桔梗信玄餅工場テーマパークは桔梗信玄餅が詰め放題。工場見学しよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Lily

出身地は東京都。得意なエリアは東京・神奈川、スノーボードが好きで東北方面もよく行きます。海外ならベトナム、トルコが好きで何回でも行きたい!美味しいものも大好きで、行く先々で美味しいお店を探すのが得意です。海外旅行は女友達、家族と、国内なら一人旅も。

信玄餅がたくさん!お菓子のテーマパークへ来おし!

山梨県の定番銘菓で、今やさまざまなコラボ商品でも全国的に人気の桔梗信玄餅。なんと信玄餅工場では見学だけでなく、お得なお菓子の詰め放題サービスがあって行列人気に。今日は話題沸騰中の桔梗信玄餅工場テーマパークの見どころと攻略ポイントをご紹介します。

山梨の銘菓といえば信玄餅

桔梗屋は信玄餅で有名なお菓子メーカー

桔梗信玄餅は、たっぷりのきな粉と黒蜜、柔らかいお餅のハーモニーがたまらない山梨県を代表する銘菓。

今や、チロルチョコを始め、信玄餅アイスなども全国展開されているメジャー菓子でもありますが、桔梗屋は信玄餅だけではなく、桃の形をした白あん入りの信玄桃や、小豆入り最中の団十郎十八番などたくさんのお菓子を作っています。

桔梗信玄餅工場がテーマパークになるまで

桔梗屋は1990年に本社を笛吹市に移転して、いち早く人気の信玄餅の工場見学をスタートしました。2001年にはお菓子の美術館を作り、テーマパーク化した事で有名です。無駄な廃棄をやめ、規格外商品を特価販売するアウトレットブームの先駆けに。

そして信玄餅のヒットで、今や桔梗信玄餅工場テーマパークは行列のできる観光スポットになっています。

信玄餅のラインも見られる工場見学

工場内は驚きと楽しみがいっぱい

山梨県笛吹市にある信玄餅工場のテーマパーク。工場見学では、信玄餅をはじめとするお菓子の工場見学や信玄餅の包装体験、詰め放題が楽しめます。予約なしでも見学ができるので、ドライブついでに立ち寄れますよ。通常は1日数回、案内時間があり、スタッフが案内してくれますが混雑時は自由見学になる事も。

職人技が光る信玄餅の製造工程

次々にできるお餅をスピーディな職人技でケースに入れ、小包装していく様子は圧巻です。まさか手作業とは思わなかったところも、ひとつひとつ丁寧に作られていたんですね。工場ではあげる君と名付けられたフライヤーや、しみる君と名付けられた黒蜜機械があって思わず和みます。

信玄餅以外のお菓子の製造も

桔梗屋には定番の信玄餅以外にも、桔梗信玄餅万寿や桔梗信玄餅どらなど信玄の名を冠した商品が数多く出ています。また、人気の信玄餅は派生商品が次々と出ていて、新発売のお菓子は工場内で直販しているので信玄餅ファンは要チェック。他に、パーク内の手作りアイス工房では、桔梗信玄餅アイスの製造工程も見学できますよ。

思わず熱くなるお菓子の詰め放題

グリーンアウトレット1/2で開催

信玄餅工場テーマパークの目玉は桔梗信玄餅や塩豆大福など、お菓子の詰め放題ができる事。これはめちゃ安でお得とあって、瞬く間に売り切れる人気企画です。そのため、テーマパークは毎朝9:30にオープンしますが、その前からすでに詰め放題目当ての人々の行列が。

特に休日の混雑時は整理券が配布されますが、並んでいてもあっという間に売り切れてしまう事も少なくありません。確実に詰め放題を楽しみたいなら、かなり早朝から並ぶか、手堅くバスツアーで行くのもおすすめです。

お土産購入も楽しみの一つ

お土産がそろう桔梗屋東治郎

テーマパーク内のお土産売り場は、定番の桔梗信玄餅や信玄桃、桔梗信玄飴など、人気商品がずらり。信玄餅味のどら焼き・桔梗信玄餅どらも人気です。また桔梗信玄餅ミルキーバウムクーヘンや、ランチパック桔梗信玄餅風など、新作や他社とのコラボ商品もたくさんありますよ。

社員特価販売1/2とグリーンアウトレット1/2

テーマパーク内の社員特価販売1/2では、中身は問題ないけれど形が不ぞろいといった規格外商品がアウトレット価格で販売されています。これは自宅用や職場などで配るのに最適。また、併設されたグリーンアウトレット1/2では、桔梗屋グループの農業生産法人・ハイジの野菜畑が生産した新鮮野菜を特価販売しています。

信玄餅のアレンジスイーツは要チェック

できたてお菓子がそろうテーマパークカフェ

フードコート形式のテーマパークカフェは焼きたてのお菓子コーナーや、季節限定菓子コーナー、また、揚げたての桔梗信玄餅揚げパン、信玄餅の黒蜜ときな粉を使ったラテなどの珍しいドリンク類がそろっています。時間がない時も、ここで信玄餅スイーツをテイクアウトできるのでおすすめですよ。

ぜひ食べておきたい信玄餅ソフト

新鮮ソフトクリームに信玄餅がトッピングされた、パフェ感覚の信玄餅ソフトは絶対に食べておきたいここだけの限定スイーツです。さらに、信玄棒をプラスした桔梗信玄ソフトプラスや、吟造り信玄餅をトッピングしたプレミアムソフトも絶品。これらはテーマパークカフェと、グリーンアウトレット1/2で楽しめます。

密かに人気のフォトスポットをご紹介

これはウケる、信玄餅ソフトの顔出しパネル

笑いを誘う、人気の信玄餅ソフトの顔出しパネル。テーマパーク内の数か所に設置されていて、それぞれに微妙にテイストが違うのが笑えます。ソフトはとっても美味ですが、顔出しパネルのビジュアルは少々キモかわ系。ウケを狙って思い出に残る1枚をぜひどうぞ。

桔梗信玄餅トラックが見られたらラッキー

駐車場の一角で信玄餅トラックを見かけたら、車体をバックに記念写真も面白いですよ。ツアーバスが停まるあたりに停車しています。これは実際、配送に使われるトラックなので周辺では街中でもおなじみですが、展示車ではないため遭遇できるかどうかは運次第です。

桔梗信玄餅工場テーマパークへのアクセス

電車でのアクセス

JR中央本線の石和温泉駅で下車して、タクシーで約20分で到着します。駅から徒歩だと4キロメートルあり、1時間ほどかかります。近くを通る路線バスがないため、タクシー利用がおすすめ。

車でのアクセス

中央自動車道一宮の御坂インターで降りて約3分で到着します。 無料駐車場があり、混雑時には第2、第3駐車場もあるので安心です。

住所|〒405-0077 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
営業時間|09時00分 ~ 18時00分
定休日|なし
電話|0553-47-3700
公式サイトはこちら

まとめ

信玄餅工場テーマパークの魅力は、お得に信玄餅を大量ゲットできる詰め放題です。これをめざして毎日行列ができるいうのも大いにうなづけます。そして、信玄餅の楽しみ方が無限に広がるスイーツやドリンク、職人技の工場ラインも見どころいっぱい。信玄餅に浸れる幸せをぜひ味わってくださいね。