奥飛騨の温泉はのんびりしたい休日にぴったり!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: meal

愛知県出身。大学生で世界一周し同時にNYでのインターンとオーストラリアでのワーキングホリデーも経験しました。得意なエリアは関西とヨーロッパで、好きなことは写真と旅行に行く予定の場がロケ地になっている映画を見ることです。

贅沢な温泉を楽しもう

岐阜県高山市、乗鞍岳の麓にある奥飛騨温泉郷のひとつ平湯温泉。以前は秘湯と呼ばれた温泉でしたが、岐阜と長野を結ぶ安房トンネルの開通により環境が変化。平湯温泉を拠点にバスターミナルから、シャトルバスに乗り近隣の奥飛騨や乗鞍岳、上高地といった観光地へといった、交通の要所として機能しています。そんな近代的な施設を取り入れながらも、奥飛騨でもっとも古い歴史を大切にしている平湯温泉を紹介していきます。

平湯温泉ってどんなところ

乗鞍岳の麓、海抜1,250mに湧く平湯温泉。複数の源泉があり、単純温泉や炭酸塩泉など数種類のお湯が楽しめる美肌の湯として有名な温泉です。温泉街の規模の大きなバスターミナルには飲食店や土産物屋がそろい、近くで足湯を楽しむ事もできます。

平湯温泉の中はこんな感じ

古くから愛されている由来はたくさんあった


江戸時代、北陸の大名が参勤交代の際に疲れを癒したといわれる平湯温泉。歴史がある温泉という事で、数々の逸話や伝説も残っています。白い老猿が温泉に入り悪い足を治して跳び去ったという話は、江戸時代末期の平湯温泉記に書かれていた逸話です。明治初期には、斐太後風土記にも名前が記され、古くから愛されている温泉と紹介されています。

天然温泉の魅力がいっぱい

約40もの井戸と源泉がある、奥飛騨温泉郷でもっとも長い歴史をもつ平湯温泉。毎分8,600リットル、1日約12,000,000リットルの最高温度90度のお湯が噴出しています。この量は一般家庭のお風呂でいえば、約130年分の湯量にもなるという豊富さです。

泉質は、ナトリウムや炭酸水塩泉、カルシウム、マグネシウムで、神経症、皮膚病などに効果があるほか、リウマチや胃腸病にも効く治療温泉としても利用されています。また女性にはうれしい肌への効能は、1日入っただけでも触れればわかるほどです。

魅力たっぷりの源泉

乗鞍岳や焼岳といった、活火山を熱源としている平湯温泉。泉質や色は原泉によって異なり、透明、茶褐色、緑褐色(りょくかっしょく)に白濁(はくだく)多彩で、施設によって変化を楽しむ事ができる源泉かけ流し温泉です。

古くからの伝説がある

甲信を抑えていた戦国武将武田信玄は、越中を攻めるために飛騨へ侵攻。その途中平湯近辺にたどり着いた際、軍列の前を老いた白猿が歩き道端の湯に導いたといいます。その猿が教えてくれた湯が平湯温泉。ここで武田軍は進軍の疲れを癒したと伝わっています。

平湯温泉でお腹いっぱいになろう

はんたいたまごが名物

名物の温泉たまごは、黄身が固く白身が半熟のはんたいたまご。湯けむりが上がっているお土産屋さんの店先で買い求めれば、その場で熱々のうちに塩をふって食べられます。温泉の重曹食塩成分がうまく溶け込み、おいしく仕上がっています。

硫黄の香りが特徴ですが、それほど気にならずおいしくいただけます。値段もリーズナブルで味も良い事から、つい何個も続けて買ってしまう人もいるほどです。黄身が固く白身が半熟と反対なだけでなく、温泉成分によってここでしか味わえない温泉たまごになっています。

お土産たくさんのアルプス街道平湯

奥飛騨の地酒の中でも、オリジナルのものがありここでしか買えない事から人気の商品になっています。大規模なバスターミナルがそばにある事から、ほかの観光エリアへ向かうにもアクセスは良好。いき帰りのバスの疲れを癒せる、足湯コーナーもあります。

さるぼぼや飛騨の地元産のお土産なども、ここで買う事ができます。食事処では、ブランド牛でもある飛騨牛や平湯ラーメンを食べる事ができます。団体客用とレストランがわけられている事から、混雑を気にせず利用が可能です。

平湯温泉に泊まろう

プライベート感満載の三蔵庵

上高地行きバス停からすぐと、アクセスの良い場所にある三蔵庵。朝食、夕食は部屋食で飛騨牛を味わえるなど、プライベート感満載の贅沢な雰囲気を堪能できる温泉宿です。レトロな雰囲気と清掃の行き届いた館内は、アメニティーも充実しています。

住所|〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯672−1
営業時間|
定休日|不定休
電話|0578-89-2314
公式サイト|なし

食事だけでなく、1日6組限定とはなりますが半露天風呂に泊まる事ができます。24時間好きな時間に、周囲を気にする事なく温泉を楽しめます。正月やイベントの日限定で朝食は特別仕様。1日を過ごす気分を上げてくれるはずです。

海外からの旅行客にも人気の平湯の森

奥飛騨温泉郷の中で、唯一コインランドリー施設をもっているため、長期滞在の宿泊客に人気があります。セルフですがモーニングセットはサービスで、全室Wi-Fi付きな事から海外からの観光客に人気が広がっています。

宿泊している間は、いつでも入浴可能な内湯。目覚めたあとの朝湯を満喫できるなど贅沢な仕様。源泉かけ流しの濁り湯はここだけです。セミダブルのツインルームの客室は、和洋混合で落ち着いた雰囲気となっています。

平湯温泉へのアクセス

電車でのアクセス

JR高山本線高山駅から濃飛バス新穂高温泉行きで約55分。JR中央本線松本駅より直行バスで約1時間30分です。

車でのアクセス

東海北陸自動車道高山IC、中央道・長野堂松本ICからともに国道158号を平湯方面へ約1時間。北陸道富山ICより国道41号で神岡、国道471号で約1時間40分です。駐車場は100台収容可能の施設があります。

住所|〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−191
営業時間|AM10:00-PM9:00
定休日|なし
電話|0578-89-3030
公式サイトはこちら

まとめ

美肌の湯である事はもちろんの事、豊富な異なる泉質をもつ事から湯巡りも楽しめる平湯温泉。飛騨牛をはじめとしたグルメも充実し、ここを拠点に周辺の観光をするにも便利な場所です。