新宿中央公園は緑あふれる都会のオアシス。見どころと魅力をご紹介

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Nana

北海道出身・東京在住で、歴史を感じられる観光名所が大好き。本州をメインに一人旅をする事と、城や寺院など建築物を見る事が好きなので各名所の見どころや魅力を多くの方々にお届けできればと思っています。

お花見やイベントの開催など、新宿中央公園は楽しみがギュッと詰まったオアシス!

都会のオアシスといった表現がピッタリの新宿中央公園。都心のど真ん中にある公園なのに、園内には豊富な自然が残り癒しの空間が広がります。テレビドラマや映画のロケで使用される事もよくあるので、ご存じの方も多いかもしれませんね。ここでは、新宿中央公園の魅力や楽しみ方、アクセスの方法などをご紹介します。

新宿区立公園の中で最も広い新宿中央公園

高層ビル群の一角にある新宿中央公園

新宿中央公園は、西新宿の新宿高層ビル群の一角にあります。都心の中にあるオアシスとして多くの方から親しまれ、周辺のオフィスに働きに来ているビジネスマンにとってはおなじみの公園といえるでしょう。

非常に広大な敷地面積を誇っており、なんと8065平方メートルもあります。新宿区立公園の中ではもっとも広く、新宿御苑や戸山公園、明治神宮外苑に次ぐ面積を誇ります。

テレビドラマや映画の撮影で頻繁に登場

公園がオープンした当初より、さまざまなテレビドラマや映画のロケに使用されてきた経緯があります。現在でも頻繁に使われているので、見た事があるという方はきっと多いはずです。

太陽にほえろや帰ってきたウルトラマン、デジモンテイマーズといった有名な作品にも登場。新宿ナイアガラ滝とその前に広がる広場は公園のシンボルでもあり、こちらもドラマや映画でよく目にします。

元々熊野神社の敷地の一部だった

もともとは隣接する熊野神社の敷地の一部だった新宿中央公園。戦前にはコニカミノルタの工場敷地になっていたような歴史もあります。戦後に新宿副都心計画の一環で、ビジネスマンたちや地域の方の憩いの場とするために公園として整備されたのです。

子供たち向けの遊具やスポーツ施設もある

サラリーマンたちにとって憩いの場である新宿中央公園ですが、もちろん子供たちにとっての遊び場でもあります。子供用の遊具もあり、週末や休日にはたくさんの子供でにぎわいます。休日にはレジャーシートとお弁当を持って、ピクニックに訪れるファミリーも。

スポーツができるエリアもあり、幅広い年齢層の方から親しまれています。普段体を動かす機会が少ないという方はぜひおでかけの際に利用してみてはいかがでしょうか。

新宿中央公園に来たらココをチェック

新宿都心とは思えない癒しの緑


さまざまな魅力がある新宿中央公園ですが、最大の魅力は都心のど真ん中にある公園とは思えないほど自然が充実している点です。広大な敷地面積を誇り、その広さから、道路を走る車の音などもほとんど聞こえません。野鳥のさえずりに耳を傾けながら、ゆっくりと散策も楽しめるでしょう。

色鮮やかな花時計がお出迎え

新宿中央公園の入り口には華やかな花時計があります。赤や白、黄色、紫など色とりどりの花が公園へ訪れた人を出迎えてくれるでしょう。木々の緑があふれる新宿中央公園ですが、色とりどりの草花を眺められるのも楽しみの一つです。

丘の上に佇む旧淀橋浄水場六角堂

新宿中央公園には小高い丘がありますが、そこには六角形の白い建物が建っています。六角堂と呼ばれる建物で、かつてこの地が浄水場だったころに建てられたものなのだとか。見学者たちの説明を受ける場、職員たちが休憩をとるための場所として建てられたといわれています。

富士山が見えるという見晴台

六角堂の隣にある見晴台は、富士山が見えるといわれています。ただ、かつては富士山を望む事ができたのかもしれませんが、今では周りに高層の建築物も増えてしまい、富士を見ることは難しくなってしまいました。かつてはここから富士が見えた、という事を知れるスポットです。

ベンチや休憩所も多いので安心

敷地内の所々に、ベンチや休憩スペースがあります。新宿中央公園の敷地はかなり広いので、散策や遊びに疲れてしまったときには一休みしましょう。木々の緑と心地よい風に吹かれながら、極上のランチタイムを楽しむというのも良いですね。

イベントも数多く行われている

複数の広場がある新宿中央公園。水の広場や芝生広場などでは、さまざまなイベントも開催されています。水の広場では休日にフリーマーケットが開催される事もありますよ。イベントが行われるときにはたくさんの人でにぎわうので、そのタイミングで訪れるのもおすすめです。

写真撮影の場としても人気

豊富な自然が残っている新宿中央公園には、カメラを片手にやってくる方も少なくありません。自然の風景を撮影しようと訪れる方がたくさんいますし、実際敷地内で一生懸命撮影をしている人の姿を目にする事も。桜の名所としてもよく知られている場所なので、春には特にたくさんの人が訪れます。

新宿中央公園にある神社・施設にも注目

歴史と文化あふれる熊野神社

新宿十二社 熊野神社は新宿中央公園に隣接する形で建っています。こちらも緑あふれる神社となっており、都会の中のオアシス的な存在。中野長者と呼ばれていた鈴木九朗が、故郷の熊野三山から十二所権現を移して祀ったのが始まりです。

金運向上のご利益があるといわれており、敷地内で白い大蛇を見ると宝くじの高額当選が期待できるといわれています。

住所|〒160-0023  東京都新宿区西新宿2-11-2
営業時間|24時間(社務所は9:00~17:00)
定休日|なし
電話|03-3343-5521
公式サイトはこちら

イベントや講座も開催しているエコギャラリー新宿

新宿区立区民ギャラリーと新宿区立環境学習情報センターの複合施設。さまざまな斬新な取り組みも行っており、市民参画型の公共施設運営にチャレンジしている事でも知られています。楽しく環境について学ぶ事ができるイベント、講座が多いです。

住所|〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
営業時間|10:00~21:00
定休日|毎月第4月曜日、12月29日~1月3日
電話|03-3348-6277
公式サイトはこちら

誰でも利用できるフットサル施設

子供から大人まで利用できるフットサル施設があります。個人で利用する事はできず、事前に団体登録をしなくてはなりません。利用できる時間は9時から22時までとなっており、平日の仕事が終わってから楽しむという事も可能です。

住所|〒160-0023 東京都新宿区西新宿2丁目11番(新宿中央公園フットサル施設管理棟)
営業時間|9:00~22:00(窓口・電話は21:00まで)
定休日|12月29日~翌年1月3日
電話|03-5321-6237
公式サイトはこちら

新宿中央公園へのアクセス

電車・徒歩でのアクセス

都営大江戸線の都庁前駅が最寄りとなり、駅から徒歩約1分でアクセス可能。また、東京メトロ丸ノ内線の西新宿駅からも徒歩約5分ほどです。JRや小田急線、京王線の新宿駅からだと徒歩約10分ほど。

住所|〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-11
営業時間|なし
定休日|なし
電話|03-3342-4509
公式サイトはこちら

まとめ


都会の中にあるオアシス、新宿中央公園で都会の喧騒を忘れてのんびりしてみましょう。仕事のお昼休みに癒しをもらいに行くのもいいですね。観光で東京に訪れたとき、ちょっと疲れたなというときに訪れるのもおすすめです。