日牟禮八幡宮は子育ての神様で有名!参拝方法や迫力のお祭りを紹介

公開日:2019/4/15 更新日:2019/12/27

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sora
滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。
参拝して幸せな家族を見つけようやないか

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)は、古くから近江商人に大切にされてきた滋賀県の神社です。日牟禮八幡宮のお参りのポイントやご利益、有名なお祭りについてまとめました。歩いてすぐのところにある八幡山ロープウェイなど、周辺のおすすめスポットについても紹介します。

日牟禮八幡宮はどんな神社

八幡山にある日牟禮八幡宮は、滋賀県近江八幡市の神社です。1000年以上の古い歴史のある神社で、多くの人に親しまれ大事に信仰されていました。

日牟禮八幡宮とは

滋賀県近江八幡市の八幡山にある日牟禮八幡宮は、平安時代に建てられたといわれている神社です。誉田別尊(ほんたわけのみこと)・息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・比売神(ひめかみ)の三神を祭神としています。

日牟禮八幡宮は古い時代から大事に信仰されていて、参拝に訪れる人が途切れることはないほど。平日や悪天候でも参拝客が訪れています。

日牟禮八幡宮の古い歴史

日牟禮八幡宮は1000年以上に渡る古く長い歴史を誇る神社です。現在の日牟禮八幡宮は下の八幡宮と呼ばれ、もともとは上下に社殿を構えた神社でした。

豊臣秀次が八幡城を建てるまでは上の八幡宮もあり、八幡山から日杉山に替地して祀る予定がありました。ところが文禄4年(1595年)豊臣秀次が死亡した事で神社が建てられる事はなく一社のみになったという経緯があります。

日牟禮八幡宮にお参りにいこう

日牟禮八幡宮はパワースポットとしても有名で、子育ての神様としても知られています。家内安全や商売繁盛のご利益もある日牟禮八幡宮でお参りのあとは、御朱印を頂いて帰るのがおすすめです。

本殿の参拝にいこう

日牟禮八幡宮は近江商人の発祥の地といわれている八幡掘を渡った先にあります。楼門を抜けると立派な本殿が見えてきます。日本古来の雰囲気は神聖。元旦やお祭りの日以外ならば、比較的ゆっくりとお参りができるでしょう。日牟禮八幡宮境内にある馬の銅像や金の鳩にも注目です。

本殿といっしょに18柱の神様にも参拝しよう

日牟禮八幡宮本殿の左右には、小さな境内社が並んでいます。18柱の神様が祀られていて、右側には大島神社・繁元稲荷神社・八坂神社・恵比須神社の4社が並んでいます。左側には岩戸神社・天満宮・常磐神社・宮比神社の4社が並んでいて、全部で8社。本殿でのお参りとあわせて、こちらも忘れずにお参りを。

お参りが終わったら御朱印をいただこう

本殿と境内社のお参りを済ませたら、日牟禮八幡宮の御朱印を頂くと良いでしょう。御朱印は境内左側にある社頭授与所で書いて頂けます。御朱印帳を持っていない人も、こちらで御朱印帳を購入する事ができます。

パワースポットとしても有名な日牟禮八幡宮

日牟禮八幡宮は若い世代を中心にパワースポットとしても人気のスポット。境内にはご神木をはじめ大きな木があり、神社や木のエネルギーを全身で受け止める事ができます。おいしい空気をたくさん吸い込んで、清々しい気持ちになれる場所です。



日牟禮八幡宮はどんなご利益があるの

日牟禮八幡宮は子育ての神様としても有名で、縁結び・家内安全・子宝・安産・学問成就・無病息災といったご利益もあります。また商売繁盛や出世といった商売人のご利益もある事から、古くから近江商人の信仰を集めています。幸せな家庭を願う人や、商売をしている家族に特におすすめの神社。

にぎやかな日牟禮八幡宮のお祭り

大がかりでにぎやかな祭りでも知られる日牟禮八幡宮。織田信長に由来する左義長まつりや八幡まつりは迫力満点のお祭りです。

町を渡る左義長まつり

毎年3月になると開催されるお祭りは左義長まつりといって火をともした松明を持って町をめぐる火除けのお祭りとして有名。化粧をした男性が女装をし、拍子木を持って「チョウヤレ、ヤレヤレ」と声を掛け合い踊ります。お祭りらしいにぎやかさと迫力があり、多くの人を魅了します。

左義長まつりは織田信長と関係あり

毎年開催される左義長まつりは、織田信長が安土城下で毎年お正月に催していたお祭りが発端といわれています。現在の左義長まつりで踊り子が女装をするのも、異粧華美な格好で踊る織田信長の盛大なお祭りに由来。個性的で知られる織田信長は派手好きな戦国武将でもあったため、お祭りひとつとっても盛大だったのですね。

春の夜空へ燃え光る八幡まつり

日牟禮八幡宮で毎年4月に開催されるのが八幡まつり。別名・太鼓祭ともいわれ、独特の打ち方が伝承されている太鼓のリズムにあわせて合計30本以上の松明に火がつけられます。松明はたくさんの花火とともに派手に燃えあがり、春の夜空を焦がします。燃えあがる炎の様子は雄大で、思わず歓声が上がるほど。

日牟禮八幡宮周辺のおすすめスポット

城跡と絶景が楽しめる八幡山ロープウェイ

日牟禮八幡宮から歩いてすぐのところにロープウェイがあります。八幡城跡がある八幡山までは、ロープウェイで約4分。ロープウェイを利用すれば、豊臣秀次が建てた八幡山城跡や織田信長が建てた安土城跡を見ることができます。有料ではありますが安土城跡は観光名所としても有名なので、一度は訪れてみる価値ありです。

八幡山ロープウェイはデートにもおすすめ

恋人の聖地サテライトに認定された八幡山は、プロポーズや記念撮影におすすめのスポットです。山頂に到着しロープウェイを降りると、大きなLOVEのオブジェが出迎えてくれます。

ほかにも、ハートのオブジェがあるベンチで撮影したり、八幡山展望館内の売店でえんむすび瓦を買ったりとデートにも最適。えんむすび瓦はお願い事を書いて吊るす事もできます。



屋形船に乗って八幡堀を観光しよう

近江商人の発祥の地・日牟禮八幡宮に訪れたなら、八幡堀観光も忘れずに行きたいところです。観光は徒歩のほかに、屋形船に乗る事もできます。いつもと違う視点で近江商人が暮らす町並みを観光し、普段できない経験をしましょう。優しい空気を感じられる場所で、静かに観光を楽しめるスポットです。

Address 〒523-0837 滋賀県近江八幡市大杉町
Hours 24時間営業
Closed なし
Tel 0748-33-6061(近江八幡駅北口観光案内所)
Web https://www.omi8.com/

食べ歩きながらのんびり八幡堀観光

屋形船でのんびりと揺られたあとは、食べ歩きでお腹を満たしましょう。八幡堀の町中には複数の飲食店が並びます。近江の極上食材を使った絶品料理や、近江牛のコロッケ・肉まんなどご当地グルメが堪能できますよ。

食べ歩きをしながら、のんびりと町並みを観光するのも良い時間です。八幡堀の川を眺めながら食べるランチもおすすめ。穏やかな風を感じながら周辺を散策しましょう。

たねや近江八幡日牟禮ヴィレッジはつぶら餅が大人気

たねやは地元住民をはじめ、滋賀県外の人からも有名な和菓子店です。日牟禮ヴィレッジ店ではつぶら餅が名物で、こちらはコロコロしたたこ焼きみたいな丸いフォルムがかわいいと大人気。

お店は日牟禮八幡宮から徒歩2分の距離にあり、日牟禮八幡宮参拝や八幡堀、八幡山ロープウェイを利用したあとに近江八幡のお土産として買って帰るのにぴったりです。

Address 〒523-8558 滋賀県近江八幡市宮内町
Hours 9:00 am - 18:00 pm
Closed なし
Tel 0748-33-4444
Web https://taneya.jp/shop/shiga_himure.html

日牟禮八幡宮へのアクセス

電車・バスでのアクセス

日牟禮八幡宮へ電車で行く場合は、JR琵琶湖線・近江鉄道の近江八幡駅を利用します。そのあと、長命寺行きの近江鉄道バスに乗り、大杉町まで約10分乗車します。大杉町からは徒歩1分ほど歩いて、すぐに到着。

車でのアクセス

最寄りのインターチェンジは名神高速道路・竜王インターチェンジとなります。竜王インターチェンジから国道8号線に降りて、約30分ほどで日牟禮八幡宮に到着します。

駐車場は日牟禮八幡宮の鳥居・八幡山ロープウェイ乗り場・日牟禮ヴィレッジの駐車場に無料で停める事が可能。

Address 〒523-0828 滋賀県近江八幡市宮内町257
Hours なし
Closed なし
Tel 0748-32-3151
Web http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/

まとめ

日牟禮八幡宮は家内安全をはじめ、縁結び・子宝・安産・学問成就・無病息災・商売繁盛・出世といった、たくさんのご利益がある神社。パワースポットとしても人気で、たくさんの人が参拝に訪れています。

日牟禮八幡宮のお参りあとには、八幡堀などで観光やグルメを楽しむ事もできますよ。日牟禮八幡宮に参拝にきたら、あわせて八幡観光も楽しみましょう。