草木ダムは一周12㎞のダム湖の周りにおすすめスポットが充実

トラベルパートナー: Yoshino

出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。

ダム湖百選にも選出された草木湖は青々としていてきれいだいね

群馬県みどり市の山あいにある草木ダム。群馬県桐生市から栃木県日光市へと抜ける国道122号線沿いに位置しているので、ひょとしたら目にされたことがあるかもしれません。この地を流れる渡良瀬川は古くから氾濫を繰り返しており、川の治水や水道用水の確保を目的として草木ダムが建設されました。

草木ダムのダム湖である草木湖は一周約12㎞と巨大。美しい湖の周囲は道が整備されており、ドライブインや展望台のほか美術館、オートキャンプ場、運動公園などの施設もあります。ダムマニアの方だけではなく、長いドライブの休憩やリフレッシュにもおすすめ。足尾の山々を臨む草木ダムの魅力と、ダム周辺のおすすめの立ち寄りスポットについての記事です。

国道122号線沿いに位置する草木ダム

群馬県みどり市の、利根川水系渡良瀬川の上流に位置する草木ダム。高速道路を利用せずに、群馬方面から栃木県の日光へ向かう際に通る国道122号線沿いにあり、展望台も設置されているのでドライブの休憩スポットとして立ち寄ることもおすすめです。

草木ダム展望台からの眺め

国道122号線沿いの展望台のまわりには、駐車場、トイレ、自動販売機もあるので、休日にはツーリングの途中で休憩しているバイクの姿もよく見かけます。

展望台からは緑と黒が混じったような色の水を深々と湛えたダムの様子が一望でき、とても美しい眺望です。

水を噴き上げる噴水合体型散気管式浅層曝気設備

草木ダムは、水力発電・洪水の防止・水道用水の貯水等の用途のために建設された多目的ダムです。

ダム湖の水質を良好に保つため、プランクトンの増殖を抑える曝気設備や水質自動監視装置を設置。噴水の様に水を噴き上げるような曝気設備や、タケノコ型の水質監視装置など見た目もユニークに出来ています。

草木ダム周辺の様子

草木ダム展望台から橋を渡って左岸に位置する草木ダム管理棟では、ダムカードが入手可能。ダムカードには、一般に知られていないレアな情報も掲載されているので、ダムマニアの方は是非入手したいところです。

カードの配布時間は、平日・土日祝日ともAM8:30-PM5:00。また、ダム周辺の水の広場からはダムを下から眺めることができます。

水の広場から見た草木ダム

水の広場からは直下から草木ダムの放水口の様子を詳しく眺めることが可能。小さな四阿やベンチの他遊具も設置されており、ちょっとした憩いの場となっています。

春にはダム沿いに植えられた桜が美しい花を咲かせ、人も少ないため穴場のお花見スポットです。

高さ140mからの放流

草木ダムのダム湖は貯水容量6050万平方メートル、面積は170haで利根川水系のダムの中でも屈指の大きさ。

高さも140mと利根川水系のダムの中では鬼怒川ダムに次いで2番目です。高さ140mからの放流にはとても勢いがあります。

ダム湖百選に選ばれた草木湖

草木ダムの建設によって形成された人工湖の草木湖は、ダム湖百選に選出されています。草木湖は湖周が12.4㎞、湖の最大幅が700mの大きな湖。

湖の周りには展望台の他に国民宿舎、キャンプ場、ゴルフ場などの施設があり、湖では釣りも楽しめるのでアウトドアにもおすすめ。

湖の周りをぐるりと巡る

草木湖左岸の展望台

国道122号線沿いにある右岸の草木ダム展望台から橋を渡って左岸へ。県道343号を道なりに少し走ると、草木湖展望台が見えてきます。

展望台の四阿には訪れた人が思い出を書くノートが置いてあるので、旅の記念に何か書き残してきてはいかがでしょうか。

左岸展望台からの眺望

草木ダムの右岸の展望台から見た景色とは異なる左岸から見た風景。草木湖のまわりには車を停められる展望台がいくつかあるので、色々な角度から草木湖を眺めることができます。山間にあるので空気もひんやりと清涼で心地よいです。

県道343号線沿いを行く

草木湖の右岸沿いの国道122号は交通量も多いですが、左岸の県道は人通りも少なくてすれ違う車もほとんどありません。道の両脇には木々が生い茂り、新緑の季節には緑が目に美しいです。

草木湖に架かる朱色の草木橋

左岸の県道をドライブし、国民宿舎を少し過ぎたところにある朱色が印象的な草木橋。

草木橋を渡ると右岸の国道122号線へ出ます。草木橋を渡らずに左岸沿いにドライブすると、沢入(そうり)駅のあたりが右岸への折り返し地点です。

草木湖右岸のみかげ原展望地

沢入駅のあたりで折り返して再び右岸の国道122号線へ。草木湖の周辺はハイキングコースにもなっているので、湖を眺めながらゆったりと歩いてみても気持ちが良さそうです。

右岸沿いにあるみかげ原展望地に下りていくと、草木湖を近くで眺めることができます。

草木湖のほとりで心を癒す

緑が豊かなみかげ原展望地では、湖の側まで近づいてその美しい湖面を心ゆくまで眺めることが可能です。青々とした山並みを背景に静かに流れる草木湖の様子は、心を癒してくれます。

草木湖ドライブインで休憩

みかげ原展望台から草木ダム展望台へ向かって、国道122号線沿いに車を走らせると見えて来る草木湖ドライブイン。群馬産の舞茸やお菓子、漬物などのお土産を販売し、上州うどん・よもぎうどんなどのお食事も楽しめます。

イチオシはくるみ焼きまんじゅう

草木湖ドライブインでは草木湖名物のよもぎまんじゅうが人気ですが、是非お勧めしたいのがくるみ焼きまんじゅう。まだほかほかと温かい試食を丸々1個食べさせてくれるので、そのおいしさについつい購入してしまうこと請け合いです。

カステラ生地の中に大ぶりなくるみとあんこが入っていて、素朴ながら何個も食べたくなってしまいます。

住所|〒376-0302 群馬県みどり市東町草木75
営業時間|(平日)AM9:00-PM5:00、(土日祝日)AM8:30-PM5:00
定休日|12/26-1/1
電話|0277-95-6137
公式サイトはこちら

草木ダムへのアクセス

自動車を利用する場合

北関東自動車道を利用する場合、伊勢崎ICから赤堀町→大間々町→黒保根町を経由して約1時間。

関越自動車道を利用する場合、高崎ICから駒形町→赤堀町→大間々町→黒保根町を経由して約1時間30分。

東北自動車を利用する場合、佐野藤岡ICから桐生市→大間々町→黒保根町を経由して約1時間30分。草木ダム展望台には無料の駐車場があります。

電車を利用する場合

JRの最寄り駅は桐生駅。桐生駅でわたらせ渓谷鐵道に乗り換えて、神戸(ごうど)駅で下車。桐生駅から神戸駅までは約1時間。

神戸駅からはコミュニティバスの東町路線バスに乗車し、停留所ダムサイドで下車。神戸駅からダムサイドまでは約10分。

住所|〒376-0303 群馬県みどり市東町座間564-6
営業時間|随時
定休日|なし
電話|0277-97-2131
公式サイトはこちら

まとめ

草木湖の周りには自動車道や遊歩道も整備されているので、ドライブのみならずハイキングにもおすすめ。足尾の青々とした山並みを臨む草木湖の周りをぐるりと一周してみると、心身ともにリフレッシュします。

草木ダムは栃木県の県境にも近く、足尾と桐生の中間に位置しています。国道122号線にも面しておりとても好立地。草木湖の周りには展望台のほか、草木湖ドライブインや富弘美術館などの観光スポットもあるので、ドライブの途中に立ち寄ってみると、美しい眺望にきっと癒されますよ。