亀山城は光秀築城!宗教と緑から紐解く歴史の秘密を大公開

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅が母になってからのお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

隅々まで手入れが行き届いてて気持ちええ城址やで~

亀山城は亀岡市の中心部に位置するアクセス良好な城址です。明智光秀ゆかりのお城として全国的に有名で、現在は宗教法人の管理ですが、特段、通常のお城と変わりなく見学できますよ。

見どころは石垣やお堀跡で、緑豊かな散策ポイントもあります。歴史マニアや散歩好きにはたまらない亀岡城の魅力をいざ公開です!

亀山城は明智光秀築城の歴史転換の舞台裏

亀山城は戦国武将で名を馳せた明智光秀の築城で、君主織田信長を討つために本能寺へ出陣した、貴重な歴史変遷地点です。この歴史背景だけで亀山城に足を運びたくなる方はたくさんいるはず!

城は明治の廃城によって切り売りされたり、時の政府により破壊されたりと紆余曲折ありながらも、画像の天守石垣の下部1/3は当時のままに現存。

大正より、荒廃を嘆いた宗教法人大本(おほもと)の教祖である出口王仁三郎(おにざぶろう)によって城は管理されるようになり、現在も亀山城は大本の所有です。

大本によって復元された石垣メインの城跡ですが、そこかしこで当時の面影を発見できるので、歴史探訪の散策を楽しんでみましょう。

亀山城の見学受付は宗教法人大本のみろく会館

亀山城の見学には宗教法人大本のみろく会館で受付が必要です。みろく会館は駐車場正面の立派な建物で、入ってすぐ受付があります。スタッフの方が丁寧に対応してくれるので安心してくださいね。記帳すると説明を受けながらパンフレットをいただけます。

2階のギャラリーでは、大本の歴史を交えつつ亀山城の解説をパネルや模型、映像で展示しています。ギャラリーで知識を入れてから見学した方がより理解が深まるので、時間のある方はぜひ立ち寄ってみましょう。

亀山城の本丸エリアは大本の神域のため進入禁止

亀山城は宗教法人大本の所有で、本丸エリアは大本の神域とされいるので進入禁止。快く、しかも、無料で一般開放している大本への感謝を念頭におき節度もって見学しましょう。

当時の面影残る天守石垣は間近で見学可能

本丸跡は宗教法人大本の神域とされているので、立ち入ることはできません。注意書きの看板と竹のバリケードがあるので、間違えて進入する心配はないでしょう。当時の面影が残る天守石垣部分は自由に見学できるので安心してくださいね。

観光客の踏み入れ可能エリアを守ろう

見学できる本丸エリアの最奥手は、曲輪(くるわ)のような場所となっています。首のない石像や小安石・大安石という巨石が置かれているちょっと不思議空間です。

進入禁止を知らせるもう一方のエリアと同じく、足を踏み入れるとセンサーが感知し、警告音声が意外と大きなボリュームで流れますのでご注意を!観光されていた方が片足だけ踏み入れたようで、声が鳴り響く光景にたまたま遭遇したのでご報告です。

築城当時の空気をまとう亀山城の注目ポイント

亀山城の大きな見どころは天守石垣ですが、ほかにも見逃せないポイントがあります。築城当時を彷彿させる遺構がそこかしこに残っているのでくまなくチェックしてくださいね。

万祥池は当時の内堀

亀山城で最初に目にする遺構は、万祥池と呼ばれている内堀跡です。池となっているので、当時のようすを想像しやすいポイントでしょう。

石垣の上に見えるのが万祥殿で、石垣上の池に沿った部分を進んでいくと、小さな門をくぐって天守方面へ抜けられます。

内堀跡をテクテク

亀山城天守石垣へ向かうには、途中で右へ逸れて登っていくのですが、まっすぐ進みたくなる散策路があります。この散策路は内堀跡で二の丸と三の丸の境目です。

内堀跡では当時の状態を復元した石垣を見学できます。石垣の中には天下譜代の大名の彫刻が残っていますので、現地でぜひ探してみましょう。

当時の本丸入り口は2つ目の門

築城当時の本丸の入り口は現存しており、似たような門が2つ続く画像奥の門の位置です。そのコンパクトさに驚きますよ!少し勾配がありますが通路はキレイに舗装されているので歩きやすいです。

みろく会館で受付すると、橋を渡って万祥殿の横を通るよう道案内を受けます。大本の神殿である万祥殿敷地内の通過は少々ドキドキしますが、ひるむことなく突き進みましょう!ちなみに、私が出会った信者の方々は親切な方ばかりでしたよ。

井戸跡の石組みに注目

門をくぐって進んでいくと、正面の小高い場所に四角い石の塊を見つけます。17世紀の江戸時代以前からあるといわれている井戸で、注目すべきはその石組み!フックのような面白い加工をぜひ現地でチェックしてくださいね。

明智光秀は本能寺への出立前に、この井戸の水を飲んだかもしれません!井戸だけでドキドキできるのは私だけでしょうか?

何気ない自然の景色も亀山城を偲ばせるエリア

亀山城は緑広がる光景が美しく散策も楽しめます。何気ない光景の中にも当時を偲べるエリアがあるので、散策しながら先人に思いを馳せてみましょう。

雑木林は二の丸跡

建物が立ち並ぶ向かいの雑木林は、二の丸跡の土塁造りエリアで、手入れされた美しい光景が広がっています。石垣見学後、雑木林を眺めるルートで出口へ向かうのがおすすめです。

中の島から外堀のようすを伺える

中の島は当時、弾薬が収められていたエリアで、現在は植物園の一部として散策できます。堀に浮かぶようにして立地しているので小さな橋を渡って往来。堀に面した島の足元は、落ち葉が積み重なっているせいか人が通らないせいか、歩くとふかふかしていて感触が気持ちいいですよ。

亀山城址で里山の風情にふれてリラックス

亀山城址は豊かな自然が残されているので、天守石垣を観た後は散策を楽しみましょう。植物園やお堀周辺はノスタルジックな気分になれる里山の風景が残っています。植物だけでなく蝶や蜂などの生き物にも出会えますよ。

万葉集にも登場する植物観察を

亀山城址には花明山植物園があり、約1000種類もの野生植物を鑑賞できます。ヤマブキソウやヒメウツギなど、素朴で可憐な花や華やかなボタンなどが咲いていますよ。万葉集で詠われている植物もたくさん育てられています。

魅力は造りこまれていない雰囲気ですが、手入れはきちんとなされているので散策しやすいです。入場無料なのでお散歩がてら寄ってみましょう。

城址散策でヒーリング

植物園周辺は本丸跡の石垣近辺とは違った風景でタイムトリップできます。日陰の時間が多いようなエリアは、コケやシダなどの植物がより趣深さを強調し、亀山城址の歴史を感じさせてくれますよ。亀山城はメインの見学範囲が小さいので、外堀跡をはじめとした中の島エリアでの散策を楽しんでみましょう。

自然豊かな里山を楽しむ

亀山城の名残をとどめる中の島は、自然豊かな里山の風景が広がっています。程よく手入れされた草木や水辺では昔懐かしい気分に浸れるでしょう。

外堀跡へと続く小さな水路には小橋が架かっていて、渡る際はユラユラ揺れて楽しめます。光秀も散策したのかと思いを馳せられる妄想スポットです!

亀山城と一緒に訪れたい亀岡市のスポット

京都の奥座敷である亀岡市には歴史感じるスポットがたくさんあります。JR亀岡駅からバスでアクセスできるおすすめスポットをご紹介しますので、ぜひ足を運んでみましょう。亀山城と所縁をもつスポットもありますよ。

京都の名勝穴太寺(あなおうじ)

西国十一番札所でもある穴太寺は、庭園と涅槃像が魅力的な寺院で、亀山城築城にあたってお堂の建材を流用された歴史をもちます。

ご本尊の説話が今昔物語に取り上げられている背景により、古くから人々に寺を認知され、厚い信仰を集めていた穴応寺。別のご本尊である釈迦如来大涅槃像も有名で、諸病平癒のご利益がある「なで仏」です。病気を治したい箇所と同じ仏様の部位をなで、再度自身をなで返すと、仏様のご慈悲を受けられるとされています。

鍬山神社は紅葉の名所

桑山神社は紅葉の名所として地元で有名。創建1300年と歴史は古く、「亀岡祭」は丹波の祇園祭と呼ばれるほど。

紅葉シーズンの京都はどこもかしこも人で混雑しますが、鍬山神社は穴場でおすすめですよ。初夏のもみじも素晴らしいです!

亀山城へのアクセス

JR亀岡駅から徒歩約10分、京都縦貫自動車道から約10分の好アクセスに立地しています。宗教法人大本の無料駐車場を利用しましょう。

住所|〒621-0851 京都府亀岡市荒塚町内丸1
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0771-22-5561
公式サイトはこちら

まとめ

亀山城は宗教法人大本の所有という、全国でも珍しい管理状況ですが、歴史的に重要な遺構を無料で見学できるスポットです。周辺施設も整っており、築城だけでなく、荒廃と復元の歴史もわかりやすく学べるのが特徴的。

京都の奥座敷「亀岡市」へ旅したくなったら、ぜひ亀山城を行き先に加えて計画を立ててくださいね!