アストリアはNY郊外の高級住宅地!摩天楼に見守られて

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: meal

愛知県出身。大学生で世界一周し同時にNYでのインターンとオーストラリアでのワーキングホリデーも経験しました。得意なエリアは関西とヨーロッパで、好きなことは写真と旅行に行く予定の場がロケ地になっている映画を見ることです。

静かな高級住宅街がNYにもある

世界への夢を抱く人であれば、誰もが憧れる大都市ニューヨーク。多くの国々から人々が集まり、多種多様な文化や習慣にあふれる街でしょう。文字どおり世界を股にかけて活躍し、駆け回るビジネスマンの姿。しかしそのような喧騒の街はずれに、閑静な高級住宅街アストリアはあります。さあ、コーヒーの香りに誘われて行きましょう。

アストリアは大都市ニューヨークのどこにあるのか

ニューヨーク郊外のお洒落な住宅地

アストリアがあるのはニューヨーク市クイーンズ区。市内で最も東に位置し、ブルックリン区に次ぐ2番目の約232万人が住みます。世界各国から人々が集まるニューヨークですが、ここはアメリカ国内で最も民族多様性豊かな地域なのです。その北に開けた高級住宅街こそアストリア。ここはとりわけ国際色豊かで特にギリシャ系人が多く、ギリシャレストランや食材店が多いでしょう。

また治安の良さも有名で、ここに住んでみたいと思われる憧れの街。中心部のマンハッタンからは、地下鉄で約20分の距離です。そしてこの街に入ればコーヒーの香りがいっぱい。ニューヨーク1番の高級豆を提供するカフェが多く、思わず入ってみたくなるに違いありません。

イーストリバーの向こうに連なる摩天楼、誰もが1度は見てみたい景色ですね。ここアストリアはニューヨーク郊外にありながら、マンハッタンが最も美しく眺められる場所。高級でお洒落なカフェが建ち並び、ほっと一息落ち着ける公園もあります。ギリシャ系人の他に日本人も多く、ヨーロッパ風に日本風レストランやマーケットに出会えるでしょう。

アストリアにはおすすめ観光スポットが数多く存在

クイーンズ区最古の歴史ある教会

敬虔なキリスト教徒が祈りを捧げる、ここセントジョージ教会。クイーンズ区では最古の教会として知られ、中に入れば荘重な空気に包まれるでしょう。アストリアではセントアイリーン教会と共に代表的な存在で、毎週日曜日にはミサが行われています。

住所|〒11102 14-02 27th Ave, Astoria, NY アメリカ合衆国
営業時間|イベントによる
定休日|不定休
電話|+1 718-721-5154
公式サイトはこちら

憧れのニューヨークで映像を手掛けたい

ここはミュージアム・オブ・ザ・ムービング・イメージ。クリエイターにはおすすめの映像ミュージアムです。アニメーションの基礎、いわゆるパラパラ漫画用カメラに撮影機の数々。関心のある方は夢中になってしまうでしょう。しかも憧れのニューヨークで、アニメ作りが体験できるのです。

当ミュージアムはアメリカ最古の映像制作会社、アストリアスタジオの跡地を利用し建てられました。1988年当初はアメリカ映画博物館でしたが、2011年にリニューアルし現在に至ります。体験型展示やコーナーが多く、時間を忘れる心地よい空間でしょう。

住所|〒11106 36-01 35th Ave, Astoria, NY アメリカ合衆国
営業時間|10:30-18:00
定休日|不定休
電話|+1 718-777-6800
公式サイトはこちら

ニューヨークで味わう至福の一杯

ニューヨークですっきりとした喉越しを味わいたいなら、ここシングルカット・ビアスミス。クラフトビール蒸留所にパブが併設されており、樽を見ながらビールが飲めるのです。ガイドツアーも開催され一般の参加も可能。ただ駅から少し遠距離なので、雨天時には傘が必携でしょう。

ビールを飲むならば何かつまみたくなりますが、フードメニューの用意は少量。お腹に足りなければ、あらかじめデリ(小型スーパー)で何か買う事をおすすめします。初心者ならばスタッフさんが適当なビールを薦めてくれ、複数の試飲も可能でしょう。この付近は夜の人通りが少なく不安、1人での外出は極力避けるべきです。

住所|〒11105 19-33 37th St, Astoria, NY アメリカ合衆国
営業時間|11:00-21:00
定休日|不定休
電話|+1 718-606-0788
公式サイトはこちら

アストリアに来たならばお洒落なカフェめぐりを

香ばしい焼きたてパンにケーキならここ

ここからはアストリアの代表的カフェをご紹介しましょう。クイーンズカフェはコーヒーはもちろんスイーツが充実、甘さ控えめクリームたっぷりのケーキバーが人気です。また香ばしい焼きたてパンも食欲をそそり、サクサクした大きなクロワッサンはおすすめですよ。道路側に面した席はほぼ全面ガラス張り、晴天時には店内が明るく開放感いっぱいでしょう。

またこちらはプアオーバー(上から注ぐ)という、貴重なコーヒーの淹れ方を実践するカフェです。席によってはコンセントがあり、ノマドワークに打ち込む人の姿も。英語に自信がなくてもスタッフさんが、Wi-Fiの使用方法などを案内してくれたり何かと親切でしょう。ここに来ればあなたもニューヨーカーになれますよ。

住所|〒11105 22-35 31st St, Long Island City, NY アメリカ合衆国
営業時間|
定休日|不定休
電話|+1 718-571-9130
公式サイト|なし

ペットとの散歩で気軽に立ち寄りたい

ここはインフィニティーニューヨーク、何とドッグフードがフリーで用意してあります。駅に向かうビジネスマンに加え、犬の散歩中に立ち寄った人が、コーヒーのテイクアウトをしているでしょう。隣接するブルックリン区の人気店、デボーションのコーヒー豆を使用していますよ。

住所|〒11102 2309 Astoria Blvd, Astoria, NY アメリカ合衆国
営業時間|8:00-18:00
定休日|不定休
電話|+1 718-777-0698
公式サイトはこちら

ニューヨーカーに絶大人気の高級コーヒー

ハイアーグラウンズアストリアは、この地区で最も賑わいを見せます。こちらでは4種類のドラフトコーヒーが用意され、希望すればスタッフさんが試飲させてくれるでしょう。ブラックが少し苦手という方は、申し出れば甘いドラフトラテも提供可能。当店ではニューヨーク最大人気コーヒーショップ、ラコロンブの高級豆を採用しているのです。

クッション付きの座席ほとんどにコンセントが設置してあり、ノマドワークには最適でしょう。ただしフードと言えばパン類やブラウニー(小型のチョコレートケーキ)などの軽食です。また店内では不定期で、弾き語りのミニコンサートが開催されています。同店の公式サイトにて検索できますよ。

住所|〒11102 25-11 Astoria Blvd, Astora, NY
営業時間|6:00-
定休日|不定休
電話|(718) 806-1391
公式サイトはこちら

アットホームな雰囲気を味わうならここ

その名を冠した、まさにアストリアを代表するカフェ。店内はこちらも明るく開放的で、冬期限定のアップルサイダーが好評です。ただコンセントは壁際席のみ、ノマドワークにはやや不向きかもしれません。最寄りの地下鉄駅からは角を1度曲がるだけ、大変わかりやすい場所でしょう。

コーヒー豆も食材も最高レベルの店から入荷しており、とてもこだわりの強いカフェでしょう。またグッズにも趣向が凝らされ、店名ロゴマークをデザインしたカップはユニーク。常連さんとスタッフさんが親しげに話していたりと、アットホーム感があふれています。
住所|〒11102 30-04 30TH ST ASTORIA, NY,
営業時間|7:00-20:00
定休日|不定休
電話|なし
公式サイトはこちら

アストリアへのアクセス

飛行機での行き方

日本からニューヨークへは成田に羽田、さらには名古屋に大阪の各空港から直行便が出ています。JFK空港までいずれも約13時間前後のフライト。またパリからは約8時間弱のフライトで、ヨーロッパからもアクセス可能です。

電車での行き方

アストリアへはニューヨーク市地下鉄BMTアストリア線に乗車。終点のアストリア・ディトマース・ブールバード駅で降車が最適でしょう。

まとめ

世界の首都と呼ばれるにふさわしく、多種多様な人々が集うニューヨーク。アストリアは閑静な郊外でありながら、中心街マンハッタンから短時間でアクセス可能です。コーヒーの香りに誘われれば、誰もが心落ち着けるでしょう。巨大な摩天楼を望みつつ過ごせば、きっとまたアストリアへ行きたくなります。