太地町立くじらの博物館でくじら博士に!珍しいくじらショーを観よう

公開日:2019/4/18 更新日:2020/1/6

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Maayu
子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。
くじらのことならくじらの博物館にまかいてよ!

太地町立くじらの博物館は、くじらを身近に感じる事ができる博物館として人気。くじらを専門とする博物館は世界的にも珍しいですし、スケールの大きさも相当なものです。珍しいクジラショーもあるので、ぜひ足を運んでほしいスポット。ここでは、太地町くじらの博物館の魅力や見どころなどについて徹底解説します。

太地町立くじらの博物館の魅力をご紹介

世界的な規模のくじらの博物館

太地町立くじらの博物館はくじら浜公園の中にあります。くじら専門の博物館としてはかなりスケールが大きく、世界でも類を見ません。くじらや捕鯨について学べるほか、くじらやイルカのショーを観る事も可能。くじらとのふれあい体験もできるなど、かなり充実した博物館です。

くじらは太地町の歴史に深いつながりがある

和歌山県にある太地町はくじらの街として有名。メディアで取り上げられる事も多く、全国的な知名度があります。捕鯨発祥の地でもあり、現在ではすっかり観光名所に。いたるところでくじらをモチーフにしたオブジェなどがあるので、ドライブも楽しめるでしょう。

くじらの博物館でくじらに詳しくなろう

入り口前には大きなシロナガスクジラが

博物館の入り口前にはシロナガスクジラの骨格標本が。世界で一番大きな動物といわれるシロナガスクジラの骨格標本は、とても迫力があります。これは実際に発見された本物で、博物館に入る前からワクワクした気持ちにさせてくれるでしょう。訪れた記念にぜひ写真は撮っておきましょう。

入口を入るとそこは吹き抜けのホールになっている

中央のホールは吹き抜けとなっていて開放的な空間。そこに大きな骨格標本を展示しています。ホッキョククジラやセミクジラ、シャチ、コククジラなど種類によって骨格が大きく異なる事にも気づくでしょう。大阪湾で発見されたクジラの標本など、国内でも貴重な資料も。

捕鯨の歴史についても学べる

館内はくじらの資料が充実。くじらについて詳しくなれるので、子供から大人までおすすめできます。400年のあいだ行ってきた捕鯨の歴史、方法などについても学べるような仕組みも。捕鯨に使用していた道具、捕鯨の様子を再現しているジオラマなどもあり、見ごたえが抜群です。

人間とくじらの関係について知ろう

セミクジラの大きさを再現した模型、捕鯨船の再現模型などが3階に展示されています。人がくじらとどのように関わってきたかを示す資料なども。模型はかなりリアリティを高めて造ってあり、どのように捕鯨をしてきたのかも分かりやすいです。

ミュージアムショップでグッズを購入

ミュージアムショップが館内の1階にあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。ここでは、イルカやくじらなどのアイテムを販売しています。ここでしか手に入れることができないアイテムもたくさんあるので、お土産を選ぶにもおすすめ。

くじら好きというわけでなくても、きっと気になるものが見つかるでしょう。子供用のグッズなどもあるので、観光の記念に購入しておきましょう。

海の生き物のショーが楽しめる



アットホームなイルカショーが楽しめる

博物館を出るとプールがありますが、ここでイルカのショーなどを楽しめます。ここのイルカたちはジャンプが大得意。高く宙を舞うイルカたちにきっと誰もが驚くはず。10分ほどのショーですが、1日に4回ほど行われているので何度でも楽しめますよ。

ショーのあとにイルカとふれあえる時間もあるので、イルカと遊ぶという貴重な体験も可能。

くじらのショーがおすすめ

博物館から出たところに海の中にあるプールがありますが、ここではくじらのショーを行っています。こちらも1日に4回ほど行っているので、何度でも楽しめるのがうれしいですね。くじらが大きな体を思いっきり跳ね上げてジャンプする様子は圧巻の一言。

くじらのショーというのはなかなか見る事ができないので、とても貴重な体験となる事でしょう。

ふれあいの浜辺ではクジラやイルカとふれあえる

ふれあいの浜辺には、ハナゴンドウやバンドウイルカなどが。エサやり体験ができるほか、ふれあう事もできます。受付は桟橋の手前でできるので、そこで申し込んでください。間近で可愛いイルカとふれあうと癒されますし、心が洗われるような気分になりますよ。

太地町立くじら博物館の周辺のおすすめの遊び方

太地くじら浜公園には捕鯨船が今も残っている

太地町くじら公園の中に博物館があります。博物館から公園に向かうと大きな船が見えてきますが、これはかつての捕鯨船で第一京丸という船。大きなくじらを捕るため、かなり大きな造りとなっています。

公園内はキレイに整備されていますし、芝生が広がる空間で思い思いの時間を過ごす事ができますよ。レンタサイクルもあるので、快適な空間の中でサイクリングも楽しめます。

Address 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町大字太地
Hours 施設によって異なる
Closed 施設によって異なる
Tel 0735-59-2400
Web http://www.town.taiji.wakayama.jp/sub01.html

ホエールウオッチングは人気のアクティビティ

くじらのホエールウォッチングが楽しめるのも太地町の魅力。とても人気のあるアクティビティなので要チェックです。春頃にくじらがやってきますが、運がよければイルカやくじらがジャンプする姿も見られるでしょう。カメラや双眼鏡は必須アイテム。

くじら浜海水浴場でクジラと一緒に泳ごう

くじらと一緒に泳ぐという貴重すぎる体験ができるくじら浜海水浴場。大人気のイベントで、毎年多くの人が集まります。すぐ近くをくじらが悠々と泳ぐ光景はとても不思議。あまりものくじらの大きさに驚いてしまうかもしれません。トレーナーがそばについているので、そのあたりは安心。

くじらと泳げるエリアは水深も深くなっているので、そこは注意してください。

Address 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地3767-1
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0735-59-2335
Web http://www.town.taiji.wakayama.jp/kankou/sub_02.html

美味しいご当地グルメをいただこう

食堂竹とんぼでリーズナブルにくじら料理を堪能

くじら博物館のすぐ前にあります。駐車場の隣にあるため、博物館へ行く前か帰りに立ち寄るのがいいですね。くじら料理を味わえるので、まだ食べた事がないという方はぜひ立ち寄ってみましょう。席での注文ではなく、券売機で食券を買うシステム。価格もリーズナブルなのはうれしいですね。

Address 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地2904-1
Hours AM10:00-PM16:00
Closed 毎週木曜日
Tel 0735-59-3157
Web なし


くじら家でくじらづくしの料理を味わおう

太地町なら新鮮なくじらを味わう事が可能。くじらの刺身という珍しいグルメも味わえますよ。くじらを専門とする料理店なので、くじらづくしの料理を味わいたいという方はぜひ足を運んでみましょう。竜田揚げやステーキなどもとても美味しいので、ぜひ味わってほしいです。

Address 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町常渡2902-115
Hours AM10:30-PM15:00
Closed 水曜・木曜
Tel 0735-59-2173
Web http://kujiraya.sakura.ne.jp/

太地町立くじらの博物館へのアクセス

車でのアクセス

車で訪れるのなら、紀伊自動車道のすさみ南ICから向かいます。周りの風景を楽しみながら、ドライブしつつ向かってください。

電車でのアクセス

JR太地駅が最寄りとなります。ここから循環バスに乗車し、くじら館前停留所で下車すれば目と鼻の先。

Address 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
Hours AM8:30-PM17:00
Closed 年中無休
Tel 0735-59-2400
Web http://www.kujirakan.jp/

まとめ

くじらの町として知られる太地町だからこそ、くじらに関するスポットやグルメが満載。くじらについてたくさん学ぶ事ができますし、くじらとふれあえるのもうれしいですね。新鮮でおいしいくじら料理が楽しめるのも、太地町ならではでしょう。ぜひ訪れてみてください。