ソグネフィヨルドは世界最大。絵に描いたような絶景を見よう

公開日:2019/4/10 更新日:2019/10/29

トラベルパートナー:トラベルパートナー: MAI
埼玉県出身の主婦です。 主にアジア圏を中心に記事を書いています。 独身の頃は弾丸格安ツアーで、海外諸国を周っていました。 よろしくお願いいたします。
ソグネフィヨルドは世界で最も長く、最も深いって知ってた?

ノルウェーにある大自然の神秘を感じさせてくれるソグネフィヨルドをご存知ですか。自然の風化によりできた断崖絶壁は、壮大で、見る者全てを圧倒する素晴らしさ。今回は、そんなソグネフィヨルドの魅力について迫ります。

ソグネフィヨルドとは

ノルウェーの西部の海岸線にある

ソグネフィヨルドはフィヨルドの王様とも呼ばれています。その大きさは、全長204キロメートル、水深1308メートルで、世界最大のフィヨルド。何本も細いフィヨルドを擁しいて、その内の一つであるネーロイフィヨルドも世界遺産に登録されています。フィヨルドの周りには緑の山々がそびえ立ち、その姿はまるで絵画のような美しさです。

5大フィヨルドの一つ

ソグネフィヨルドは、ガイランゲル・ハダンゲル・リーセ・ノールと併せて5大フィヨルドと呼ばれています。通常、フィヨルドの観光シーズンは6月~8月の間ですが、ソグネフィヨルドだけは唯一通年を通して見る事が可能。

フィヨルドの歴史

フィヨルドは、氷河の浸食で形成された谷部分に海水が進入してできたものです。フィヨルドという名称自体も、内陸部へ深く入り込んだ湾という意味を持つノルウェー語。ノルウェーの西部海岸線にはこのフィヨルドが連続して造られています。

このため、その一帯はフィヨルド地方とも呼ばれていて、世界中から多くの観光客が押し寄せています。

ソグネフィヨルドのさまざまな楽しみ方

フィヨルド遊覧で絶景を味わう

遊覧船のチケットはネット予約が可能です。出発はグドヴァンゲン港。港の景色からすでに絶景が広がっていて、標高1000メートルもの断崖があります。

海面には波が立たず穏やかな雰囲気で、世界各地にあるフィヨルドとは一味違った世界観を持っているのも魅力の1つです。

遊覧船から優雅に見る景色

ゆっくりと進む船に乗っていると時間の流れを忘れてしまいそうなほどゆったりした気持ちになります。しかし遊覧船の楽しさはこれだけではありません。途中、崖から滝が流れ落ちるダイナミックな風景も楽しむ事ができます。狭間から見える緑豊かな風景や、冬になると真っ白になる風景からも目が離せません。

この船は観光船でもありますが、地元の人の重要な足としても活躍。途中の村で下車し、散策を楽しむ事もできます。

可愛い街並みを垣間見られる

途中の沿岸、カラフルな家並みが続くアウルラン村を目にするでしょう。ヨーロッパらしい町並みですが、大自然の中で生活もできるのはここノルウェーだけかもしれません。アウルラン村にはゲストハウスもあり、部屋からは雄大な自然を眺める事ができます。



観光列車フロム鉄道を満喫

フロム鉄道は、急勾配の山岳鉄道。標高差864メートル走行距離20キロメートルを結ぶノルウェー国鉄の最高傑作。その車窓からは次々と絶景を望む事ができ、遊覧船とはまた違う景色を楽しむ事ができます。

列車は高さ164メートルのリョーアンネフォッセン滝を通り抜け、ショースの滝では列車を降りて記念撮影もできます。美しい風景に出逢える世界一の鉄道とも言えるでしょう。

ショースの滝では5分間停車

ショースの滝の前で列車から外に降りると、落差93メートルの滝の水しぶきが襲ってきますが、とても心地いいです。また、滝のそばにある岩の上では音楽と共に赤や紫・青のドレスを着た女性たちがダンスを披露。その姿はまるで妖精のようです。夢のような感覚を味わえる場所でもあります。

ナットシェルを使いフィヨルドを観光しよう

ナットシェルとは

フィヨルド観光には、ナットシェルという、とても便利な周遊パスがあります。フェリーを利用したフィヨルド観光や、ベルゲン鉄道、フロム鉄道の2大人気鉄道に乗れるためとても便利。世界遺産に登録されているネーロイフィヨルドを、この周遊パスを使って観光できます。

ナットシェルの買い方

日本の旅行会社、ノルウェー鉄道NSB公式サイト、フィヨルドツアー社公式サイトなどで購入可能。ただ、日本の旅行会社以外は英語での対応。言語に不安のある方は日本の旅行会社で予約しましょう。また、夏休みなどシーズン中は大変混みあうので、早めに予約する事をおすすめします。

フィヨルドの天気が気になる

夏は過ごしやすく冬は厚着が必要

ノルウェーの夏は日本の春から初夏くらいの陽気。過ごしやすい気候ですが、朝晩は冷える場合もあるので羽織るものを持っておきましょう。冬は暖流の影響があるものの、日本の寒さとは比になりません。防寒対策はしっかりしましょう。また、室内との温度差がかなりあるので、脱ぎ着しやすいよう重ね着がベスト。

雪は結構積もる

唯一冬の景色を楽しめるソグネフィヨルドは、どこか特別で神秘的。ただ、吹雪や霧のせいでフィヨルドが綺麗に見えない場合もあります。山の天気は変わりやすいので、冬に行く場合は特に天気などをチェックしておくと良いでしょう。

ソグネフィヨルド付近のランチ情報



フロム駅にカフェやレストランがある

フロムには、フレットハイムホテルにカフェとレストランで食事が摂れるほか、駅にもカフェがあります。ハンバーガーやポテト、スープやミートボール、サラダなど軽食系がそろっています。残念ながらノルウェーらしいメニューはなく、港から近い飲食店はこの付近のみ。

物価がとても高いので注意

注意が必要なのは、ノルウェーは物価が高い事。さらに、観光地価格もプラスされるため1食にかかる値段は高いです。ハンバーガー1つでもかなり高価なので、食費はかなりかさむものとして覚悟しておいてください。ビールやミネラルウォーターなどの飲み物も高いので、水筒を持参しておくと良いでしょう。

ソグネフィヨルドへのアクセス

電車でのアクセス

ベルゲン駅から列車でヴォス駅へ向かい、ヴォス駅で乗り換えグドヴァンゲンへ。時間があればヴォス駅の周辺を散策も可能。ヴォスからクドヴァンゲンまでの間はバスを利用しますが、ヴォスではフィヨルド目当ての観光客が多くいるので迷う心配はありません。

クドヴァンゲンまでかかる時間は約70分。途中美しい景色を何度も見る事ができます。観光客が多い車両は運転手が見どころを英語でアナウンスしてくれるので、移動の間も楽しむ事ができます。クドヴァンゲンの港到着後からフェリーの時間までは、休憩時間があるので急ぐ必要はありません。

Address Sognefjorden,Norway
Hours なし
Closed なし
Tel なし
Web なし

まとめ

日本では見る事のできない、迫力のある神秘的な絶景を楽しむ事ができるソグネフィヨルド。辿りつくまでもたくさんの見どころがあり楽しめるという点も、魅力と言えます。ぜひヨーロッパで自然を楽しむならノルウェーを訪れてみてくださいね。