別府温泉保養ランドで泥体験。全国でも珍しい泥湯に入ろう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Rinka

福岡出身大分在住、得意エリアは九州全域。どこまでも自動車で行っちゃいます。 夫婦で温泉好き、週末はどこかしらの温泉に出没してます。 甘いものとお魚も大好き、現地のグルメスポットは必ずチェックします。 身体を壊して山登りができなくなったのが、今の悩みのタネ。

そげんへこたれとんなら、泥やらいびちいゆわんで試してみんしゃい

別府市の北西部にある明礬温泉(みょうばんおんせんは、温泉地獄が直結した温泉として大変有名です。別府市内の他の温泉に比べても硫黄分がダントツに濃く、コロイド湯をはじめ粘土状の泥湯はここでしか入れません。今日は明礬温泉の楽しみ方と周辺のスポット、グルメ情報をご紹介します。

希少な泉質が魅力の明礬温泉

濃厚な硫黄感がたまらない

温泉ファンの中では西日本随一といわれる別府市の明礬温泉。温泉周辺がミョウバンの産地であった事からその名がついています。別府市内に数ある温泉の中でも硫黄分の濃さに秀でており、敷地内にいると強い硫黄の香りがしてくるほど。

美しいアーチを描きながら明礬温泉に向かう東九州自動車道の別府明礬橋はこの温泉のシンボルとなっています。

別府温泉で唯一入れる地獄

噴気や熱泥、熱湯などが噴出する温泉噴出口のある地帯を別府では地獄と呼んでいます。周辺に点在するさまざまな噴出口を巡る別府地獄めぐりは、観光の人気定番ルート。明礬温泉も昭和30年代頃までは現役だった紺屋地獄の跡地であり、別府保養ランドの地下鉱泥湯は100年以上続く歴史がある温泉です。

地獄巡り時代の名残を残す長い通路

世界無比の鉱泥を持ち、その昔、弘法大師空海も訪れたという由緒ある明礬温泉。紺屋地獄が現役だった時代には、他の地獄と同じく遊歩道が整備されていたそうで、温泉保養ランドの受付から浴場までの長い回廊はその遊歩道の名残だとか。窓の外には今も所々で強い蒸気が吹き出している様子も見られます。

コロイド湯と泥湯で違う趣が楽しめる

強い硫黄がたまらないコロイド湯

温泉特有の硫黄の香りが漂うコロイド湯はコロイド硫黄を多量に含んだ強い酸性。ミネラル成分もたっぷりで、天然のピーリング効果を発揮します。特に皮膚疾患に適応性があり、老化した皮膚をスベスベに整えてくれる美肌の湯で有名です。宿泊すると、夜もコロイド湯だけはいつでも入浴可能ですよ。

100年以上変わらない地下鉱泥風呂

独特のスタイルがすごい

コロイド湯の先にある地下鉱泥湯の浴場は100年以上変わらないスタイルが魅力。坊主地獄で見るような、粘土質の地獄そのものに入る野性味を味わえます。

入浴すると浴槽の底や隅の方に白灰色の泥が溜まっており、普通の温泉より浮力が大きいため、ふわりと体が浮くような不思議な感覚が。足を取られないように、浴槽には手すり代わりの渡し木があります。

開放感抜群の露天泥湯で泥パック

広々と開放的な露天の泥湯風呂は、実は混浴。しかし男女の仕切りがあり、女性用は男性側から見えないので安心です。地下鉱泥湯とはまた泉質が異なり、こちらは子供も入浴可能。泥の量も多いので、たっぷり身体に塗って楽しめます。泥は顔に塗っても大丈夫なので、存分に泥パックを満喫できますよ。

別府保養ランド周辺のおすすめスポット

湯の花作りとグルメを楽しむ。明礬湯の里

明礬温泉の名前の由来となったミョウバンは、家庭でも温泉気分が楽しめる湯の花の素。明礬湯の里では茅葺屋根の建物で職人たちによる手作りの貴重な湯の花作りを見学できます。

また、露天岩風呂や家族風呂が魅力の温泉施設や、郷土料理が楽しめる展望レストランもあります。湯の花コスメや薬用湯の花など、明礬温泉ならではのお土産もそろっていますよ。

住所|〒874-0843 大分県別府市明礬温泉6組
営業時間|AM8:30~PM6:00(売店)
定休日|不定休
電話| 0977-66-8166
公式サイトはこちら

別府名物地獄プリンの元祖、岡本屋売店

別府名物は地獄の強い蒸気を利用して作る蒸しプリン。中でも元祖の岡本屋の地獄プリンは、濃厚なプリンに苦味の効いたカラメルのハーモニーが絶品。高温の蒸気で仕上げた蒸し卵を使ったサンドイッチもおすすめですよ。

住所|〒874-0843 大分県別府市明礬3組
営業時間|AM8:30~PM6:30
定休日|年中無休
電話|0977-66-6115
公式サイトはこちら

高温の泥が湧き上がる鬼石坊主地獄

灰色の熱泥が沸騰する様子から名付けられた坊主地獄は、99度の泥が絶え間なくボコボコと音を立てて湧きあがる姿が圧巻。紺屋地獄は入れる泥湯ですが、鬼石坊主地獄はさわる事も不可能な高温の泥湯。施設内には足湯があり、歩き疲れを癒やせます。鬼石坊主地獄に隣接する日帰り入浴施設・鬼石の湯もおすすめですよ。

住所|〒874-0000 大分県別府市鉄輪559-1
営業時間|AM8:00~PM5:00
定休日|なし
電話|0977-27-6655
公式サイトはこちら

美しいコバルトブルーでも温度は98度の海地獄

一見コバルトブルーが清々しい海地獄は、温泉中の硫酸鉄が溶け出してこの色を作っています。温度は98度もあり池の深さはゆうに200mを超えるそうで、見た目とは全く異なる事に驚きを隠せません。ここにも名物の温泉饅頭や温泉卵、温泉プリンがありますよ。地熱を使った熱帯植物園も見どころです。

住所|〒874-0000 大分県別府市鉄輪559-1
営業時間|AM8:00~PM5:00
定休日|0977-66-0121
電話|なし
公式サイトはこちら

別府温泉保養ランドの注意点

成分の強さゆえに湯あたりに注意

地下鉱泥湯の熱保有率は他の温泉に比べて格段に高く、成分が濃厚で浸透が早いのが特徴。そのため、長湯をすると湯あたりするので注意が必要です。同じ理由で、地下鉱泥湯は子供の入浴は禁止です。

また、地下鉱泥湯の泥は皮膚への刺激が強いので、顔に塗るのは避けましょう。泥が髪に着くとなかなか取れなくなるため、入浴時のシャワーキャップは必須アイテム。休憩所などで購入できますよ。

快適に利用するために、ルールを守ろう

別府温泉保養ランドは洗い場がなく、温泉を楽しむ場所といった割り切りが必要です。また、鍵付きロッカーは脱衣所には設置されておらず、受付側にしかありません。入浴の前にお財布やスマホなど貴重品をあらかじめ預けておきましょう。

露天の泥湯は一応男女に仕切られていますが、基本は混浴。女性が奥の露天風呂に行くためには男性から見えるエリアを通る必要があるので、気になる人はご注意を。

別府温泉保養ランドへのアクセス

車でのアクセス

九州自動車道、長崎自動車道からは鳥栖JCTから大分自動車道に入り、日出JCTを直進します。そのまま東九州自動車道に入り別府ICで降ります。また、宮崎自動車道の宮崎ICからは東日本自動車道を通り、同じく別府ICで降りてください。別府ICからは県道11号線を北上し、約5分で到着します。

電車・バスでのアクセス

最寄りの駅はJR別府駅です。JR大分駅から日豊本線に乗車し、約10分で到着する別府駅で下車。JR小倉駅からは日豊本線特急に乗車、約70分で到着する別府駅で下車します。その後は別府駅西口からバスに乗車、25分ほどで紺屋地獄前バス停で下車すると到着します。

住所|〒874-0843 大分県別府市明礬5
営業時間|AM9:00~PM8:00(立ち寄り湯・泥湯)
定休日|なし
電話|0977-66-2221
公式サイトはこちら

まとめ

貴重な泥湯を楽しめる保養ランド。今まで各地の温泉に入ってきましたが、交通事故の後遺症がピタリと治まったのはこの温泉でした。成分の濃さはピカイチで、神経痛や皮膚病の特効薬である事を実感します。

露天風呂が混浴なのは女性には少々デメリットですが、それでも足を運ぶ価値は充分にありますよ。売店には泥を利用した石鹸があり美肌効果で人気です。別府を訪れる際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ