人吉城跡は670年続いた相良氏の居城

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Koji

東京生まれの福岡育ち。九州中心に記事を書いてるトラベルパートナー。 ゆったり出来て、訪れた人が楽しく笑顔になれる場所を一人でこっそり探し、訪れた方に「楽しかった!もう一度行きたい!」って声を趣味としてます。少し変わった楽しみ方が出来る旅行が得意です。

桜の季節に訪れるのがよかばい

熊本県にある城といえばまず思い浮かぶのが熊本城。加藤清正公が築城した熊本城は観光名所として人気ですが、かつて相良氏の居城だった人吉城跡も日本百名城に認定されている名所です。春には桜の名所として賑わうスポットで、歴史ファンにとっても楽しめるスポットといえるでしょう。ここでは、人吉城跡の見どころや魅力、できることなどをご紹介します。

球磨川沿いの人吉城跡

人吉城跡は日本百名城に認定

人吉城跡は熊本県の人吉市にあります。城跡なので天守閣などは現存していませんが、周囲は公園として整備され歴史館などがあります。平山城で、相良城や織月城、三日月城などいくつもの異名を持つのも特徴。670年も続いた相良氏が居城とした城で、日本百名城にも選ばれています。

人吉城跡へ散策しながら向かう

JR人吉駅前でからくり時計の人吉城

JR人吉駅前広場には、お城の形を模したからくり時計のモニュメントがあります。決まった時間に作動し、相良の殿様物語が流れます。モニュメントは結構な大きさなので、少し離れて見ると見やすいでしょう。駅の隣には人吉観光案内所、人吉鉄道ミュージアムなどがあり、観光前の情報収集もしやすいです。

雄大な球磨川を眺めなら

球磨川に架かる水ノ手橋を徒歩でわたりながら城跡に向かいます。かつての石垣が残っているので、歴史ファンにはたまりません。ふるさと歴史の広場には人吉城歴史館があり、お城の歴史や概要などを学べます。球磨川ではラフティングや川下りのようなアクティビティも体験できるので、城跡を見学したあとはアクティビティも楽しんでみませんか。

人吉城跡ふるさと歴史の広場

広々とした公園広場はきちんと整備が行き届いています。復元された多門櫓、歴史館などが見どころです。敷地内の覆屋は大井戸遺構を休憩所として復元したもの。復元された多門櫓は無料で見学できますが、土日祝日の9~17時までとなっています。

日本百名城スタンプは人吉城歴史館

2005年にオープンした人吉城歴史館は、人吉城ふるさと歴史の広場の一角にあります。管理棟や展示棟、地下遺構覆屋で構成されており、史跡を案内するガイダンス施設として機能しています。かつて居城としていた相良氏関連の資料、城の立体模型などが展示され、有料で見学可能。

全国的に珍しい相良清兵衛の地下室

地下遺構は特殊な石造りとなっており、これは全国的にも珍しいものです。井戸がある地下室は世界的にも珍しいので、訪れるだけでも貴重な体験ができるでしょう。使用目的がよく分からないスペースなどがあり、とてもミステリアス。

住所|〒868-0051 熊本県人吉市麓町18-4
営業時間|AM9:00~PM17:00
定休日|毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12/28~1/4(年末年始)
電話|0966-22-2111
公式サイトはこちら

城に学ぶがテーマの館内で人吉城を学ぶ

人吉城の歴史についてまずは学びましょう。相良氏の刀剣や甲冑などを展示してあるので、歴史好きな方にはたまらない空間です。映像などを駆使して分かりやすい展示を心がけているため、大人だけでなく子供でも楽しめるでしょう。

人吉城跡をめぐる

別名繊月城などさまざまな呼び名を持つ人吉城

相良城や三日月城、織月城などいくつもの呼び名を持つのも人吉城の特徴です。35代670年ものあいだ栄華を誇った相良氏の居城であり、本丸などは残されていないもののかつての面影を見ることは可能。城跡で学びながら歴史探索ができるのは歴史ファンにとってたまらない時間でしょう。

人吉城の球磨川に面する水ノ手門跡

水ノ手門跡は球磨川を渡っていると見えてくる城壁の一部。川に面していた人吉城は水運のため、7つもの船着き場を設けていました。その中でも最大規模を誇ったのが水ノ手門です。この城門からさまざまなものが運び込まれました。

欧州の築城技術のはねだし工法の武者返し

北側の石垣にある武者返しもぜひ見学しておきたいポイント。かつては長櫓を石垣の上に構えていましたが、1862年の火事で焼失してしまいます。その後、櫓は復旧させずに石垣を高くし、武者返しという突出部を作りました。階段が武者返しの裏にあり、上からは当時の眺めを堪能できます。

桜の名所としても地元では賑わう

桜の名所としても大人気の人吉城跡。春になると敷地内の桜が見事に色づき、多くの花見客で賑わいを見せます。球磨川沿いや城内のほか、相良護国神社の参道付近がもっともキレイに桜を鑑賞できるポイント。写真撮影にもおすすめできます。芝生の城内はお花見をするには最適な環境なので、春に訪れたときにはぜひお花見も楽しんでください。

周囲で一緒に観光したいスポット

人吉城内にある相良護国神社

相良護国神社は城跡の一角に鎮座しています。桜の時期には鳥居から本殿に向かって写真を撮るのがおすすめ。宝物殿には相良氏関連の資料も収蔵されており、社務所で受付をすれば見学も可能です。城跡を一周する途中に立ち寄ってみましょう。

住所|〒868-0051 熊本県人吉市麓町35-1
営業時間|AM9:00~PM17:00
定休日|なし
電話|0966-22-3418
公式サイトはこちら

少し贅沢にランチは上村うなぎ屋

上村うなぎ屋は創業100年を超える老舗のお店。城跡の手前で営業しており、行列のできる人気店として知られています。注文をとってからうなぎを捌く本格的なお店で、うな丼は大中小の3サイズを用意。周囲には駐車場もいくつかあるので、込み合っていても利用しやすいです。

住所|〒868-0003 熊本県人吉市紺屋町129
営業時間|AM10:00~PM15:00、PM17:00~PM21:00
定休日|不定休
電話|0966-22-3312
公式サイトはこちら

国宝建築の青井阿蘇神社

青井阿蘇神社はJR人吉駅から徒歩5分ほどの場所にあり、おくんち祭りが開催されることでも有名です。楼門と拝殿は茅葺きが見事で、国宝にも指定。日常的に多くの参拝客で賑わいを見せます。隣の人吉温泉物産館では地元の食材を使った食事やお土産なども扱っています。

住所|〒868-0005 熊本県人吉市上青井町118
営業時間|AM8:30~PM17:00
定休日|なし
電話|0966-22-2274
公式サイトはこちら

球磨川沿いの人吉温泉

公衆浴場や旅館などが球磨川沿いにあります。清流山水花あゆの里はリゾート感もたっぷり味わえる温泉で、宿泊だけでなく日帰り入浴も可能です。蔵の湯殿は人吉城跡を眺めながら温泉に漬かれるため大人気。ぜひとも利用してみましょう。

住所|〒868-0004 熊本県人吉市九日町30
営業時間|入浴のみはAM11:00~PM14:00
定休日|なし
電話|0966-22-2171
公式サイトはこちら

人吉城跡へのアクセス

電車、徒歩での行き方

JR人吉駅が最寄りとなり、駅から徒歩約20分ほどの道のりです。周囲の風景を楽しみつつ、散策がてら目指しましょう。

車での行き方

九州自動車道の人吉ICで下り、そこから車で約10分ほどです。

住所|〒868-0051 熊本県人吉市麗町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0966-22-2324
公式サイトはこちら

まとめ

本丸や天守閣などは現存しない城跡ですが、かつての面影もしっかり残っているため歴史ファンにはたまらないスポットです。敷地内では四季折々の自然も楽しめるので、歴史に興味がない方でも楽しめるでしょう。