弥生美術館は個性的なセンスが光る美術館!近世の出版美術を堪能

公開日:2019/4/27 更新日:2020/1/6

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Kei
東京都出身。おもに東京から気軽に行ける場所を紹介。また、海が好きで、一年に一度は海のある場所へ旅行する。日本中の水族館に行くのが夢。美術館や博物館には一人で行きたいが、旅行は家族や友達と一緒に楽しみたい。
敷地内には竹久夢二美術館があって、一緒に鑑賞できるよ~

東京都文京区にある弥生美術館は、弁護士である鹿野琢見によって1984年に開館された美術館。個人が開館したので規模こそは大きくはありませんが、外観からも風情を感じます。展示内容は出版美術であり、ほかの美術館ではあまり見かけないものばかり。併設されている竹久夢二美術館も同時に見学すると、さらに楽しめるでしょう。

弥生美術館ってどんな美術館

出版美術を展示している美術館

明治・大正・昭和時代に渡っての出版美術や挿絵といったコレクションがある美術館。3階建てのこぢんまりとした美術館で、1階と2階では企画展を開催しており、3階では高畠華宵(たかばたけかしょう)の常設展示を行っています。竹久夢二美術館とは渡り廊下でつながっているため、両方の美術館の鑑賞ができます。

弥生美術館が開館するまでのいきさつ

弥生美術館は弁護士・鹿野琢見によって1984(昭和59)年に開館。鹿野琢見は少年時代、高畠華宵のさらば故郷という挿絵に深い感銘を受けた過去がありました。それから35年経ち、雑誌の記事を見て高畠華宵の居場所を知り手紙を書いた事で親交が始まり、のちに著作権を得て弥生美術館の開館に至ります。

ノスタルジックな雰囲気の美術館

レトロな雰囲気がただよっている小さな美術館では、出版美術というマニアックな分野の展示があり、一般的な美術館とは一線を画しています。美術館のたたずまいも味わいがあるため、外観や内装も十分に楽しめる事でしょう。

写真は美術館の入口の手前にある一角。スペースこそは小さいものの、つくばいがあるため、日本庭園を切り取ったような趣があります。

高畠華宵とは

入場券チケットの上に描かれている絵は高畠華宵の華麗の夢であり、下には竹久夢二のAPL・FOOLが描かれています。高畠華宵(1888~1966)は、生まれが愛媛県宇和島市という画家。27歳の時に少年倶楽部を執筆した事で一世を風靡しました。

晩年は余生を明石の愛老園で過ごしていましたが、鹿野琢見との出会いにより上京します。そして、個展を開催すると人気が再燃する事に。

魅力的な企画展

集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり展

2018年10月~12月には、一条ゆかり展が開催された事が記憶に新しいです。この企画展で展示されたのは、初期作品から代表作まで多岐に渡り、その中でもデザイナー、砂の城、有閑倶楽部の原画を中心としたものでした。企画展開催中は、隣接するカフェで限定コラボメニューの販売もありました。

画業60年還暦祭、バロン吉元元年

2019年1月~3月には、漫画家であるバロン吉元の企画展を開催しました。バロン吉元は人気漫画家であり、1960年~1970年代に劇画ブームの第一線で活躍した人物です。企画展という事で描き下ろしてくれた新作の大型絵画作品の公開もありました。



ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった

これは2019年4月~6月の期間に開催されたニッポン制服百年史です。大正・昭和・平成時代の制服デザインの移り変わりや流行、そして着こなしまでの紹介をしています。制服を着ている学生のイラストも多数展示されているため、見ていると自分の学生時代を思い出し、ノスタルジックな気持ちに。

併設の竹久夢二美術館をご紹介

渡り廊下でつながる竹久夢二美術館

竹久夢二美術館があるのは、弥生美術館2階の渡り廊下を歩いた先にあり、2階と1階が展示室となっています。弥生美術館を見学したあとに竹久夢二美術館を見学する順路であり、ミュージアムショップは2館共通なので受付のそばにあります。

竹久夢二(1884~1934)と言えば、大正ロマンを代表する画家であり、美人画や児童雑誌の挿絵などのデザイン画が有名。

竹久夢二の作品をいろいろなテーマで展示

竹久夢二美術館で行われている年4回の企画展では創設者である鹿野琢見のコレクションを展示公開。何度訪れても楽しめるように、夢二の生涯に焦点を当てたり、美人画を考察したりというような工夫を凝らしている事が分かります。写真は水竹居という作品であり、見学時に写真撮影が可能なスペースに展示されていたものです。

Address 〒113-0032 東京都文京区弥生2丁目4−2
Hours 10:00am-5:00pm
Closed 月曜日、展示替え期間、年末年始
Tel 03-5689-0462
Web http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

カフェでのんびり

ノスタルジックな雰囲気の港や

美術館の敷地内、入り口手前に夢二カフェ港やはあります。港やという店名が付けられたのは、竹久夢二が1914(大正3)年東京・日本橋に開店した小間物店である港屋絵草紙店が由来だとか。昔ながらの雰囲気があるので懐かしさを感じますが、年代によっては新しく感じられる事も。

見る楽しみもあるメニュー

写真は本日のケーキとカプチーノです。カプチーノに描かれたラテアートは夢二のデザイン画。飲み物やスイーツをはじめ、カレーライスやパニーニなどの食事もいただけます。昔ながらの喫茶店ですはが訪れる人の世代によっては印象が違うようで、懐かしく感じたり、逆に新しく感じたりするようです。

弥生美術館から行かれる寄り道スポット

重要文化財など見どころ満載の根津神社

1900年ほど前に日本武尊(ヤマトヤケル)が、千駄木の地に創祀(そうし)したといわれる神社です。創祀というのは、神社を創建するという意味。江戸時代になると、徳川綱吉によって世継ぎが定まった際に現在の社殿を奉建し、千駄木より遷座しました。

国の重要文化財にも指定されている社殿や千本鳥居があるため、見どころが多数ある神社です。



根津神社のつつじまつり

つつじが有名な根津神社では、毎年つつじまつりが開催され人々の目を楽しませています。境内にあるつつじ苑はおよそ2000坪の広さ、そこに約100種3000株ものつつじが開花。加えて、つつじまつり開催中は植木市や露店が出店したり、さまざまなイベントが開催されたりするので大変なにぎわいです。

Address 〒113-0031 東京都文京区根津1-28-9
Hours 概ね6:00am-5:00pm※季節により異なるためホームページで確認すること
Closed なし
Tel 03-3822-0753 (受付時間 9:00am-5:00pm)
Web http://www.nedujinja.or.jp/

実は近い上野動物園

上野動物園の入り口は上野駅から近い表門(おもてもん)が有名、しかしこの池之端門(いけのはたもん)は表門に比べて空いている事が多いです。池之端門の最寄り駅になるのは、東京メトロ千代田線の根津駅。

池之端門は西園、最初に両生爬虫類館もしくは、キリン、オカピ、ハシビロコウなどを見学してから、ジャイアントパンダやゾウがいる東園へ移動しましょう。

日本初の動物園

上野動物園は1882(明治15年)に開園。日本で最初の動物園であり、ジャイアントパンダを見る事ができる数少ない動物園のひとつとして知られています。園内は広いため、休憩を入れながらゆっくり見学しましょう。

Address 〒110-8711 東京都台東区上野公園9-83
Hours 9:30am~5:00pm(入園および入園券・年間パスポートの販売は4:00pmまで)※閉園時間変更の場合あり。公式サイトで確認すること
Closed 月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)・年末年始(12月29日~翌年1月1日) ※月曜日開園の場合あり。公式サイトで確認すること
Tel 03-3828-5171
Web https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

弥生美術館へのアクセス

電車でのアクセス

東京メトロ千代田線の根津駅で下車し、 徒歩7分。東京メトロ南北線では東大前駅下車、徒歩7分です。JR上野駅下車のち徒歩25分で到着します。

バスでのアクセス

都営バスでは(学01・上野公園山下―東大構内、学07・御茶ノ水駅前―東大構内)で、東大構内下車し徒歩2分。同じく都営バスで(上60・上野公園―大塚駅(池袋駅東口))で、弥生2丁目下車し徒歩3分です。または、都営バス(上58・上野松坂屋―早稲田リーガロイヤルホテル)で、根津駅下車し徒歩7分。

車でのアクセス

駐車場がないため、車で行く場合は近隣のコインパーキングを利用しましょう。

Address 〒113-0032  東京都文京区弥生2-4-3
Hours 10:00am-5:00pm ※4:30pmまで入館すること
Closed 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替え期間中、年末年始
Tel 03-3812-0012
Web http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html

まとめ

弥生美術館はこぢんまりとしていますが、弁護士・鹿野琢見の独特のコレクションにより、古いけれど新しい美術館。個人のコレクションとしてここまで集める事は容易ではありませんし、個性が光ります。また、人気漫画家原画展が期間限定で行われる事もありますし、併設されている竹久夢二美術館も充分に楽しめる内容となっています。