盛岡市高松公園は春夏秋冬楽しめる公園!桜や白鳥を見に行こう

公開日:2019/5/7 更新日:2020/1/6

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Fujiko
出身地は岩手なので、岩手や青森などの東北をメインに書かせていただいてます。旅行でも特にドライブが好きで、思い立ったら1人でも行きます。今までは人物メインの写真が多かったのですが、これからは人物以外の写真もたくさん撮ろうと思っていますので、よろしくお願いいたします。
高松公園はふらっと行っても楽しむことが可能でがんす

岩手県の盛岡市に、多くの市民から愛される憩いの場所、高松公園があります。ここは、日本さくらの名所100選に選出された桜をはじめ、四季折々の自然に包まれた素敵な風景が広がる魅力たっぷりの公園。そんな高松公園の見どころをご紹介いたします。

盛岡市民に親しまれ続ける高松公園とは

江戸時代から続く高松の池が公園のはじまり

昔から湿地帯であった盛岡市内の上田地区。江戸時代に3段の堤防が作られ、その3段のうちの中堤1つが残り、高松公園の池となりました。その後、鷹狩りの場で松林が美しかった事で、たかまつと呼ばれ、次第に高松と親しまれるようになった事が名前の由来なのだそう。地元民からは高松の池として、広く親しまれています。

景色を見ながらゆっくりウォーキング

高松の池の周りの遊歩道は、約1.4キロメートル。ゆっくり歩いても約20分程度で回れるため、盛岡市内有数のランニング・散歩のコースとなっています。そしてこの遊歩道は、四季を感じるのにも最適。公園内で整備されている桜や牡丹、バラ等も見事に咲き誇っています。

高松公園から春日大明神までは、新奥の細道と称する約11.2キロメートルの散策ルートも。岩手山などを眺めながら歩くのもおすすめです。

盛岡の名所として作品にも登場

池の周りには、直木賞作家である浅田治郎氏の壬生義士伝(みぶぎしでん)を紹介する看板が立てられています。この壬生義士伝は、盛岡藩士であった吉村貫一郎が新選組に入隊して奮闘する作品。これまでに、ドラマや映画、漫画、舞台化などされてきました。

作品内に登場する高松の池は、主人公の妻が入水自殺を図ろうとした場所として書かれています。

たくさん停める事ができる駐車場

高松公園の近くには、入口付近に約70台停める事ができる大型駐車場と、池の周辺に数台の駐車場があります。桜まつりの期間中は混雑するので、少し遠いところにある旧競馬場エリアの大型駐車場や、エコアス広場北側の駐車場を利用するのがおすすめ。

桜まつり期間中は池を周回できる道路が歩行者専用道路となり、池周辺の駐車場は利用できないのでご注意ください。

高松公園で春夏秋冬を感じる

桜が美しく咲き乱れる春

日露戦争勝利の記念として1906年に植えられた高松公園の桜。1989年には日本さくらの名所100選に選出されました。ソメイヨシノやシダレザクラなど、池周辺には約1260本の桜が咲き誇り、毎年多くのお花見客でにぎわいます。桜まつりの期間中には、提灯によるライトアップで美しい夜桜を楽しむ事もできますよ。

復興のシンボルとして桜の札所が設定

東日本大震災の復興のシンボルとして掲げてられているのが桜。高松公園の桜も、東北6県の桜をPRする桜の札所・八十八ヵ所の1つとして認定されています。桜の札所・八十八ヵ所巡りと題したスタンプラリーでは、各県5ヵ所以上のスタンプを集める事で抽選に応募することが可能に。

お花見と復興が結び付き、さらにはスタンプラリーの応募で景品が当選するかもという一石二鳥な企画ですね。



寒々しい風景漂う湖面の冬

高松の池の冬の湖面は現在全面凍結する事がないため、氷上の利用は禁止されています。1958年には国体のスケート大会の会場となるほど全面が凍っていましたが、1978年頃から薄氷に。そして1984年からは白鳥への餌付けが始まり、スケートの名残はなくなってしまいました。現在は、白鳥が飛来する場所として人気を集めています。

飛来した白鳥を観察するのも楽しい

白鳥は10月末から3月下旬くらいまで多く集まり、ピーク時には600羽近くになる事も。寒い日が続くと池の一部に氷が張り、白鳥がその氷の上を歩くという不思議な光景を見る事ができます。優雅な白鳥の様子を撮影するため、カメラを持った人達も見受けられます。

高松公園の楽しみが増すポイント

腹減り鯉が群がるエサやり

池には大きな鯉たちが飼い慣らされています。特に西側で鯉へエサやりをする人が多いようです。パンなどのエサを池に投げ入れれば、一気に鯉が群がってくるので、その光景に若干恐怖を感じてしまうかも。パクパクと音をたて、口を開閉しながらエサをねだる鯉の姿は、なかなか迫力がありますよ。

鯉にエサをたくさんあげたいときは購入も可能

鯉のエサ用として、無人販売所や貸しボートの受付などでパンの切れ端が販売されています。有人の販売所で購入すれば、その日の池や鯉の状態などの情報を教えてもらえる事も。ただし野鳥(特に白鳥)への餌付けは、鳥インフルエンザの観点から禁止されているのでご注意ください。

デートにも最適な貸しボート

春から秋シーズンの間は、有料で手こぎボートや足こぎボートに乗る事ができます。ボート乗り場は2ヶ所あり、足こぎボートは定番のスワン型のほかパンダ型やヘリコプター型などの少し変わった形のボートもあります。桜まつり期間中は特ににぎわい、湖面からの桜を見るためにボートに乗る順番を待つ事もあるようです。

平和祈願のシンボルとして設置された銅像

池の北側にある平和記念像・望みは、終戦50周年にあたる1995年8月に建てられました。戦争を再び起こさない不戦を誓う平和のモニュメントとして、像の建設のため2万人を超える岩手県民の募金が集まったのです。望みのほかにも、大戦の犠牲となった御霊の鎮魂と世界平和を祈願して、1994年10月に建立された少女の像・ひまわりがあります。



公園内にあって厳かな雰囲気漂う祠

池の南岸には、櫻地蔵尊という旗が立つ桜霊閣(おうりょうかく)が。こじんまりとした祠ですが、地蔵尊のほかに狐や狸の像、お多福の面、天狗の面などが配置されています。地蔵尊は、高松の池の開発に貢献した方々への功徳と桜の霊を一緒に顕彰するため奉られているそうです。

食事をするなら高松公園近くの清鮨へ

メディアでも高評価の清鮨はおすすめ

高松公園近くには、雑誌などでもたびたび紹介される特盛り海鮮丼で有名な清鮨(きよずし)があります。明るい店内は、寿司屋ならではの敷居の高さを感じさせない雰囲気で、気軽に入店する事ができますよ。駐車場は店の道路を挟んだ反対側に2台分あるものの満車の事が多いため、公共交通機関で訪れるのが良いかもしれません。

ボリュームに圧倒される事間違いなしの海鮮丼

最も混雑するのはランチタイムで、多くの人のお目当てはタワーのように高く盛られた海鮮丼。新鮮なネタは1切れ1切れが大きく、具の種類も多い上にリーズナブルであるといううれしい一品。混雑していてもさほど待つ事なく海鮮丼が運ばれてくるため、回転率は高いようです。

Address 〒020-0114 岩手県盛岡市高松1-14-30
Hours 11:00〜14:00 16:30〜23:00
Closed 第1・3火曜日
Tel 019-662-6351
Web なし

高松公園へのアクセス

車でのアクセス

自動車を利用される場合は、東北自動車道の盛岡インターチェンジを下り、4号線に向かって進んでください。約15分で到着します。

バスでのアクセス

バスを利用される場合には、松園営業所行のバスに乗車し、高松の池口にて下車。そこから徒歩約1分で到着します。JR盛岡駅から松園営業所行へ乗車するためには、岩手県交通バス乗り場の11番線をご利用ください。

Address 〒020-0114 盛岡市高松一丁目26-1
Hours 常時
Closed なし
Tel 019-681-7879
Web http://takamatu-kouen.com

まとめ

1人でのウォーキングからデートや親子連れなど、さまざまな用途で楽しむ事ができる高松公園。春の桜から冬の白鳥観察まで四季折々の魅力もあって、盛岡市民に愛される憩いの場所となっています。桜まつり期間中は、名所として選定された桜を見るために多くの人も訪れる観光スポット。ぜひ一度足を運んでみてください。