かちかち山、天上山に登って富士山のパノラマの絶景を楽しもう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: mika

兵庫県姫路市出身、神奈川県横浜市在住の2児の母です。兵庫県・神奈川県とその近郊を中心に、地元目線・郷土愛を交えて、各スポットを最大限に楽しめる情報をお伝えします。ワイワイ家族旅行も、一人でまったりする旅も大好きです。

富士山と河口湖の絶景!昔話かちかち山のモデルとなった天井山に登ろう

富士五湖のひとつ、河口湖の湖畔に裾野を広げる天上山は、別名かちかち山ともいわれています。山頂まで運行しているロープウェイは、富士山と河口湖の絶景が満喫できると大人気。天上山のパワーポイントやフォトポイントなども紹介しながら、その魅力を紹介していきます。

かちかち山の世界と富士山・河口湖の絶景が味わえる天上山

昔話かちかち山の舞台といわれる天上山は絶景が楽しめる。

富士山パノラマロープウェイで天上山へ

河口湖畔から乗る富士山パノラマロープウェイを利用して、富士山と河口湖の絶景を満喫できる天上山に登ってみましょう。天上山は、昔話のかちかち山を太宰治が解釈した太宰版かちかち山の舞台となったことにより、今ではかちかち山と言われています。山の各所にタヌキとウサギのモニュメントがあり、山頂からは雄大な富士山と河口湖のパノラマビューが楽しめます。

河口湖のほとり、富士山パノラマロープウェイへ

ロープウェイ乗り場は河口湖のほとり。乗り場にはかちかち山のあらすじも紹介されています。

入口からたぬきとうさぎがお出迎え

河口湖は富士五湖の中では、山中湖に次いで2番目に大きな湖(5.48㎢)、最も長い湖岸線を持ち、標高は最も低い833mに位置しています。ロープウェイの乗り場となる河口湖畔駅は湖南東部のほとり。駅の入口ではかちかち山のタヌキとウサギがお出迎えしてくれます。

かちかち山ってどんな話

昔話として有名なかちかち山ですが、話はうる憶えという人も多いのではないでしょうか。ロープウェイの乗車口へ向かう通路には、かちかち山のあらすじが書かれているのでおさらいしてみましょう。

いたずらたぬきを捕まえたお爺さんは、お婆さんにたぬき汁を作るように言いますが、たぬきはお婆さんを殺して、お婆さん汁を作り、お爺さんは知らずにそれを食べてしまいました。真実を知って悲しむお爺さんの敵討ちのために、うさぎがたぬきの背負う薪に火をつけ、泥船で沈めてしまうという、お話です。

いよいよ美しい景色を楽しむロープウェイへ

ロープウェイは全長460m。和風なデザインのゴンドラには、かちかち山のウサギとタヌキも搭乗

60年以上の歴史を持つロープウェイ

ロープウエイの歴史は古く、昭和34年(1959)に河口湖天上山ロープウェイとしてスタートし、2001~2018年まではカチカチ山ロープウェイという名称で親しまれました。

2013年に富士山が世界遺産に登録されたことにより、外国人観光客が急増したため、2018年4月に富士山パノラマロープウェイと改称されました。

ロープウェイにもかちかち山の世界が

ロープウェイは河口湖半駅から山頂の富士見台駅を結ぶ全長460mで、5分間隔で運行されています。2基のゴンドラがあり、かつて富士山への参詣に利用された富士山詣駕篭(かご)をモチーフにした和風でお洒落なデザインです。一基にはたぬき、もう一基にはうさぎが載っていますので、乗車の際はチェックしてみましょう。

河口湖があっという間に遠く広く見渡せるロープウェイ

たった3分の乗車時間でもダイナミックに変化する河口湖の景色

動く絶景を体験!3分の空の旅

ロープウェイの乗車時間はたったの3分ですが、移りゆく景色がダイナミック。つい先程まで間近に見えた河口湖が、あっという間に俯瞰の位置。その印象的で忘れられない景色は、これから見る山頂からの景色にも期待が高まります。

天上山展望台から河口湖を見渡す絶景

天上山展望台からは河口湖の美しい稜線や河口湖大橋も見渡すことができます。

近くでは見えなかった河口湖全体の美しさは圧巻

山頂の富士見台駅に到着したら、早速、標高1075mの展望台からの絶景を見に行きましょう。間近で見る河口湖も美しいですが、高い位置から河口湖全体を見渡す景色は圧巻です。河口湖大橋や町並み、緑豊かで水面も美しい河口湖の景色に心あらわれる気分。せわしない日常や日々の猥雑な悩みも遠ざかるよう。

美しい富士山に圧倒される絶景

裾野まできれいに見渡せる富士山。冠雪の富士山を見るなら涼しい季節がおすすめ。

富士山が広々と美しく見える絶好の場所

展望台は360°のパノラマ。今度は富士山側の展望を楽しみましょう。富士山を裾野まで見渡せる風景はここならではです。涼しい季節には晴れやかな空と澄んだ空気、冠雪の富士山を見渡すことができます。その際はしっかり防寒して出かけましょう。

無病息災・恋愛成就の天上の鐘

パワースポットとして知られる天上の鐘は、フォトスポットとしても人気

富士を臨む鐘に願いを込めて

美しい富士山を見ながら、ロマンチックなハート形のフレームに収まった天上の鐘を鳴らすと無病息災・恋愛成就のご利益があるといわれています。天上の鐘は記念撮影にも絶好の場所。是非、ハートの中に富士山を置いたアングルで撮影しましょう。霊峰富士のパワーを感じながら、心を込めて鐘を鳴らせば、ご利益があるかもしれませんよ。

かちかち山の世界観がいたるところに

可愛いイメージのかちかち山のモニュメントは、記念撮影も楽しめます。

かちかち山の話にちなんだモニュメント

展望台にあるかちかち山のモニュメントは、たぬきが背負った薪にうさぎが火をつけるシーン。お婆さんの仇をとろうとするうさぎは微妙な表情。かちかち山は善を勧め、悪を懲らすということですが、ちょっと怖くて残酷さもあります。モニュメントが可愛らしいので、ほんわかした昔話のワンシーンに感じられます。

たぬきとうさぎが誘うハイキングコース

ちょっと上級の三つ峠へのハイキングコース。所要時間は約3時間、登山道は歩きやすいように整備されています。

山梨の百名山の一つ、三つ峠にもハイキング可能

ロープウェイのある天上山の登山道は、百名山の一つである山梨県の標高1785mの三つ峠へとつながっています。登山道の入口にもたぬきとうさぎの案内板があり、そこから約3時間のコースがスタート。登山道は整備されているので、歩きやすくなっています。

三つ峠は左右対称の稜線が美しい富士山が見られることでも有名。高山植物も豊富で、田中澄江のエッセイ「日本の新・花の百名山」にも選ばれた花の山です。

旅の安全を願う、うさぎ神社

展望台そばにある、うさぎ神社。2匹の狛コマウサギを撫でるとご利益があり。

狛犬ならぬ狛うさぎも

展望台のそばには、かちかち山のうさぎにちなんだ、うさぎを祀るうさぎ神社があります。社の両脇には狛犬ではなく、狛うさぎが2体。頭を伏せている夢見兎の頭を撫でれば知恵を授かり、後ろ脚で立ち上がる富士見兎の脚を撫でると健脚のご利益があるといわれています。三つ峠への登山や観光客の安全も祈願する神社です。

ホッと一服、たぬき茶屋

昔話から抜け出てきたような峠の茶屋風、たぬき茶屋。天上山を訪れる観光客のお休み処です。

名物はたぬき団子

天上山を訪れる人々の憩いの場がたぬき茶屋。昔話から飛び出してきたような、峠の茶屋をイメージした、ほっこりした雰囲気のお店です。一番のおすすめはたぬき団子。富士山の焼印が押された、その場で炭火を使って焼いたみたらし団子です。その他、軽食類や富士山、かちかち山にちなんだお土産も販売しています。

四季折々の豊かな自然を楽しめる

天上山下山のハイキングコースで見る夏のあじさい群、秋は天上山全体が紅葉。

夏は紫陽花が華やかに咲き誇る

おすすめの一つは天上山下山のハイキングコースに咲く夏のあじさい。天上山の展望を楽しんだ後、富士見台駅から15分ほど下った所にある太宰治記念碑(ナカバ平)に出ます。そこから天上山護国神社へと向かう道の途中に、さわやかな色合いのあじさいが群生しています。ハイキングコースは河口湖畔まで約40分とお手軽です。

秋は美しい紅葉に包まれる

秋には天上山全体が紅葉し、ロープウェイから見る景色も、河口湖の湖畔もすべて紅葉で彩られます。展望台から見る富士山は雪化粧した山頂から紅葉した裾野へのグラテーションが感動的美しさ。ロープウエイもかなり混み合うので、朝早めの時間に行くことをおすすめします。

河口湖〜富士山へのアクセス

電車でのアクセス/行き方

富士急行線河口湖駅で下車。駅を出たら北に向かい、御坂道に出たら左折。道なりに進んで河口湖沿いに進むと看板があるので右折。徒歩で10分強。

バスでのアクセス/行き方

バスタ新宿(JR新宿駅南口)から河口湖駅まで高速バスで約2時間。河口湖で下車してロープウエイまでは徒歩または周遊バスで約15分。東京駅、横浜駅、名古屋、大阪などからも高速バスが運行しています。

車でのアクセス

中央自動車道 富士吉田線 及び 東富士五湖道路の富士吉田IC.より15分。中央自動車道 富士吉田線河口湖IC.より15分。ロープウェイに無料駐車場(13台可)と、河口湖畔に県営無料駐車場(乗用車約300台)があります。

住所|〒401-0303 山梨県南都留郡富士河口湖町浅川1163-1
営業時間|通常期AM9:00-PM5:00(下り最終PM5:20)、冬季(12/1-2/28)AM9:30-PM4:30 (下り最終PM4:50)、繁忙日は延長営業あり
定休日|年中無休(荒天時・整備時を除く)
電話|0555-72-0363
公式サイトはこちら

カチカチ山は2つのアクセスで満喫しよう

行きはロープウェイを利用して、急激に変わる景色を楽しみながら山頂に向かうのがおすすめですが、帰りは天上山下山のハイキングコースを歩いてみてはいかがでしょう。7月中旬から8月いっぱいはあじさいの群生、秋は紅葉が楽しめます。途中にある、ナカバ平展望広場は富士山の絶景ポイント。休憩所もあります。全行程40分というコースなので、気軽にチャレンジしてみましょう。