名所や見どころなどを説明してくれるので、初めて京都に来たという方でも安心できるでしょう。保津川の歴史などをユーモアを交えつつ話してくれるので、舟の上はとても楽しい雰囲気に。

流れが速い場所はスリル満点

川下りのコースの途中には流れが激しくなるところも。激流ポイントがいくつかあるので、そこを通るたびに歓声が上がります。波しぶきも立ちますし、舟が大きく揺れる様はスリル満点。遊園地のジェットコースターなどでは到底味わう事のできない、自然ならではのスリルが味わえます。

両サイドに座っている方は水に濡れないよう、水濡れ防止シートを使ってください。小さな子供だと怖がるかもしれないので、目を離さないようにしてあげましょう。

船頭が竿を操縦する様子も見どころ

3人の船頭が操船しながら川を下っていきます。竿を巧みに使いながら舟を操る様子は見ていてとてもかっこいいですね。大きな岩のあいだを縫うようにして進むときなど、3人で見事なチームワークを見せてくれます。まさに熟練の技といえるでしょう。

10年以上の経験がないと一人前の船頭にはなれないといわれているようなので、安心して任せられます。

保津川下りの見どころをご紹介

トロッコ列車にも会える

トロッコ列車が保津川沿いを走っている事があるので、運がよければ見る事ができます。お互いの顔が少し見えるくらいの距離感で、トロッコ列車から手を振ってくれる人も。こちらも応えて手を振り返してあげましょう。トロッコ列車が山道を走る様子が見られるのは保津川下りの特権。生涯の思い出となるでしょう。



保津川下りでは屋台舟もやってくる

最後の激流ポイントを抜けると急に流れが穏やかになります。体に力が入っていた方も、ほっと力を抜けるでしょう。そのタイミングで屋台船が近づいてきます。船に横付けしてくれるため、降りる事なくフードメニューの注文が可能。イカ焼きやおでん、熱々のみたらし団子などが人気。

終点の嵐山に到着

屋台と別れてから進んでいくと渡月橋が見えてきます。ここが終点。近くには観光用の舟もたくさんいますし、いかにも観光地といった雰囲気に。船旅を共にした人たちとの奇妙な一体感も生まれますが、ここでお別れとなります。

保津川下りをもっと楽しむポイントはこちら

紅葉の時期は混雑に注意

美しい紅葉が見られる事で有名な嵐山。京都を代表する観光スポットですし、特に紅葉シーズンになると多くの人でにぎわいます。そのため、保津川下りも紅葉のシーズンになるとかなりの混雑ぶりに。

シーズン期間中の休日は団体予約が多いため、個人では予約ができません。当日申し込みとなるので、午前中に行きましょう。紅葉の時期以外だと桜が咲く季節も要注意です。

保津川下りではラフティングも体験できる

自分で操縦しながら川を下ってみたいという方におすすめなのがラフティング。ヘルメットやウェットスーツなどはレンタルできますし、初心者でも気軽に体験できます。全身濡れてしまうため、水着などを着用して体験しましょう。

保津川下りの後は嵐山観光を楽しもう

嵐山名物、トロッコ列車

嵐山といえばトロッコ列車。保津川沿いではありますが、保津川下りとはまた違った景色を楽しめるのは魅力。保津川下りが終わったら、トロッコ列車も楽しんでくださいね。ゆったりと走るトロッコ列車から眺める京都の渓谷美は素敵ですよ。

車内で記念撮影もしてもらえる

車内では記念撮影もしてくれるので、ぜひ撮ってもらいましょう。撮った写真をオリジナルフォトフレームに入れてもらえるので、記念に購入することをおすすめします。

駅で途中下車して散策というのもよいでしょう。保津峡駅には野生のタヌキたちが顔を出す事も。こちらも紅葉シーズンには相当な混雑となるので、訪れる際には注意が必要です。ただ、個人でも事前予約ができるのでそこは安心ですね。

Address 〒616-8373 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町 嵯峨嵐山駅
Hours AM9:00-PM18:00
Closed 不定休
Tel 075-861-7444
Web https://www.sagano-kanko.co.jp/index.php

保津川下りへのアクセス



車でのアクセス

京都縦貫道の篠ICで降りてそこから約10分ほどです。乗船所には100台ほど収容できる駐車場がありますし、無料で利用可能。

電車でのアクセス

電車で訪れるのなら、JR嵯峨野線亀岡駅が最寄りとなります。駅から徒歩約8分ほどなので、短時間でアクセスできるでしょう。

Address 〒621-0005 京都府亀岡市保津町下中島2
Hours AM9:00-PM15:30
Closed なし
Tel 0771-22-5846
Web https://www.hozugawakudari.jp/

まとめ

京都に訪れたのなら、ぜひ保津川下りは体験してほしいですね。とてもスリリングな体験をしながら、美しい京都の景色を満喫できます。川下りが終わったらそのまま嵐山観光というのが定番のルートです。