安土城考古博物館は戦国ファン必見!近江の国の考古にふれて学ぼう

公開日:2019/4/18 更新日:2019/12/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sora
滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。
レストランのメニュー名がちょっとおもろい

安土城考古博物館は、近江や安土城址、織田信長を中心としたテーマを掲げた博物館。近江や安土城、信長に関するさまざまな資料の展示をしており、楽しく歴史を学ぶ事ができます。博物館のある公園も見どころいっぱい。ここでは、安土城考古博物館の見どころや楽しみ方、アクセス方法などについて解説します。

館内も周辺も近江の歴史がたくさん

近江風土記の丘(おうみふどきのおか)にある安土城考古博物館

安土城址と織田信長、近江の歴史をテーマとする博物館で、1992年に開館しました。近江風土記の丘公園の敷地内にあり、考古ファンにおすすめできる博物館です。研究施設もあるため、それぞれの時代について詳しく知る事が可能です。

博物館が建つ公園も必見

安土城址にできた歴史公園が近江風土記の丘。近江の歴史や文化をよりしっかりと感じるられるように安土城址の近くに誕生しました。公園の中心に建つのが安土城考古博物館です。城址や遺跡が保存されている近江風土記の丘では歴史ロマンが感じられますし、歴史ファンにはたまりません。

安土城と織田信長の資料も展示

博物館には安土城の城主であった織田信長に関する展示も。織田信長に関する資料や記録そのものが少ないため、展示している品は少ないものの、安土城や滋賀県から発掘されたものが展示されているため、当時の文化や生活にふれる事ができます。

安土城についてはまだまだ解明すべき事が多いので、今後新たな展示が増える楽しみもあります。

安土城考古博物館に行ってみよう

遺跡と古墳の展示、第1常設展示室

遺跡や古墳をメインとしているのが第1常設展示室。安土瓢箪山古墳や湖南遺跡などで発見された銅鐸、木製農工具、はにわといった品々を展示しています。戦国時代からの資料や書物なども充実しているので、滋賀県の歴史についても詳しく知る事ができます。

戦国時代の展示、第2常設展示室

安土城址、観音寺城址、安土城城主だった織田信長に関する展示がメインの第2常設展示室。安土城や観音寺城から出土された遺物、信長とその配下だった秀吉の関係文書など、戦国ファンにはたまらない展示も。マネキンや模型の展示もあるので、戦国武将の当時の姿、時代の様子をイメージしやすくなっています。

展示品をさわって当時を想像

長い槍が展示されていますが、これは織田信長や甲斐の武田、後北条などで使われていたというものです。実際に持って比べる事ができるという貴重な体験が可能。実際に持ってみるとかなりの重さである事が分かります。

槍は突く武器だと思われがちですが、実際の戦場では上から叩くように使っていたのだとか。古代の鏡や木製品、銅鐸の復元品などもさわる事ができます。



安土城考古博物館のイベント

歴史講座などのイベントを館内で実施する事があります。公式サイトに情報が載っているので、訪れる前にチェックしておきましょう。基本的に予約なしで参加できますが、人気のイベントだと満員になってしまい参加できない事も。50人くらい人が並ぶ事もあります。

ムエールレストランとミュージアムショップ

博物館の季節お茶会イベント

博物館内にはレストランもあります。小腹が空いた時にはこちらでお腹を満たしましょう。また、エントランスホールでは季節のお茶会イベントが行われる事もあり、こちらではお茶の文化について知る事が可能。予約は必要ありませんが、別途参加費が必要となります。先着順となっているので、できるだけ早く並ぶ事をおすすめします。

信長コーヒー・抹茶セット

金箔を飾った抹茶かコーヒー、あんこがのった白玉団子とお饅頭のセット。コーヒーにはモンスーン豆を使用しているのが特徴。インドでは幻の黄金コーヒーといわれており、珍しいコーヒーです。コーヒーや抹茶の苦みと甘いお菓子との組み合わせは抜群。満足度の高いセットといえるでしょう。

超美味で本格的な戦国合戦カレー

美味しいカレーメニューのラインナップも豊富。サマリンダカレーや北インド風カレー、欧風ビーフカレーなど専門店顔負けのメニューがそろっています。絶妙なとろみとコク、ほどよいスパイシーさが美味しさの秘密。じっくり煮込まれているのでとても美味しいです。

卵がのったオムライス風カレーは戦国合戦カレーというユニークなネーミング。訪れた記念にぜひ味わってみましょう。

近江牛も食べられる

滋賀県といえば近江牛が有名。せっかく滋賀観光に訪れたのなら近江牛も食べてみたくなります。実は、安土城考古博物館のレストランでも近江牛を食べる事が可能。

ただ、近江牛を使ったメニューはかなり人気があるので、売り切れになる事も珍しくありません。特にランチタイムだと難しいかもしれませんね。訪れるタイミングを見計らいましょう。

ミュージアムショップで歴史グッズを贈ろう

館内にはお土産を扱うショップもあるので、こちらも覗いてみましょう。織田信長や、彼が掲げていた天下布武の文字をあしらったグッズが中心。戦国好き、歴史ファンなら欲しくなるものがたくさんあります。

クールなデザインのオリジナルTシャツ、純銀のネックレスが人気のアイテム。オンラインで購入も可能ですが、在庫切れとなっている事が多いです。

安土城考古博物館ならここもおすすめ



織田信長が築いた安土城の城址

安土駅から徒歩25分ほどで行ける安土城址。安土城考古博物館からも徒歩で25分から30分ほどの距離です。焼失しているためお城そのものは残っていませんが、石垣は残されています。毎週月曜日が定休日となっているので、月曜以外の日に訪れるのがおすすめ。

Address 〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
Hours 8:30 am - 16:00 pm
Closed なし
Tel 0748-46-6594
Web http://www.azuchi-shiga.com/n-adutijyouato.htm

織田信長ファン必見、安土城天主信長の館

安土城考古博物館のすぐ隣に位置しています。そのため、博物館とあわせて訪れるのがおすすめ。安土城がどれだけ美しかったかを知る事ができますが、つくづく焼失してしまった事が惜しいと感じてしまいます。城址に行く前に訪れておくと、見学する時により楽しめるでしょう。

信長の館の復元された安土城天守閣

安土城の5階、6階を原寸大で再現した展示品があります。1992年のセビリア万国博覧会に出展した事もあるのだとか。朱塗りを施した5階、黒漆と金箔を使った6階の様子はとても煌びやか。どのようにしてこれほど贅を尽くした城を作ったのか気になります。現実の安土城址に行った時にいろいろ思いうかべてみましょう。

Address 〒521-1321 滋賀県近江八幡市安土町桑実寺800
Hours 9:00 am - 17:00 pm
Closed 毎週月曜日
Tel 0748-46-6512
Web http://www.azuchi-shiga.com/n-yakata.htm

安土城考古博物館へのアクセス

電車でのアクセス

電車で訪れる場合だと、最寄りとなるのはJR琵琶湖線の安土駅です。駅から徒歩25分ほどの道のり。安土駅では自転車のレンタルもできるので、歩くのが面倒という方は自転車を借りてみましょう。真夏の暑い日などは風を感じながら快適に目的地に到着できますよ。

車でのアクセス

安土駅から車を利用して10分ほどの道のりとなります。名神竜王ICからだと30分ほどの道のり。駐車場はかなり広いですし、駐車できないという事はまずないでしょう。ただ、人気のイベントが開催されている時は混雑する場合もあるので、訪れる前にスケジュールをチェックしておくとよいかもしれません。

Address 〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678
Hours 9:00 am - 17:00 pm
Closed 毎週月曜日
Tel 0748-46-2424
Web http://azuchi-museum.or.jp/

まとめ

歴史好き、戦国時代好きにとってはたまらない安土城考古博物館。さまざまな展示を見ているだけでもワクワクしてきますし、人気のイベントも開催されています。人気イベントがある日を狙って訪れるのもよいでしょう。

近くには安土城址もあるので、ぜひあわせて足を運んでください。博物館に訪れた時は、ぜひ館内のレストランで美味しいメニューも楽しんでくださいね。