霧ケ峰高原はニッコウキスゲやレンゲツツジなどを望むビュースポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

エアコンのブランド名でも知られる霧ヶ峰だら

長野県諏訪市にある霧ヶ峰高原はロケーションが素晴らしい事で有名。日本の名峰と呼ばれる山々が見渡せ、天候が良い日は富士山の姿も。標高は1500~1650メートルと言われており、真夏でも気温は30度を超す事は珍しいという場所です。普段雑踏に紛れている人や時間に追われている人には、この場所に来ればリフレッシュできるでしょう。

心から癒される霧ケ峰高原は高山植物が綺麗な景勝地

360度見渡せるロケーション

車山から噴出した溶岩により霧ヶ峰高原はできました。360度見渡しても遮るものがなく、なだらかな起伏が続いている絶好のロケーション。写真は7月に咲くニッコウキスゲですが、四季折々の高山植物が咲き誇ります。

晴れていれば富士山を望む事も

View this post on Instagram

霧ヶ峰より富士山を臨む。

A post shared by Hiroshi Yasaki (@hiroshi_yasaki) on

アルプスや八ヶ岳などの日本の名峰が見渡せ、晴れている日には富士山を望めます。霧ヶ峰高原と立地条件が似ているドイツのワッサークッペ滑空場とよく比較され、日本のグライダー発祥の地と言われる一方で日本のワッサークッペと呼ばれる事も。キャンプ場やスキー場もあるので、年間を通して楽しめる観光地です。

標高1684メートルにあるモニュメント

霧ケ峰高原のシンボル的存在であるモニュメントが霧鐘塔。霧が多いという霧ケ峰という場所で、ハイキングやトレッキングをする人々が迷わないように昭和34年に建てられました。霧ヶ峰自然保護センターから霧鐘塔までの往復は30分程で、鐘を鳴らすと幸せになるというジンクスもあります。

住所|〒392-0008 諏訪市霧ヶ峰高原
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0266-52-4141(諏訪市役所観光課 施設管理係)
公式サイトはこちら

散策の前に学べる霧ケ峰高原の霧ケ峰自然保護センター

散策コースや地図も事前に把握

View this post on Instagram

#霧ヶ峰自然保護センター #鹿 がふえすぎてるのは問題です 鹿は悪くないけど、ほっとくわけにはいかないようです 鹿のジビエをいつか食べてみようかと毎回思ってるけど、イノシシは食べたことあるけど、シカはまだないので、いろんな意味でためらいが…せめてもうちょっと体調よくなったら(一応私は病人) #長野県霧ヶ峰自然保護センター #長野県 #諏訪市 #霧ヶ峰 #車山 #ビジターセンター #キツネ #シマヘビ #シカ #アナグマ #ビンズイ #キセキレイ #モズ 近くのお土産さんの霧ヶ峰ビーナスさんにとても親切にしてもらった🎵 今度は犬の訓練のイベントに来たい🐶

A post shared by はや (@dedeppomamedeppo) on

霧ヶ峰自然保護センターで解説されているのは、霧ケ峰の成り立ちや動植物など。散策コースの案内や地図の配布を行っており、土日祝日の午前11時からのガイドウォークも見逃せません。こちらの料金は保険代です。霧ヶ峰高原を観光する前に訪れた方がより楽しめそうです。

住所|〒392-0008 長野県諏訪市四賀霧ヶ峰7718-9
営業時間|AM9:00~PM4:00
定休日|毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)、冬季
電話|0266-53-6456
公式サイトはこちら

高山植物は必見。四季折々で堪能できる霧ケ峰高原の花巡り

オレンジ色の鮮やかな高山植物

画像は6月中旬が見頃である高山植物のレンゲツツジ。オレンジ色をした鮮やかな花は、初夏の高原の中で映えており美しいです。大自然をバックにすると絵になる景色が見られます。

濃紫色の多年草

写真は8月中旬に見頃となる高山植物のヤナギランです。濃紫色の花が美しく、下から順序良く開花するのが特徴です。葉はヤナギに似ており、花はランに似ているのが名前の由来だとか。脚本家である田中澄江さんが、花の百名山の著書において霧ヶ峰に咲く花々の中で代表する花だと紹介しています。

ススキも風情豊か

写真は9月中旬に見頃となるススキです。風に揺れている白いススキは趣がある秋の風物詩。ススキの穂とアルプスの山々が織りなす光景の素晴らしさは圧巻です。

霧ヶ峰高原にあるおすすめの観光スポット

初期のグライダーの展示も

霧ヶ峰は先ほどもふれたように、日本グライダー発祥の地。霧ヶ峰グライダーふれあい館の展示物には初期のグライダーなどがあります。また、ワイド画面では霧ヶ峰周辺と擬似体験映像を紹介しています。

住所|〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪13338-1
営業時間|AM9:00~PM5:00
定休日|冬季
電話|0266-57-2811(諏訪市スポーツ課) 
公式サイトはこちら

晴れた日には満天の星空も満喫

市営の霧ケ峰キャンプ場は、昭和44年に東京オリンピック大会の記念事業としてスタートしました。雨天用炊飯所やホールといった施設もそろっています。キャンプ場内は土や草地のフリーサイト。車の乗り入れができないため、美しい自然を感じ静かな環境で過ごせます。

住所|〒392-0003 長野県諏訪市上諏訪13338
営業時間|AM8:00~PM6:00(開場時間)※ただし、9月は土日祝日のみ開場
定休日|公式ページを要確認
電話|0266-52-4141 (諏訪市観光課) 、0266-52-2833 (7月~9月・現地事務所)
公式サイトはこちら

冬季はウィンタースポーツも堪能

写真は、霧ケ峰高原内にある霧ケ峰スキー場。こちらではスキー教室も開催されており、ファミリーに人気があります。シーズン中の毎月第3日曜日はスキー子供の日という事で、中学生以下は1日券が無料です。

住所|〒392-0008 長野県諏訪市霧ヶ峰
営業時間|AM8:30~PM4:30
定休日|公式ページを要確認
電話|0266-53-1664
公式サイトはこちら

霧ケ峰高原周辺にあるおすすめのグルメ

絶景が望めるオシャレカフェ

View this post on Instagram

冬支度と、秋じまい 。

A post shared by Natsuki .K (@naats3) on

霧ケ峰のビーナスライン沿い、車山肩の駐車場奥にある山小屋のカフェがころぼっくるひゅって。カフェが営業しているのは無雪期だけです。店内にはアクセサリーなどの小物類が並んでいる売店も。同時に宿泊も可能な施設なので、トレッキングの基地として利用するのもいいでしょう。

サイフォンで淹れた美味しい珈琲とともに

写真は、こちらのメニューであるボルシチ。パンが付いたものがランチメニューとして提供されています。また軽食として厚切りバタートーストもあり、トッピングははちみつやいちごジャムなど数種類から選べます。

その中でもおすすめは珈琲。珈琲は霧ヶ峰の地下水を使用しており、一杯一杯をサイフォンで丁寧に淹れているというもの。とても味わい深くおいしいです。また、珈琲にピッタリのケーキ類も数種類あります。こちらもかなりレベルの高いスイーツなので見逃せません。

外にある広いウッドデッキで、高原湿原や車山山頂の絶景を望みながら食事を楽しんでみるのもいいでしょう。

住所|〒392-0008 長野県諏訪市霧ヶ峰車山肩
営業時間|AM8:00~PM4:30 ※4月下旬~11月末に営業
定休日|営業期間中は無休(冬季はカフェ休業) ※夏季は早朝より日没まで営業 
電話|0266-58-0573
公式サイトはこちら

霧の駅名物のじゃがバターは絶品

霧の駅である霧ケ峰農場直売所で販売されているじゃがバターは、ドライブインの名物のひとつ。大きく蒸したじゃがいもの上に、セルフでバターをかけていただくスタイルです。バターをたっぷりかける事もできるのでとてもぜいたくですし、ここに来たら必ず食べるというリピーターが多いメニューだとか。

絶品の生ソフトクリーム

霧の駅である霧ケ峰農場直売所で販売されている朝しぼり牛乳を使ったソフトクリーム。写真からも分かるように、多くの人が絶品と口をそろえます。このほかにも、やぎ乳をはじめ鹿肉の串焼きなどのご当地ならではのメニューがいただけます。美ヶ原に行く際にも寄りやすいでしょう。

住所|〒392-0008  長野県諏訪市霧ヶ峰
営業時間|AM9:00~PM5:00(4月下旬~11月上旬)※天候、時期により変わる
定休日|無休(営業期間中)
電話|0266-54-6370
公式サイト|なし

霧ケ峰高原へのアクセス

車でのアクセス

新宿から中央道諏訪インターまでは約2時間20分。一方、名古屋から中央道諏訪インターまでは約2時間22分です。中央道諏訪インターから約25分(県道424号)で到着します。中央道諏訪インターからビーナスライン、そして白樺湖~(霧ケ峰)~美ヶ原高原となります。

上記、ビーナスラインで美ヶ原に向かう途中の休憩に寄る人が多いため記載しました。

住所|〒392-0008 長野県諏訪市大字四賀霧ケ峰
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0266-52-2111(一般社団法人諏訪観光協会)
公式サイトはこちら

まとめ

大自然に囲まれている霧ヶ峰高原は四季折々の花が咲き、遠くには山々が連なります。景観の素晴らしさは見応えがありますし、何よりもぜいたくなもの。しかし冬季は雪のため休業する施設が多いという特徴もあるため、ホームページなどでチェックしてから訪れましょう。