紫竹ガーデンは誰もが幸せ気分になれるおばあちゃんの夢の庭

公開日:2019/4/18 更新日:2019/10/25

トラベルパートナー:トラベルパートナー: aoihana
東京出身。住んだことのある北海道や栃木の記事を中心に、ライティングしています。写真が好きで、絶景を求めて日本各地を旅しています。
花の咲き乱れるナチュラルガーデンに元気をもらえます!

たくさんの花が咲き乱れる紫竹ガーデンは、帯広にある広大な観光ガーデン。おばあちゃんの手によって長年かけてつくり上げられたガーデンとしてもよく知られています。さまざまな種類の花が敷地いっぱいに咲いているので、まるで夢の国にいるような気分に。

ここでは、紫竹ガーデンの見どころや魅力、アクセス方法などについてまとめました。

帯広の田園地帯にある広大なガーデン

約1800坪の敷地面積を誇る紫竹ガーデン。帯広の田園地帯にある観光ガーデンで、敷地内には2500種もの花が咲き乱れています。この広大な花畑は、紫竹昭代(しちくあきよ)さんが長い年月をかけてつくり上げられたガーデンとしても有名です。

紫竹さんはお花の帽子がトレードマーク。いつも庭仕事をしているので、散策している時に会える事も。北海道ガーデン街道の一つで、海外からの観光客も少なくありません。その数は年間約10万人にのぼります。

まるで野の花のよう、パワーあふれるナチュラルガーデン

栄養いっぱい元気いっぱいの花たち

紫竹ガーデンは、イングリッシュガーデンのような整備された庭ではなく、ナチュラルガーデンです。農薬などは使っておらず、あくまで自然な環境で育てられた草花が咲き誇ります。自然の野原の中で花たちに出会ったような気分にさせてくれるでしょう。

初夏から夏が見ごろとなるので、このタイミングで訪れるのがおすすめ。

ベンチに座って眺めたい癒しのガーデン

椅子やテーブルが敷地内のあちこちに設置されています。ゆったりと椅子に腰かけ、のんびりと花を眺めましょう。ペットと一緒に訪れる事もできるので、愛犬と一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。車いすでの見学もでき、ファミリー層にも人気です。

紫竹おばあちゃんがつくった夢のガーデン

63歳で決意した庭づくり

メディアに取り上げられた事もある紫竹さん。子供の頃に遊んだ花いっぱいの野原をつくろうと63歳の時に決心したそうです。そこから長い年月をかけて、今のような美しいガーデンを完成させました。最初は白樺の木が5本だけだったというので驚きです。

お客様が元気になってくれるように

今でも毎日庭仕事をしている紫竹さん。時にはお客様を迎えたり、庭の案内や写真撮影に応じてくれる事もあります。愛情たっぷりに育てられた花は訪れる人にきっと癒しを与えてくれるでしょう。紫竹さんのトレードマークでもある花の帽子がレストランの入り口にあります。一緒に写真撮影をする時に被らせてくれますよ。

紫竹ガーデンの見どころ

22のゾーンと13のコレクション

22のゾーンと13のコレクションで構成される紫竹ガーデン。ハーブガーデンや森の中のシェードガーデン、メドウガーデンなどがあります。かなり広いガーデンなので、半日くらい時間をかけてゆっくりと見学する事をおすすめします。

早春に咲く200万本のチューリップ

200万本ものチューリップが咲く光景は圧巻の一言。毎年楽しみにしている人も少なくありません。5~6月が見ごろで、とてもフォトジェニックな風景になります。庭づくりを始めて、まず最初に植えたのがチューリップでした。紫竹さんにとっても思い入れのあるお花です。

季節ごとの花を楽しめる宿根ボーダーガーデン

宿根草は数年間植えておける多年草。150メートルほど続く道の両脇には、季節ごとにさまざまな花が色づきます。初夏になると特に美しい風景を見せてくれるでしょう。大地にしっかりと根差し、生き生きとしている姿は見る人に力を与えてくれます。

白い花を集めたホワイトガーデン

ホワイトガーデンには白い花ばかりを集めています。アナベルという白いアジサイが人気なので、夏の時期に訪れてみましょう。夏は紫竹ガーデンがもっともカラフルで美しくなる時期。グラジオラスやダリア、クレマチスなどさまざまな花が色づきます。

点在するフォトジェニックなスポット

敷地内にはフォトジェニックなスポットがたくさんあります。ついシャッターを押したくなるようなところがてんこ盛り。ペットと一緒に入れるので、一緒に写真を撮っている方もたくさんいます。もし紫竹おばあちゃんに会う事ができたなら、ぜひ一緒に写真を撮ってもらいましょう。

秋は紅葉も美しい紫竹ガーデン

10月は北海道でも美しい紅葉が見られる時期。十勝でもさまざまなエリアで紅葉を楽しめます。紫竹ガーデンでも見事な秋の風景が見られますよ。収穫祭やハロウィンフェスティバルなども開催。レストランではこの時期、秋の味覚も楽しめます。初夏にもっとも美しい風景となる紫竹ガーデンですが、秋には秋の魅力がありますよ。

極上の朝食ビュッフェが楽しめるレストラン

十勝のめぐみが詰まったお花畑で朝食を

紫竹ガーデンには遊華というレストランがあるので、お腹が空いた時にはここでお腹を満たしましょう。十勝の旬の食材を楽しめるのが朝食ブッフェのお花畑で朝食を、です。無農薬の野菜をたっぷり使い、旬のメニューを味わえます。

もともとは団体客用のメニューだったようですが、現在では個人でも注文できるように。ただ、事前に予約が必要です。

窓から見える庭の景色もごちそう

食事が美味しいのはもちろんですが、窓から見える景色も素敵。花が咲き乱れる風景を眺めながら、美味しい食事が楽しめますよ。シフォンケーキやソフトクリームといったスイーツも充実しているので、甘い物が好きな方にもおすすめ。スープカレーや十勝食材を駆使したお花見弁当、ピクニックバスケットなどメニューは豊富です。

北海道ガーデン街道を巡る

北海道を代表する8つのガーデン

北海道ガーデン街道は、北海道を代表する8つのガーデンが並んでいるというルート。近年はガーデニング人気も高まっているので、たくさんの観光客が訪れるルートになりました。テレビドラマのロケで使われたガーデンもあるので、ますます人気が高まっています。

ガーデン街道を構成するのは、大雪森のガーデン、真鍋庭園、上野ファーム、十勝ヒルズ、十勝千年の森、風のガーデン、六花の森、紫竹ガーデンです。

十勝で巡れる4つのガーデン

真鍋庭園や十勝ヒルズ、十勝千年の森、そして紫竹ガーデンは十勝にあるので、できればすべて巡っておきたいですね。それぞれのガーデンに個性と特徴があるので、すべて楽しむ事ができます。

北海道ガーデン街道チケットを利用すれば、4つを選んでお得に訪れる事が可能。初夏はどのガーデンもとても美しい風景となるので、訪れるのは初夏の時期がおすすめ。

紫竹ガーデンへのアクセス

車でのアクセス

紫竹ガーデンへは車でのアクセスが便利です。とかち帯広空港からだと、車を利用して30分ほどの道のり。JR帯広駅からだと車で35分ほどの道のりとなります。道東道の川西インターからは20分ほどの距離。

北海道の観光はマイカーやレンタカーのほうが便利ですし、ほかのスポットも巡りやすくなります。ガーデン巡りをする際も車のほうが便利でしょう。

Address 〒0802106 帯広市美栄町西4線107番地
Hours AM8:00-PM6:00
Closed 4月20日~11月末の開園期間中は無休
Tel 0155-60-2377
Web http://shichikugarden.com/

まとめ

たくさんの花が咲き乱れる風景は思わず息を飲むほど。北海道広しといえど、これほどの圧巻の景色が見られるのは紫竹ガーデンだけかもしれません。キレイな花たちに囲まれていると、日ごろのストレスなどもすべて忘れてしまいそうです。

インスタ映えしそうな写真もたくさん撮影できるので、ぜひ北海道に訪れた時には紫竹ガーデンにも足を運んでみましょう。十勝にはあと3つのガーデンがあるので、あわせて巡るのもおすすめです。