須磨離宮公園は自然が堪能できる大規模な公園。子供も大満足な遊具がいっぱい

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅が母になってからのお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

噴水庭園は泣く子も黙る美しさやで~

須磨離宮公園は歴史と自然に包まれた眺望の素晴らしいスポットです。皇族の別荘であった背景から、園内には歴史感じる遺構や遺跡が残っていますよ。御殿は戦火によって消失していますが、現在の庭園は当時に近い状態で復元されたものです。多くの人を虜にする須磨離宮公園の魅力を余すことなくお伝えしていきます!

どこを眺めても美しい須磨離宮公園

須磨離宮公園は手入れの行き届いた植物が随所にちりばめられており、散策路を歩いて美しい景色を楽しめます。子どもが遊べる施設も多く、あずま屋やベンチもたくさん用意されているので、家族でのピクニックにおすすめのスポットです。

須磨離宮公園の代名詞でもある噴水広場のバラ園は、ため息が漏れる優美さなので、ぜひ大切な人と眺望を楽しんでくださいね。

須磨離宮公園でいろんな景色を堪能しよう

須磨離宮公園は庭園以外にもみどころのある風景がたくさんあります。各スポットごとで異なる表情を楽しめるので、一か所にとどまらずに園内をぐるりと散策してくださいね。

中門広場は歴史感じるロケーション

公園の正門近くには竣工当時の中門と白壁が残されており、須磨離宮の前身である武庫離宮だった頃の面影を感じられます。

中門広場は車寄せの前提跡地で、馬車道として当時利用されていた正門から広場へと続く坂道とともに歴史深いエリアです。

潮見台から大阪湾を望もう

須磨離宮公園は丘陵地にあり、潮見台からは須磨の街並みを前景に大阪湾を望めます。眺望しやすい石造りの腰掛けと手すりや休憩所もあるので、のんびり眼下の景色を楽しめるスポットです。

狭さにワクワクするトンネル

バラ園と児童遊園を結ぶ位置に、大人が行き交える程度のトンネルがあります。閉鎖的な空間を通ることで須磨離宮公園の開放感をより味わえますので、ぜひ利用してみましょう。植物園への通り道としても利用できますよ。

須磨離宮公園の植物園でさらに自然美を楽しむ

須磨離宮公園は本園と植物園からなっており、連絡橋で両エリアを行き来きします。ぼたんやあじさいなど四季折々の植物を各スポットごとに鑑賞でき、本園とは違った趣を楽しめるでしょう。

地形を生かした滝が3つ

植物園には「みどり滝」「三段滝」「もみじ滝」の3つの滝が地形を活かして造成されています。

散策途中にバランスよく配置されていますので、植物の美しさだけでなく水のせせらぎでも癒しを感じてくださいね。

和庭園は贅沢な休憩ポイント

小高い位置にあるのが和庭園で、簡素ながらも趣深い景色に魅了されるポイントです。開放感のある芝生広場にはあずま屋やお茶席のようなベンチがあるので、植物園での休憩におすすめですよ。

鑑賞温室で異国気分

鑑賞温室は植物園中央に位置し、出入り口がたくさんあるので迷路のようで面白いです。熱帯植物だけでなく、世界の珍しい木の実の展示や須磨離宮公園の前身である武庫離宮時の温室についてのパネル展示もあります。

須磨離宮公園は遊具だくさんで子連れファミリーにおすすめ

須磨離宮公園にはアスレチックなどの遊具が、園内3ヵ所に異なる規模で整備されています。元気いっぱいに飽きることなく、子どもも須磨離宮公園で楽しく過ごせるでしょう。

植物園内にもコンパクトながら遊具あり

植物園の花の広場にはブランコや変形ジャングルジムなどがあります。広場にゆとりがあるので、園内で唯一、ボール遊びやかけっこを存分に楽しめるスポットです。植物のパーゴラや滝の景色も素敵なので、お子さんが遊んでいる傍らでチェックしてくださいね。

永遠とループしたくなるアスレチック

須磨離宮公園にはフィールドアスレチックがあり、冒険コースと題した28のアトラクションを楽しめます。全長500mで所要時間は40~50分。

大人も一緒に遊びたくなりますが、子どもで込み合っているので断念せざるを得ない状況が多いでしょう。時期によってはスタンプカードがあるので、スタンプ欲しさに何度も挑戦する元気なお子さんもいますよ。

安全に遊べるアスレチックで体力づくり!

アスレチックはスティーブンソンの「宝島」がモチーフとなっており、物語に沿った一つ一つに意味をもつアトラクションです。

小学生以上が対象となっているので、小さなお子さんは保護者同伴でないと利用できません。バラエティーに富んだアトラクションで楽しみながら体力づくりできます。

児童遊園には昭和の校庭を彷彿させる遊具がたくさん

児童遊園は本園の東端、植物園への連絡橋の近くにありたくさんの遊具が所狭しとならんでいます。

手入れが行き届いていて安全に遊べますが、遊具はレトロでどこか昭和を感じさせる雰囲気です。高速道路の高架下に位置するので夏場に涼しく遊べますよ。

絶叫が響き渡るすべり台

知る人ぞ知る須磨離宮公園の滑り台。通常の滑り台レベルでないスピードがでるので、児童公園周辺は子どもの賑やかな声が響き渡っています。

減速のためか途中に段差が設けてありますが、あまりにスピードが速すぎて子どもたちは段差で弾んでお尻が一回浮く状態に。子どもたちの楽しむ姿にたくましさを感じる滑り台です。

須磨離宮公園でピクニックを楽しもう

園内はピクニックポイントだらけ

須磨離宮公園にはお弁当を広げられるスポットがたくさんあるので、家族やカップルでのピクニックにおすすめです。

アスレチック横のお弁当広場は腰を掛けるスペースが多く、屋根のある設備も整っているので特にたくさんのファミリーが利用しています。テーブルとイスがあるポセイドン広場は、バラ園を一望できる美観スポットですよ。

噴水の壮大さに圧倒される須磨離宮公園

須磨離宮公園の外せない見どころが噴水です。いくつもの噴水が織りなす光景は、バラ園と相まって素晴らしい景色を造りだしています。

ポセイドン広場の名称に納得

須磨離宮公園のメイン施設はバラ園を要する噴水広場で、レストハウスから始まる水の流れは圧巻です。丘陵地の地形を活かしてメインフォールからカスケードと呼ばれる段々の滝、広場の水路へと続いていきます。

ポセイドン広場の光景は、ポセイドンが本当に出てくるのではないかと思える迫力満点の水の光景です。

リズムが心地よい南大噴水

噴水広場の水の終着点が南大噴水です。中央の大噴水と周囲の噴水がリズムをうって表情を変えながら噴出するので、飽きることなく眺めていられます。

水をモチーフにしたこの大庭園を鑑賞するだけでも須磨離宮公園を訪れる価値がありますよ!

須磨離宮公園へのアクセス

自動車でのアクセス

最寄りの高速道路から近く、約300台収容の有料駐車場があり、入園料も一緒に支払います。植物園の駐車場は予約制なので注意してくださいね。

  • 第二神明道路「須磨IC」よりすぐ
  • 阪神高速神戸線「月見山IC」より約4分

電車でのアクセス

山陽電車の3駅を利用でき、各駅から徒歩約10分です。

  • 須磨寺駅:正門最寄り
  • 月見山駅:円外のバラの小路利用者におすすめ
  • 東須磨駅:東門のある植物園最寄り

バスでのアクセス

須磨駅か妙法寺駅発の神戸市バス75系統に乗車しましょう。双方ともに下車後徒歩約4分で到着します。

  • JR須磨駅、山陽電車山陽須磨駅「須磨駅前」から「離宮公園前」まで約6分乗車
  • 市営地下鉄妙法寺駅バスターミナル「妙法寺駅前」から「高倉台南口」まで約13分乗車
住所|〒654-0018 兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|毎週木曜日
電話|078-732-6688
公式サイトはこちら