パムッカレの石灰棚で爽快足湯体験をしてみよう!

トラベルパートナー: Miya

千葉県出身のMiyaです。一人旅が大好きで、東南アジアやオーストラリアなどによくバックパッカー旅行をしていました。特にきれいな海でのんびりするのが好きです。旅行会社で添乗員をしていた時期もあるので、国内バスツアーに添乗したり、世界各地を飛び回って添乗していました。また旅に出たいです。

パムッカレの真っ白に広がる石灰棚は、今も絶景です!

・ここに序文を記載してください

パムッカレってどんなところ?

・パムッカレは綿の城という意味。もともとここは綿の名産地だった。遠くから見ると、石灰棚が白くて綿の城のように見えるから、名前がつけられたという説もある。

・温泉水に含まれる石灰華が長い年月をかけて固まって、今のような面白い地形になった。

・最近は、遠くから全体を見るよりも、近くに行って、温泉水が多い一部分を見たほうがきれい。

青空を反射して青っぽく光る美しい石灰棚

・パムッカレとヒエラポリスの遺跡をあわせて、世界遺産に登録されている。しかも珍しい文化遺産と自然遺産を合わせた世界複合遺産。

・現在は泳ぐほどの水量はないが、靴を脱いで足湯はできる。足湯をしながら肌で感じる世界遺産体験ができる。

・横に2.6キロ、縦に300メートルの広大な石灰棚が広がっている。濃度の濃い炭酸塩と、石灰を含んだ約35度の温泉水が湧き出し、長い年月をかけて美しい景色を作り出している。

 

昔は温泉が豊富に湧き出していた!

https://www.instagram.com/p/Bu006WiHoAo/

・昔は水着を着て泳いでいる人がたくさんいるくらいの豊富な湯量があったが、残念ながら年々水が少なくなってきている

・現在は水量を調整して流しているので、ほとんど乾いているところもあるが、一部湯量が豊富に流れている石灰棚もある

・ふもとのカラハユット村のホテルに温泉を供給しているのが、湯量不足の原因らしい。リゾートホテルがたくさんあり、温泉やプールに入ることができる。

 

せっかくなのでぜひ足湯をしてみよう!

足湯体験の注意事項

・石灰棚に入る場合、靴を脱いで入らなければならない。靴を脱いだら入れるビニール袋を持っていくと便利。

・足元がつるつるして滑りやすいので注意。湯が温かい所もあるが、流れているうちにだんだん冷えてくるので、冬は結構冷たく感じる事もある。

・湯が流れて石灰棚ができて固まっているので、地面に波の形ができていて、足のマッサージにちょうどいい感じ。痛いと感じる人もいるかも。

石灰を近くで見ると面白い形

・炭酸カルシウムを含んだ温泉水が山肌を流れ落ちたことによって、自然にできた大変美しい景観。

・触ってみると結構堅い。太陽の光が当たるとキラキラ輝いて美しい。最近は水が減って茶色く汚くがっかりなどと言われているが、広い石灰棚のうち、きれいなところは思ったよりきれい。

・現在は景観保護のため、一部入場できない所もある。湯量を調整したりして、美しいパムッカレを取り戻そうと努力している。

ヒエラポリスの遺跡がすぐ横にあり温泉と遺跡の絶景を楽しめる

https://www.instagram.com/p/Buqo6yolhVy/

・すぐそばのヒエラポリスの遺跡は、紀元前190年にペルガモン王国の都市として建設されたもの。

・時間があれば、ゆっくりヒエラポリスの遺跡も散策しましょう。石灰棚周辺は公園のように整備されていて散策路があり、歩きやすい所が多い。

・ヒエラポリスの遺跡の奥の方まで行くと、草っ原が広がり、石がゴロゴロしていて歩きにくい所もある。

遠くから石灰棚を見ると雪山のよう

https://www.instagram.com/p/BwZqZJ2Bq4H/

・真っ白な雪の壁に見えるが、近づいていくと石灰棚だとということがわかる。とても不思議な光景。

・ふもとの池には、鴨がたくさんいて、のんびりできる。パムッカレを下から一望できるスポット。

・このあたりから歩いて上に登ることもできるがかなり歩くので、車でパムッカレ入り口付近の駐車場に登って行ったほうが楽に行ける。

気球に乗ることもできる!

カッパドキアの気球が有名ですがパムッカレもきれい

・パムッカレでは気球に乗ることができる。

・風が強かったり、天気が悪い日は中止になってしまう。乗れたらラッキー。

・通常朝早く出発。前日までに申し込んでおくと、ホテルにピックアップのサービスにきてくれる。

気球に乗ってみるとこんなに美しい眺めが!

・上空から見下ろすと、また違った美しい景色を堪能できる。

・風が強く寒いことがあるので、温かい風よけの服を準備すること。

・簡単な朝の軽食(クッキーなど)も、気球会社が準備してくれることが多い。シャンパンが出てくる気球会社もあるよう。

朝焼けも夕焼けも美しい

https://www.instagram.com/p/Bwc4siQhw4I/

・朝焼け、夕焼けに染まるパムッカレも美しい。日中とは違った色合いを堪能できる。

・気球以外にも、パラグライダーに乗ることもできる。初心者でもタンデム飛行で運転してもらえますので簡単。

・景色をゆっくり見るなら気球が良いが、パラグライダーもとても気持ちよく空を飛ぶことができて良い。

パム サーマル ホテル(Pam Thermal Hotel Clinic & Spa)

View this post on Instagram

Термальный отель . @PamThermal Hotel Невероятно интересное и полезное место в Турции. В этом отеле мы провели ночь когда ездили на экскурсию в ПОМУККАЛЕ. Отель известен своими санаторными курортными оздоровительными процедурами! Горный воздух восхищаете своей прохладой и свежестью, термальный источник на территории отеля + 58 градусов, бьющий из под земли круглосуточно красноватого цвета, образует причудливые известковые образования, стекая по бортам бассейна образуя «сталактиты» а также бассейн с термальной водой, оставляют неизгладимое впечатление. Термо-минеральная лечебная вода, содержит магний, кальций, двуокись углерода, сульфат, двууглекислую соду, благотворна для лечения многих заболеваний. Меняли бассейны по температуре от меньшего к большему. Мазались глиной, плавали в белоснежно- молочном бассейне. Теперь здоровые, счастливые и помолодевшие движемся дальше по плану ?. . #помуккале #pamthermalhotel #pomukkale #здоровоетело #счастливаядуша

A post shared by Эля Лахмоткина т.89333202551 (@vira_ella) on

・パムッカレ近くには、たくさんのリゾートホテルがある

・温泉やプールやハマム(トルコ風呂)付きのホテルが多いので、トルコに旅行の際は水着と帽子を必ず持っていこう。

・日本の温泉とはちょっと違う雰囲気を楽しめる。旅の醍醐味。

住所| Karahayit Mahallesi 120. Saglik Sokak No:5/1, Karahayit 20190, Turkey
営業時間|チェックイン14:00 チェックアウト12:00
定休日|なし
電話|0 (258) 271 41 01
公式サイトはこちら

ドア サーマル ヘルス & スパ(Doğa Thermal Health & Spa)

大型リゾート温泉ホテル

・とても広くて、プールや野外温泉などがあるホテル。

・せっかくパムッカレまで来たからには、ホテルの温泉に入ってのんびりしてみるのも良い

・体に泥パックもできるので、お肌がきれいになるかも。

プール付きのリゾートホテルも多い

・暖かい季節には、プールに入ることができる。

・ハマムという、トルコ風呂がホテル内にあることも多い。サウナのようなところでアカスリ体験ができる。

・リゾート気分でのんびり滞在する人も多い。

食事も楽しみ!

・トルコ旅行は、食事も楽しみ。トルコ料理は世界三大料理の一つ。

・ホテルの食事は、ビュッフェスタイルの場合が多い。早く行かないと料理が少なくなってしまうことも多いため、早めに食事にいくこと。

・ケバブやムサカや、トルコ式のあま~いお菓子などを楽しもう。

住所| Karhayıt Mah. 147 Seyir Sokak No:9/1 PAMUKKALE 
営業時間|チェックイン14:00 チェックアウト12:00
定休日|なし
電話|08502550036
公式サイトはこちら

パムッカレへのアクセス

・トルコの首都イスタンブールから、パムッカレ近郊の町デニズリへ夜行バスがある。10時間~12時間程。Wi-Fi完備でTVモニターがあったりお菓子がサービスされたりするバスも有り快適。デニズリからパムッカレへはバスで30分。

・飛行機の場合はイスタンブール(アタトュルクまたはサビハ)空港からデニズリ(チャルダック)空港へ1時間程度。そこからバスやタクシーに乗り換えパムッカレへ移動。約一時間。

・飛行機の到着時間に合わせて、デニズリ行きのバスが出ている。ホテルに有料ピックアップを頼むこともできる。

住所| Unnamed Road, 20190 Pamukkale/Denizli Merkez/Denizli
営業時間|季節による
定休日|不定休 
電話|(0258)2722399
公式サイトはこちら

まとめ

・ここにまとめを記載してください。