大阪市立科学館で楽しく体験学習!超大型プラネタリウムに行こう

公開日:2019/4/16 更新日:2019/12/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sugar
出身地は大阪。得意なエリアは関西。 歴史的建築物や美術館巡りが好き。観光地に一緒に行くのは主に家族や友達。 美術館には一人で行くことが多いです。 旅行前に頭に入れておくとよりそのスポットが好きになれるような情報を発信していければと思います。
子どもから大人まで科学に夢中になれる施設やねん。

大阪市にある市立科学館は、全国有数の体験型の科学館。この館内では科学にまつわるあらゆる展示を見てふれて体感する事ができますよ。科学の興味が増す事間違いなしの博物館について、詳しくご紹介していきます。



大阪市立科学館で科学にふれる

日本初の科学館、大阪市立科学館


大阪市立科学館は大阪の中心地である中之島地区に位置しています。科学博物館の中でも日本を代表する規模の博物館です。日本初の科学館である大阪市立電気科学館は、この大阪市立科学館の前身。ここでは、宇宙とエネルギーをテーマにした展示が行われています。

市立科学館といえば東洋初のプラネタリウム


宇宙をテーマにするときには欠かせないプラネタリウム。市立科学館には、高性能の超大型プラネタリウムが設置されています。天文の専門スタッフの解説付きで星空と宇宙を分かりやすく説明してくれるので、誰でも楽しく天体を知る事ができますよ。

プログラムは3か月ごとにリニューアルされるので、何度訪れても新しい発見がある事でしょう。訪れた人が必ず満足できる工夫が随所に凝らされている場所です。一般投影は小学校高学年以上が対象で、そのほかにも学生向けの学習投影や小さい子供を対象にしたファミリータイムも実施されています。


そんなプラネタリウムがあるのは地下1階。中へ入ると、直径26.5mの世界最大級であるドームスクリーンが来館者を出迎えてくれます。今は市立科学館にて機材が展示されているだけですが、以前の電気科学館では東洋初のプラネタリウムが置かれていました。

その電気科学館は鉄腕アトムなどで有名な漫画家の故手塚治虫博士が少年時代に何度も訪れてプラネタリウムを鑑賞していた事でも知られています。

科学展示は体験型だから楽しく学べる


展示場へ向かったら、面白い実験装置や資料をたくさんさわってみてください。科学を楽しみながら学ぶにはもってこいの場所。4階に上がると、宇宙をテーマにした展示が数多くあります。

写真にあるのは惑星の重力比べ。この展示では太陽系の各惑星での重力差を体感できます。ほかにも模型を使って月の満ち欠けを知る事のできるコーナーなどがありますよ。


化学なんて難しそう、という人でも興味を持てるのが3階に設置された元素見本。元素記号だけでは何が何だかわからなくても、実物が展示されているので目で見てわかるようになっています。

写真の通り、子供が見てもイメージしやすいように石油製品の実物も。金や銀といった美しい天然の鉱石やカラフルな薬品や塗料など見た目にも楽しい展示です。


物理化学も実験で学べる装置がたくさん。現象を体感しながら、空気圧や重力、力学、摩擦を理解する事ができます。鏡のコーナーでは反射角度とはどんなものか、という事が実体験でわかる仕組みが。

香料のコーナーでは実際に匂いを嗅いでみましょう。天然由来のにおいや人工的なにおいなど、どんな違いがあるのかが分かりますよ。


2階の展示は小さな子供連れの家族も、みんなで楽しめるコーナーです。伝声管やボールマシーン、楽器などを親子で自由に遊べます。坂を上るコマという展示は子供にも大人にも大人気。装置を動かしてみて、コマが坂を上っていく仕組みを考えてみましょう。


設置されている展示物のほか、来館者が参加する展示やサイエンスショーも充実しています。天体観測会での望遠鏡星を使った観察や、化学実験ができる教室、アートとのコラボイベントや、工作教室など多種多様。

他の科学博物館では体験できない難しいものにもぜひチャレンジしてください。力学や重力の体験学習ができるカプラもおすすめですよ。


電気とエネルギーに関する展示は、体をたくさん動かせます。自分で発電のできる装置がたくさんありますよ。おなじみの自転車こぎ発電やジョギング発電、手回し発電などのほかに、水力発電なども置かれています。発電のコーナーでの見どころは大型の展示。鉄塔など迫力ある展示は、ぜひ見ておきましょう。


科学博物館のロビーもほかの場所とは一味違います。描かれている絵は偏光ガラスが用いられており、日本初のロボットである学天則も展示されているのです。科学館の外側でもだまし絵が飾られていて、思わず立ち止まって鑑賞している人も多く見られます。

隣には国立国際美術館

現代美術を中心に扱う美術館


国立国際美術館の外観はユニークで、街のランドマークと呼ぶに相応しいもの。大阪府吹田市の万博記念公園に設立された美術館が前身です。第二次世界大戦より後に制作された国内外の現代美術品を中心に展示しています。


企画展では現代美術以外も扱ったり、子供向けのガイドツアーを開催したりしています。常設展示は地下2階、企画展示は地下3階で行われているので両方行くのも良いでしょう。エントランスは地下1階ですが、ここにも建物と一体となっている作品があるので要注目です。

Address 〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55
Hours 10:00~17:00(入館は16:30まで)
Closed 月曜日(祝日の場合は翌日) 展示替えの為休館の場合有
Tel 06-6447-4680
Web http://www.nmao.go.jp/

大阪市立博物館周辺のグルメスポット

市立科学館の地下にあるナカノシマミューズ


休日のランチやおやつの時間には、人でいっぱいになるほどの人気を誇るレストラン。地下にあるにもかかわらず、多くの人が訪れます。テラス席も用意されているこのお店では、落ち着いた雰囲気で食事を楽しむ事が可能。市立科学館や国際美術館を訪れたなら、足を運んでみたいお店ですね。

モンシェールで堂島の名物、堂島ロールを


堂島ロールは全国的に有名な生クリームたっぷりのロールケーキ。大人気店のモンシェールの本店は、堂島に位置します。堂島ロールは一般的な渦巻き状ではなく一巻きで作られており、まさにクリームを味わうためのケーキです。生乳の美味しさをそのままに感じられる最高のクリーム、というお店のこだわりを凝縮した一品。

Address 〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-2
Hours (月〜土)9:00-20:00 (日・祝)9:00-19:00
Closed なし
Tel 06-6136-8003
Web http://www.mon-cher.com/

大阪市立科学館へのアクセス



電車でのアクセス

Osaka Metroの四ツ橋線を利用する際には、肥後橋駅で下車し徒歩10分で到着です。JRでは、大阪環状線の福島駅、東西線の新福島駅、阪神線の福島駅より徒歩10分で行く事ができます。また、京阪中之島線では渡辺橋駅から徒歩5分のところに位置しているので、都合に合わせた路線を使ってください。

Address 〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1
Hours 9:30-17:00
Closed 月曜日(休日の場合は開館し、翌平日に休館)ほか
Tel 06-6444-5656
Web http://www.sci-museum.jp/

まとめ


市立科学館は、プラネタリウムと多種多様な体験型展示で子供から大人まで楽しめる人気の施設。科学音痴から科学に詳しい人まで、どんな人でも幅広く興味を惹かれる事でしょう。日本初、東洋初の機械やロボットなども展示されているので、この機会にぜひご覧ください。