八幡掘は時代劇にも使われる風情ある水路。まったり散策観光しよう

公開日:2019/4/5 更新日:2019/12/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sora
滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。
近江牛食べ歩きながら観光できるんやで

滋賀県近江八幡市の水路・八幡堀(はちまんぼり)は八幡伝統的建造物群保存地区にあり、時代劇の舞台としても使われる風情豊かな観光スポットです。四季折々の自然の中を屋形船で散策するのも、ここならではの楽しみ。今日は八幡堀の見どころと周辺のおすすめスポットをご紹介します。

時代劇でもおなじみの八幡堀

戦国時代に作られた人工水路

近江八幡を代表する定番の観光スポットとして知られる八幡堀。もともとは戦国時代に作られた防衛のための人工水路でしたが、近江の商業を担う水運の役割を長年果たしてきたものです。堀は琵琶湖と市街地を結んでおり、周辺は滋賀の歴史散策が楽しめます。また、屋形船に揺られて眺める古都の風景は絵はがきのように美しく、観光客に大変人気。

近江商人の発祥の地

近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区にある八幡堀。この地は近江商人たちが最も活発に活動していた場所で、江戸情緒あふれる水路は彼らの商業の要でもありました。時代劇やドラマの舞台としても人気の場所で、今でも時代劇には川縁に柳が揺れる八幡堀の風景がよく出てくるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

近江の町をのんびりと散策

屋形船で味わう江戸情緒

八幡堀では、屋形船に乗って周辺を散策できるのが魅力です。舟に揺られて約30分、特に春、桜のシーズンは日本画のような風景が楽しめるとあり、海外からもたくさんの観光客が訪れます。満開の桜の水路を行き来する屋形船は、乗るだけでなく、橋やお堀沿いから眺めるのもまた格別。舟は揺れも少なく、船酔いの心配もありません。

四季折々が絵になる八幡堀

八幡堀は四季折々の風景がとてもフォトジェニック。美しい桜の時期は大勢の観光客で屋形船が満席になりますが、それ以外にも夏は新緑に、秋は紅葉と赤とんぼたちに囲まれて、のんびりと日本らしい情緒に浸れるのでおすすめです。また、冬の雪景色の屋形船もまた違った美しさと静けさがあり素敵です。

秋の夜を彩る八幡堀まつり

毎年10月頃に開かれる八幡堀まつりは、近江の街並みが約3,500個ものLEDや蝋燭の灯りとオブジェに彩られ、和の幻想的な風景の中で町歩きが楽しめます。あちこちの施設も夜間の特別開館があり、コンサートなども開催されますよ。着物を着て出かけるのも素敵、デートにもおすすめです。

川べりをのんびり散策

八幡堀沿いには白壁の土蔵が立ち並び、これが日本画のような趣を引き立たせています。お堀沿いは石畳の小路があり、食堂や土産物店が並んでいます。しかし日本情緒を静かに楽しみたい観光客が多いためか、人が多くても他の観光地のようにワイワイしていないのが魅力。人混みが苦手な方もきっとストレスなく観光できますよ。

八幡堀のおすすめグルメスポット



近江牛を味わうなら千成亭(せんなりてい)

近江八幡にに来たらぜひ味わいたいのが、日本三大和牛のひとつ近江牛。まるで江戸時代に迷い込んだような佇まいが素敵な千成亭八幡堀店は、1階がお土産や食べ歩きにぴったりの近江牛まん、近江牛コロッケを。

また、2階は近江牛の牛丼やハンバーグ、すき焼きなどが楽しめる近江牛レストランになっています。特に風味濃厚な近江牛のとろ握りの美味しさは感動的ですよ。

Address 〒523-0837 滋賀県近江八幡市大杉町12番地
Hours 1F 10:00〜17:00 2F 11:00〜15:00(14:30ラストオーダー)
Closed 火曜日
Tel 0748-43-1129
Web https://www.sennaritei.jp/shop/shop_hatimanbori.html

滋賀の郷土料理が楽しめる・ほりかふぇ

滋賀の代表的な郷土料理は鮒寿し。一般的に寿司酢を使う寿司とは違って、魚を塩と米飯に漬け込んで乳酸発酵させたもの。ほりかふぇでは近江牛や近江米、琵琶湖で獲れた天然湖魚などの厳選素材で鮒寿しを中心として、近江牛重、バスフライ定食などの郷土料理がいただけます。

目の前に八幡掘の眺めが楽しめるテラス席がおすすめですよ。

Address 〒523-0821 滋賀県近江八幡市多賀町743
Hours 10:00~16:00
Closed 水曜日
Tel 0748-26-3375
Web https://horicafe.com/

お土産はクラブハリエとたねやで決まり

滋賀のお土産といえば、和菓子専門のたねや日牟禮茶屋とクラブハリエ近江八幡日牟禮(ひむれ)ヴィレッジは押さえておきたいお店です。特にたねや名物、粒あん入りのつぶら餅はぜひお店で。また、クラブハリエ近江八幡日牟禮ヴィレッジは、庭園に囲まれたテラスで贅沢なティータイムが過ごせます。

 

Address 〒523-8558 滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ
Hours 9:00~18:00
Closed 年中無休
Tel 0748-33-4444(たねや)0748-33-3333(クラブハリエ)
Web http://taneya.jp/shop/shiga_himure.html

八幡掘周辺のおすすめ観光スポット

陶芸体験もできるかわらミュージアム

八幡瓦は1585年に豊臣秀次が築城した八幡山城に使うために作られたのが始まりだそうです。瓦工場跡地に建てられた近江名産八幡瓦専門の博物館は、自然と一体化するよう色むらをつけて焼かれた瓦と白壁のモノクロの色合いがとても印象的。博物館内では八幡瓦を作る粘土を使った陶芸体験もできますよ。

Address 〒523-0821 滋賀県近江八幡市多賀町738−2
Hours 9:00~16:30
Closed 毎週月曜日、祝祭日の翌日(祝祭日が月曜日の場合は、その翌日)、年末年始
Tel 0748-33-8567
Web http://www.city.omihachiman.shiga.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=3961&frmCd=7-4-0-0-0

徳川家も参拝した日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)

八幡堀のすぐ近くにある日牟禮八幡宮は、古くから近江商人の信仰のみならず、徳川家康、家光、家綱も御朱印を残している事で有名な神社です。ここで行われる左義長まつりと八幡まつりは近江の二大火祭りと呼ばれ、国の選択無形民俗文化財に指定されています。

ご利益は家内安全、立身出世、無病息災、縁結び、安産など。八幡堀に来た際には参拝しておくと、良い事があるかもしれません。

Address 〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町257
Hours 24時間営業
Closed なし
Tel 0748-32-3151
Web http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/

琵琶湖の眺望を楽しむなら八幡山

八幡山は織田信長や豊臣秀吉ゆかりの場所としても有名で、映画・信長協奏曲のロケ地にもなった風情のある史跡も多く点在しています。

近江八幡日牟禮ヴィレッジのすぐそばからロープウェイ乗り場があり、約4分で絶景のパノラマが楽しめる山頂へ到着。近江八幡の旧城下町や琵琶湖、沖島と美しい山並みの眺めは爽快ですよ。桜の季節と紅葉の季節は大勢の観光客でにぎわいます。



写真映えスポットも多数

山頂にある八幡城跡には日蓮宗唯一の門跡寺院である村雲瑞龍寺があり、歴史的にも貴重なもの。さらに、織田信長が建てた安土城の城跡もあり、歴史ファンにも大変人気の観光スポットになっています。

また八幡山ロープウェイは、プロポーズに相応しい恋人の聖地サテライトに認定されたスポットでもあり、ロマンチックな気分に浸れるオブジェや、素晴らしい眺めも見どころのひとつです。

Address 〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町
Hours 9:00~17:00(上り最終16:30)
Closed 年中無休
Tel 0748-32-0303
Web http://www.ohmitetudo.co.jp/hachimanyama/

八幡掘へのアクセス

電車でのアクセス

JR大阪駅から米原・長浜行きの新快速電車で約60分、近江八幡駅で下車します。JR近江八幡駅からは近江鉄道バスの長命寺線に乗車し、大杉町バス停または八幡山ロープウェイバス停で降りると到着です。

車でのアクセス

名神高速道路の竜王ICを出て、国道477号線方向へ約12kmで到着します。八幡堀の周辺駐車場は有料駐車場があり、多賀観光駐車場、市営小幡観光駐車場、また、日曜祝日のみ営業する臨時観光駐車場が便利です。

Address 〒523-0837 滋賀県近江八幡市大杉町
Hours 24時間営業
Closed なし
Tel 0748-33-6061
Web https://www.omi8.com/

まとめ

日本の古き良き風情を堪能できる八幡堀の旅。時代劇のロケが多く行われる事からもわかる、昔ながらの風景が魅力です。落ち着いた雰囲気の観光スポットなので、静かな旅が好きな方や一人旅にもぴったり。滋賀に訪れる際にはぜひ、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。