アルプスの山々に囲まれた美しいオーストリアの『チロル地方』

チロルはヨーロッパのほぼ中央に位置するアルプス地帯、オーストリア西部に広がる地方で、とても自然豊かで美しいところです。チロルの人々は、古くから伝わる独特の文化や習慣を、今なお大切に受け継いで生活しています。

オーストリアの西部に位置する「チロル地方」

 

オーストリアの西部に位置する「チロル地方」

image by iStockphoto

チロルはオーストリアの西部、ヨーロッパの中央に位置し、北はドイツのバイエルン州、西はスイス、南はイタリアに囲まれています。
チロルはオーストリアにある9つの州の中でも、3番目に大きな州で人口はおよそ67万人です。

雄大なアルプスに囲まれた山の都「インスブルック」は、アルプス最大の古都で、古くから栄えてきました。
チロル州の州都でもある「インスブルック」は”イン川に架かる橋”という意味を持ち、古くからイン川の渡河地として重要な役割を果たしてきました。
ハプスブルク家の下大いなる発展を遂げ、今でも中世都市の面影が色濃く残っています。

聖ヤコブ寺院「ドーム・大聖堂」

 

「インスブルック」の見所の一つは、聖ヤコブ寺院「ドーム・大聖堂」です。
ゴシック様式のはしりであるこちらの寺院は、ローマ・カトリック、チロル地方の総本山でもあります。
バロックの巨匠アザム兄弟が描いた天井のフレスコ画やルーカス・クラーナハの聖母子の絵「救いの聖母」など美しい芸術品やチロルで最も美しいと称されるパイプオルガンなどを見ることができます。

「黄金の小屋根」

 

こちらは”文無し公”と呼ばれたフリードリッヒ4世によって、1420年にチロル領主の住居として建てられた「黄金の小屋根」です。
その後、マクシミリアン1世によって広場で行われる馬上槍試合や舞踏会を見学するためにロージェが付け加えられました。
屋根の銅板すべてに金箔が貼られていて目がくらむようです。

アルプスでも屈指の高原リゾート地「ゼーフェルト」

 

「ゼーフェルト」は標高およそ1200mのところに位置する町で、人口約3100人ととても小さな町ですが、アルプスでも屈指の高原リゾート地です。
町の中心は牧歌的なメルヘンの世界が広がっていて、チロルらしい可愛らしい家々が軒を連ねています。

「ゼーキルヘル」はゼーフェルトの美しい草原に建てられた教会で、その歴史はとても古く、1666年に今の姿に修築されました。
屋根が特徴的なタマネギの形をしているバロック様式の教会で、ゼーフェルトのシンボル的な存在でもあります。

チロルにはこのほかにも「サンクト・アントン」や「レッヒ」など、まだまだ美しい町や美しい風景、見所がたくさんあります。
あなたもアルプスに囲まれたチロル地方を訪ねて、雄大な自然を堪能してみませんか。

チロル(Tyrol)への行き方・アクセス

 


大きな地図で見る日本からは飛行機で、オーストリアのウィーンやオランダのアムステルダムなどヨーロッパ各地の空港経由してチロルの州都であるインスブルック国際空港に行くことができます。
また、ミュンヘン及びチューリッヒからは鉄道でチロルに入ることができます。

地方の息遣いを感じる旅

 

チロル地方のような都市は、ウィーンに代表されるような都心かつ世界的な観光地とはまた違った魅力に溢れています。
ぜひヨーロッパの「地方」を散策する旅を計画してみてください。
photo by iStock
海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満