セーチェニ温泉は温泉大国ハンガリーの巨大スパ。楽しみ方を解説

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sato

新潟県出身。一人旅が好きで、過去4年で40か国以上の旅行歴あり。得意なエリアは東南アジアと北・南米。最近は国内も様々なエリアを探索中で、穴場スポットを探し歩いています。雪のない時期の山を歩くのも好きで、今年はキャンピングスキルアップを目指しています!

世界の旅行者を惹きつけるヨーロッパ最大の温泉施設に潜入します

日本は誰もが知る温泉大国ですが、実はハンガリーも温泉大国として知られています。セーチェニ温泉はそんなハンガリーが誇る巨大スパで、ヨーロッパ最大の温泉施設ともいわれています。ここでは、セーチェニ温泉の魅力や楽しみ方などについて徹底解説しましょう。

温泉大国ハンガリー

ハンガリーに行ったら温泉へ

世界屈指の温泉大国といわれているのがハンガリーです。日本も温泉がたくさんある国ですが、ハンガリーの国土は日本の約4分の1。にも関わらず、1300以上の熱水線があるといわれています。

そのうちの400ほどが温泉施設やスパとして利用。ハンガリーに温泉を求めてやってくる方もたくさんいますし、今ではすっかりハンガリー観光に欠かせないものになっています。

ブダペストは国際スパシティ

ハンガリーの首都といえばブタペスト。世界一源泉の多い首都といわれ、市内だけでも100以上の源泉があるのだとか。市内にある公共温泉施設は15ほどですが、スパ付きのホテルが多いのも特徴。1934年には国際スパシティとして認定を受けています。

ヨーロッパ最大級の温泉施設セーチェニ温泉

ハンガリーの温泉施設で圧倒的人気ナンバーワン

セーチェニ温泉は、たくさんある温泉施設の中でも特に高い知名度と人気を誇っています。広々とした敷地内には18種の温泉があり、野外にも巨大温泉があります。プールやジム、マッサージサービスなどもありますし、一大温泉施設として大人気。観光客が多いのはもちろん、長く地元の方に愛されている温泉でもあります。

100年の歴史を誇る老舗温泉

ヨーロッパの温泉で、古代ローマの時代より薬用として使われていました。セーチェニ温泉が誕生したのは1881年の事で、当時はペスト地域に誕生した初めての温泉施設だったそうです。数十年に渡って増設を繰り返した結果、今のようになりました。

セーチェニ温泉に入ってみよう

手ぶらでOK

混浴施設であるセーチェニ温泉。日本でも混浴はそう珍しくありませんが、セーチェニ温泉の場合は水着の着用を義務付けているのが大きな違い。

プールを利用したいならさらにキャップも着用しなくてはなりません。水着やタオル、バスローブなどはすべてレンタル可能なので、これはうれしいですね。現地で手配できますが、持参したほうが何かと安くつくでしょう。

予約は不要、さっそく受付へ

特に予約などする必要なく利用できます。当日の受付でもそこまで並ぶ事はありません。セーチェニ温泉ではマッサージやスパのメニューも数多くそろえているので、気になる方はここで聞いてみましょう。申し込みもすべてここでできます。

使用はキャビンかロッカー

セーチェニ温泉の更衣室は個室のキャビン、もしくはロッカーのみという選択が可能。一般的な温泉と同じようなロッカーで、ほかの人たちと同じ空間で着替える事になります。キャビンは小さな個室でカギがかけられるのが大きな特徴。きっちりプライベートも確保できるでしょう。

セーチェニ温泉内部へ

充実の施設

入浴室に進んでいくと室内温泉エリアが見えてきます。内装にバロック様式を採用しており、とても美しい空間の中での入浴が可能。15種類の温泉があるので、気になるものに順番に入っていくのもアリ。

水風呂やサウナ、スチーム室、マッサージ室などもあります。基本的にどの温泉もお湯の温度が低めなところが日本とは異なる部分です。

開放的な巨大温泉

屋外エリアには巨大温泉があります。屋根もなくとても開放的な空間となっており、のびのびと過ごせるのが特徴。中には流れるプールのような温泉もあるので、小さな子供は大喜びかもしれませんね。温泉の隣にはスイミングプールもあります。キャップさえ着用していれば誰でも利用可能。

巨大温泉では、お湯につかりながらチェスを楽しんでいる地元民の姿も。これぞセーチェニ温泉名物です。

アルコールもOK、カフェテリアも

カフェテリアもあるので、ドリンクが飲みたいときなどに利用しましょう。ソフトドリンクだけでなくアルコール飲料の取り扱いもあり。軽食もあります。飲食物を外から持ち込むことは可能ですが、ガラス容器に入ったものはNG。ペットボトルなどにしてください。

施設の中で泥酔したり、異常な行動をした場合には入浴禁止になる可能性があるので注意が必要。

豊富なスパメニュー

豊富なマッサージのコースを用意しているのも魅力的。サーマルやアロマ、ヘッド、フットマッサージなどバリエーションに富んでいます。コースは20分、40分、60分などがあり、これらの中から選ぶ事になります。

ネイルケア、泥パックなどのスパコースも人気です。オリジナルグッズも売っているので、お土産に検討してみましょう。

あったら更に便利、セーチェニ温泉への持ち物

屋外温泉は多くの方が長い時間を過ごす温泉。屋根がないので日焼け対策はしておいたほうがよいかもしれません。施設内での写真撮影は特に禁止されていませんが、マナーは守るようにしましょう。施設内は水たまりができているところもあるので、サンダルがあると便利です。受付でも購入可能。

土曜の夜は唯一無二の温泉パーティー

毎週土曜日の夜には、温泉がパーティー会場のようになります。華やかなライトアップが行われ、ファイヤーダンスなどの披露も。PM10時30分からAM3時まで開催しており、温泉施設で行われるナイトパーティーなのでかなり珍しいです。

専用のチケットを購入する事でパーティーへの参加が可能。夏だと早く売り切れる事があるので注意しましょう。

温泉に入らなくてもよいガイドツアーも

観光の時間があまりない、体調がよくないので入浴はできないものの気分を味わいたい、という方はガイド付きツアーがおすすめ。セーチェニ温泉やハンガリーの歴史なども交えつつ案内してくれます。英語なので注意が必要。約20分ほどのツアーとなり、受付カウンターで申し込みができます。

ベストな時期と混雑期

平日と週末、早朝、夜といった料金プランが用意されています。もっとも安いのは平日と早朝、夜。人がもっとも少ないのは早朝なので、混雑しているのが嫌という方は早朝をチョイスしましょう。夏休みのシーズンがもっとも混む時期。

セーチェニ温泉へのアクセス

飛行機・バスでのアクセス

まずは首都であるブタペストに行く必要があります。ここが観光の拠点となる街。日本からブタペストへはどの空港からも直行便が就航していません。そのため、ウィーンやフランクフルトなどを経由して入国する事になるでしょう。

ブタペストの市街地からは地下鉄M1を使ってアクセスします。Széchenyi fürdőで下車してください。駅から黄色い建物が見えると思いますが、それがセーチェニ温泉です。

住所| Budapest, Állatkerti krt. 9-11, 1146 Hungary
営業時間|AM 6:00 - PM 10:00
定休日|なし
電話|+36 1 363 3210
公式サイトはこちら

まとめ

ハンガリーには見どころがたくさんありますが、ぜひセーチェニ温泉にも足を運んでほしいです。温泉好きの日本人なら、きっとセーチェニ温泉も好きになれますよ。いろいろなお湯につかる事ができますし、のんびりと観光の疲れを癒す事もできるでしょう。日本にいるような気持ちでくつろげるかもしれません。