房総フラワーラインは綺麗な花を観賞できるドライブスポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Fuzuki

千葉県出身。主に国内のお出かけスポットや観光スポットが得意です。メインは千葉県、東京都、神奈川県などの関東地方とよく訪れる宮崎県です。他にも国内であれば多くの観光スポットに訪れます。旅行は家族と訪れることが多く、博物館や歴史に関するスポットを巡るのが好きです。家族や友達と楽しめるスポットを中心にご紹介できればと思っています。

房総フラワーラインは46kmにわたる長いドライブロードだよ!

千葉県の房総半島にある房総フラワーラインは、美しい花と景色が楽しめる整備されたドライブ道路です。海も近く、観光地も多数点在しているため、走りそのものとともに、房総半島の魅力を存分に楽しめます。それでは、おすすめの場所や季節などをご紹介していきます。

美しい花が魅力の房総フラワーライン

館山の海沿いにある房総フラワーラインは、館山市から南房総市までを繋いだ46kmに渡る整備された道路です。約一時間という長い道のりを、海風を感じながらドライブできるため、高い人気のコースとなっています。また、季節によって異なる花が咲き誇るため、四季折々の花を楽しめる道としても有名です。

46kmにわたる海岸沿いのドライブロード

房総フラワーラインは、南房総市にある和田町から館山市の下町交差点まで続くドライブロードです。全長46kmもの道は、ドライブ好きが気持ち良く走れるその距離も魅力となっています。海沿いにあるので、相浜や白浜といった海岸に途中立ち寄る事もできます。

日本の道100選にも選ばれた道路

房総フラワーラインは、昭和61年に日本の道100選に認定されました。日本の道100選に選ばれた場所は、房総フラワーラインの中にある伊戸から相浜までの約6kmです。この辺りは観光スポットも多いエリアなため、ドライブがてら観光をしていく事もできます。

特に伊戸から相浜付近がおすすめ

伊戸から相浜までの6kmは、さまざまな花が季節ごと道路沿いに咲き誇るので、女性同士のドライブスポットとしても人気の場所です。特に美しいのが、風によって流れ込んでくる砂を防ぐために植えられた松林です。より美しい自然を演出していると評判となっています。この6kmの道沿いには平砂浦海岸が広がり、この平砂浦海岸も白砂青松100選に選ばれるなど、美しい海岸となっています。

晴れた日には富士山が見える事も

館山は知る人ぞ知る、富士山や伊豆諸島を関東から臨める穴場スポットです。その他の房総フラワーライン沿いでも、晴れた日になると海の向こう側に富士山が見えるときがあります。館山では通年を通して遠くによく見えますが、特に晴れた冬の日は、空気が澄んでいて見えやすくなっています。

季節の花々を楽しめる房総フラワーライン

房総フラワーラインはその名称の通り、旬の季節になるときれいな花々が咲き誇る道路です。道路沿いには花壇が設置され、時期ごとに観賞できる花が違うため、道路の雰囲気自体も変わっていくという魅力もあります。1月から早春にかけては、県花である菜の花が美しく咲き誇る時期となるので、特におすすめのシーズンです。

1月~2月頃までは千葉県の花 菜の花が見頃

この辺りでは毎年、早春と呼ばれる1月から2月頃になると、色鮮やかな黄色が自慢の菜の花が美しく咲きます。菜の花は千葉県の県花にも指定され、かわいらしい華やかさが特に魅力の花です。この時期、沿道には鮮やかなイエローカラーが風景に映えるため、華やかな雰囲気が広がります。

3月~5月頃まではノースポールが愛らしい

3月から5月にかけ、可憐なかわいさが魅力のノースポールが見頃を迎えます。白く小さなノースポールは、その小ささから愛らしい魅力を感じさせてくれます。華やかさは他の季節に比べて低いといわれますが、青い海の傍らで静かに咲く愛らしい花々はとても魅力的です。

夏もマリーゴールドが道路を華やかに彩る

View this post on Instagram

8月31日夏の終わり

A post shared by いしい  (@ishii8750) on

夏になると彩り豊かなマリーゴールドが咲き誇り、特に華やかなドライブスポットとなります。マリーゴールドの見頃は7月上旬から8月下旬頃で、この時期になるとカラフルな房総フラワーラインへと変化を遂げます。マリーゴールドの色はは一色だけでなく、オレンジや紫、黄色といった多くの色がきれいに配置され見事な景色です。

房総フラワーライン沿いは観光スポットも多し

房総フラワーライン沿いには、レジャー施設や寺社仏閣といった観光スポットがたくさんあります。この辺りには館山の食材を使用した料理を提供している宿泊施設も多く、観光スポットの拠点としても便利な場所です。そのため、ドライブを楽しみながらアクティビティを満喫したり、歴史にふれる事もできます。

自然とふれあえる 館山ファミリーパーク

房総フラワーライン上に位置するのが、犬の同伴が可能なレジャー施設 館山ファミリーパークです。園内には菜の花やポピーなどたくさんの花が咲き誇り、花摘みもできるスポットとして高い人気を集めています。また、園内の至る所にサンドアートがあります。サンドアートを屋外にて常設展示しているのは、日本国内でここだけです。

住所|〒294-0221 千葉県館山市布沼1210
営業時間|8:30~17:00(日によって9:00~16:00)
定休日|無休(天候により休園あり)
電話|0470-28-1110
公式サイトはこちら

1月上旬~5月上旬なら 館山いちご狩りセンター

毎年1月から5月のゴールデンウィーク頃にかけて営業しているのが、館山いちご狩りセンターです。紅ほっぺや章姫、さちのか、かおりのなど豊富なラインナップが自慢です。いちご狩りは営業時間内であればJA安房館野支店にて受付を済ませ、予約不要で参加する事ができます。

住所|〒294-0014 千葉県館山市山本257-3
営業時間|1月上旬~5月上旬の9:00~15:00
定休日|5月中旬~12月
電話|0470-22-3466
公式サイトはこちら

岩肌に刻まれた観音像が神秘的な大福寺

館山にある大福寺は約1300年の歴史がある、別名崖観音と呼ばれる有名な真言宗のお寺です。山の中腹に建立されたお寺は、遠くから見るとまるで宙に浮いているかのようにも見えます。本尊にある十一面観世音菩薩は、崖に直接彫られているという、国内でも非常に珍しく貴重な菩薩です。

住所|〒294-0056 千葉県館山市船形835
営業時間|8:00~17:00
定休日|年中無休
電話|0470-27-2247
公式サイトはこちら

金運のパワースポットとして有名な安房神社

パワースポットとしても有名な安房神社は、イヤシロチとしても人気のスポットです。ここでは自然のパワーを感じる事ができ、訪れるだけで心身共に軽くなるような気がすると話題となっています。また、日本三大金運神社の1つともいわれ金運に関する御利益が得られる信じられているため、神社には多くの人がお参りにやってきます。

住所|〒294-0233 千葉県館山市大神宮589番地
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0470-28-0034
公式サイトはこちら

富士見鳥居から見る景色が絶景の洲崎神社

洲崎神社の本殿は、市指定有形文化財に指定されており、古くから信仰されてる神社です。神社が位置している御手洗山も、美しい自然林が今も残る場所として県指定天然記念物になっています。境内の富士見鳥居から見える景色は絶景といわれ、特に夕陽が沈みゆく光景は必見です。

住所|〒294-0316 千葉県館山市州崎1344
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0470-33-2800
公式サイトはこちら

房総フラワーラインへのアクセス

車での行き方

富津館山道 富浦ICから市内を抜けていき、車で約30分ほど走ると房総フラワーラインの入り口へアクセスできます。

バスでの行き方

公共交通機関でアクセスする場合は、館山駅から安房神戸方面行きのバスに乗車し、相の浜バス停にて下車してください。約46kmもの長い道を、季節の花が美しく彩るドライブに最適な道です。

住所|〒294-0224 千葉県館山市
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0470-22-3606
公式サイトはこちら

まとめ

房総フラワーラインは、その名の通り季節の草花を存分に楽しめるドライブコースです。四季折々の一面に広がる花を楽しみながら、海沿いの風を感じる事ができます。花と海以外にも、館山ファミリーパークやいちご狩りなど、遊べるスポットもたくさんあるので、爽快なドライブと合わせて楽しんでいってください。