昆陽池公園は自然観察が楽しめる都市公園。散歩して渡り鳥を見よう

公開日:2019/4/10 更新日:2019/12/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sugar
出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。
池の日本列島で有名な公園やねん

伊丹市にある昆陽池(こやいけ)公園は、奈良時代からあったため池を整備し市民の憩いの公園とした場所です。ここに憩いに訪れるのは人間だけでなく、毎年多くの野鳥たちがやってきます。渡り鳥の飛来地としても有名な昆陽池は、人と鳥が集う癒しの空間。この記事では、昆陽池公園の魅力や見どころについてご紹介していきます。

昆陽池公園は野鳥観察と昆虫観察が出来る公園

昆陽池公園の概要

昆陽池公園は、奈良時代の僧・行基により作られたため池を伊丹市が整備し公園化してできた公園。広さは27.8ヘクタールと広く、市民の憩いの場所となっています。園内には野鳥観察橋や伊丹市昆虫館をはじめ、広い芝生広場に田中将大選手所縁のマー君の木といったものまでさまざまな設備があります。

関西屈指の渡り鳥飛来地

関西では昆陽池公園は渡り鳥の飛来地として有名な場所。毎年秋から冬にかけ、多くの水鳥が飛来してきます。池には昆陽池公園のシンボルである白鳥や鯉が泳ぐ姿が見られますよ。また春になると白鳥の抱卵の様子やひなたちを引き連れて泳ぐ姿が見られ、公園にくる人たちを癒します。

昆陽池公園で見られる野鳥の種類はかなりの数です。鴨・白鳥・鵜・鷺といった野鳥たちの姿が見られます。野鳥を観察するために橋もかけられているので、これらの鳥たちを近くで観察する事も可能。

秋から冬にかけた時期には特にたくさんの渡り鳥でにぎわい、野鳥の観察を楽しみに訪れたバードウォッチャーやその姿を収めようと集まった写真家たちでさらににぎわいます。オフシーズンの間も留鳥や渡りそびれてしまった渡り鳥たちの観察もできるので、今年はどんな鳥がいるのかチェックするのも楽しみのひとつ。

池の中央には日本列島が

昆陽池は、貯水池部分と自然池部分のふたつに分かれています。自然池をよく見ると、野鳥のための島が作られているのがわかります。池の中にある島を日本列島の形にしよう、というユニークな発案をしたのは、当時池の設計を担当していた伊丹市の職員でした。

伊丹市は空港の町であるため、飛行機から眼下を見下ろすと昆陽池の日本列島の形をした島が目に入る事に着目した粋な企画です。

自然観察を楽しめるふるさと小径

昆陽池公園には樹木だけでなく野鳥や昆虫といった生き物全般の自然観察を楽しむ事ができる自然観察道があります。

そのほかにも春にはお花見が楽しめる桜並木があったり、夏にはホタルの観察が出来る草生地広場の水路などもあり、見どころがもりだくさん。公園の北東にいくと、田中将大選手がまだ小学生の時に樹名板を取り付けたというマー君の木が2本植えられており、市民から親しまれています。

昆陽池公園といえば昆虫館

一年中蝶が舞う伊丹市昆虫館

伊丹市昆虫館は、昆陽池公園内の緑豊かな場所にある施設です。館内にあるチョウ温室には、何百匹ものチョウが暮らしかわいらしく舞う姿が見られます。特に見ものなのが、昆虫の世界を10倍に拡大して作ったジオラマ。その世界観は子供たちからも大人気です。

一番人気となっているのがチョウがたくさんいる温室です。暖かいその部屋は、冬場になると休憩がてらに訪れる人の姿も。一年中初夏のような気温に設定された温室内を飛ぶチョウたち。その数はいつも電光掲示板に表示されています。また昆虫館4階の展望台へと上がれば、表に広がる昆陽池公園を見渡す事ができます。

Address 〒664-0015 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目1 昆陽池公園内
Hours 9:30~16:30
Closed 火曜日 祝日の場合は翌日
Tel 072-785-3582
Web http://www.itakon.com/

昆陽池公園はITAMI GREENJAMの会場

無料開催される市民のための野外ライブ

例年9月になるとのどかな昆陽池公園の広場は一転、ライブ会場へと姿を変えます。ここで開催されるのが2014年から行われている関西最大級といわれる無料ローカルフェス ITAMI GREENJAM。全国各地で開催されている音楽フェスと違って、入場料無料で行われています。

ライブ会場は子供と一緒に来場し親子で楽しむファミリー層や普段フェスなどにあまり足を運ばないシニア層も多く来場し、アットホームな雰囲気。園内にはお弁当を広げながら、のんびりと音楽を聴き楽しむ人々があちこちで見られますよ。ITAMIGREENJAMは、例年9月に2日間の日程で行われています。

昆陽池公園周辺スポットをご紹介



まるで南欧の庭のような荒牧バラ公園

荒牧バラ公園は伊丹市の北部方面、宝塚市との境にあるバラ公園です。このあたりは昔から造園が有名な地域として知られてきました。ヨーロッパ風に整えられた美しい園内には1万本ものバラが植えられていて来場者の目を楽しませます。開花時期は年に2回、5~6月頃と10~11月頃となっています。

園内には世界に誇る育種家として知られる寺西菊雄氏の生み出した貴重なバラも植えられています。また、特に目立つのが3本の赤い柱のオブジェです。これは彫刻家・井上武吉氏の作品です。地下にある空間は瞑想空間とされており、コンサートや写真展の会場として使用される事もあります。

Address 〒664-0001 兵庫県伊丹市荒牧6丁目5-50
Hours 9:00~17:00(時期により変動あり)
Closed 火曜日
Tel 072-779-8935
Web http://www.city.itami.lg.jp/shokai/sansaku/oashisu/1392345375093.html

飛行機の離発着が見られる伊丹スカイパーク

伊丹スカイパークは日中は飛行機を眺めるために訪れた子供連れが集う児童公園としてにぎわい、夜は滑走路と飛行機が放つ美しい灯りを楽しむために訪れたカップルたちのデートスポットとしてにぎわう公園です。日本の中でここまで間近に飛行機を見る事ができる公園は、このスカイパークだけ。

Address 〒664-0842 兵庫県伊丹市森本7丁目1-1
Hours 9:00-21:00 ただし、4月から10月の土日・祝日は7:00-21:00
Closed 無休
Tel 072-772-3447 (伊丹スカイパーク パークセンター)
Web http://www.city.itami.lg.jp/skypark/index.html

昆陽池公園のそばにあるパンが美味しいカフェ

食パンの食べ比べをしたいMIYABI cafe & boulangerie

MIYABI cafe & boulangerieは、昆陽池公園近くの川沿いにあるおしゃれなブーランジェリーです。焼き立てのパンやケーキ、ドリンクなどを味わう事ができます。特に人気なのが、金の食パン・銀の食パン食べ比べセット。できたてのパンをぜひ食べ比べてみてください。

Address 〒664-0022 兵庫県伊丹市中野東1-265
Hours 08:00~19:00(L.O.18:30) [土日祝日限定モーニングパンビュッフェ] 8:00~10:30(L.O.10:00)
Closed 無休
Tel 072-767-1845
Web https://www.facebook.com/miyabikoyaike/

昆陽池公園へのアクセス

電車でのアクセス

阪急伊丹駅からバスで約10分、JR伊丹駅からはバスで約13分です。

Address 〒664-0015 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目
Hours 自由に入園できる
Closed 無休
Tel 072-784-8134
Web http://koyaike.hotcom-web.com/

まとめ

昆陽池公園は、奈良時代に行基が作ったため池をのちに伊丹市が公園として整備してできたものです。園内には野鳥観察橋や伊丹市昆虫館をはじめ、広々とした芝生で遊んだり、ゆったりとくつろげる場所がたくさん。

関西屈指の渡り鳥の飛来地なので、多くの野鳥ファンでにぎわいます。特に秋から冬にかけてはカモなど多くの水鳥が飛来し、園内は活気があふれます。かわいい野鳥を観察しながら、季節を感じに訪れてください。