翠泉で湯の花温泉のいいとこどり!身も心も癒されるお宿の秘密とは

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅が母になってからのお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

至れり尽くせりのお宿でお姫様気分やわ~

翠泉は京都の奥座敷、亀岡市の湯の花温泉の旅館です。ラグジュアリーな宿で期待を裏切らない料理が楽しめると、全国各地からお客さんが訪れます。

山峡の美しい景色に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめできるお宿ですよ!

翠泉は湯の花温泉屈指の料理自慢の宿

翠泉は全13室のお部屋のある贅沢な時を過ごせる温泉旅館です。館内は京都らしいはんなりとした大人の空間で、亀岡の山深い自然を望める環境で非日常の世界に入り込めます。

地元の食材をふんだんに使用した食事も素晴らしく、翠泉の料理目当てにリピートする方も多いそう。確かな味と繊細な盛り付けは舌と目の両方から楽しめます!

心遣いと景色に癒される翠泉のおもてなし

おもてなしの心に癒される翠泉。宿に足を踏み入れた瞬間から、翠泉ワールドに引き込まれて感動の連続です。上質なサービスに逆に緊張してしまうかも?

ロビーの花で一息

ロビー中央には、移動の疲れを癒してくれる大きな生け花が飾られています。迫力がありながらも趣のある花は、季節を感じせてもくれるでしょう。一気に翠泉ワールドへいざなってくれるお出迎えです。

庭園を贅沢に鑑賞

翠泉ではいろんな場所から外の景色を眺められます。自然の山々を背景にした庭園は引き込まれる美しさがあるので、ただ眺めるだけの贅沢な時間を過ごしてみましょう。夜のライトアップも表情が変わって素敵。お部屋からも大自然の風景を眺められ、リラックス効果抜群の環境です。

快適なルームウエア

翠泉ではお部屋にルームウエアが用意されているため、くつろぐ際や就寝時にはだけることなく快適です。体格のよい方向けに大きなサイズもありますよ。

温泉気分を盛り上げてくれる素敵な女性向けの浴衣もありますので、旅の思い出作りにぜひ袖を通してみましょう。専用の靴下もありますよ。

充実のアメニティー

翠泉のアメニティーは宿の雰囲気に合ったハイクラス仕様。備品にがっかり…なんてことがありません。アメニティーがしっかりしていると、特に女性は、こまごまとした荷物の準備に助かりますね。

自然治癒力を高めるというアーユルヴェーダのスパもあります。アーユルヴェーダは温泉との相性が良く、老廃物の排出をより効果的に促すそう。余裕のある方はぜひ施術を受け、体の中からもきれいになってくださいね。

おいしい旅の思い出をつくれる翠泉

翠泉に宿泊したら体重増加を覚悟しておきましょう!おもてなしの心遣いが食に関しても隅々にまで行き渡っていて、滞在の最初から最後まで口さみしくなりません。

ウエルカムドリンクとお菓子

翠泉ではお茶とお菓子のおもてなしがあるので、到着するやいなやホッと和ませてもらえます。主にお抹茶と季節感のある菓子をいただけるようです。おいしいものを目の前にだされると、やはり、花より団子?

ロビーには紅茶や無農薬栽培のコーヒー、お茶請けが常備されており、いつでも無料で利用できます。暑い時期にはアイスクリームや冷たいジュースが用意してあるようです。お部屋にももちろんお茶セットがあり、冷蔵庫のドリンク類はすべて無料!お茶タイムがおのずと増えてしまいそうですね。

美しいのは見た目だけじゃない!

翠泉といえば料理のクオリティーの高さが評判です。できる限り地産地消を活かした食材で作られる料理はどれも絶品!気温の寒暖差によって、おいしい野菜を収穫できる丹波亀岡。タケノコや黒豆など、四季折々の農産物を贅沢にいただけます。

ベストな状態で料理を口に運べるよう、また、部屋に香りがつかないように、食事はプライベートな空間を保てるお食事処でいただきます。落ち着いて食事しやすいお部屋になっているので、より一層お料理をおいしく感じられますよ。

翠泉の温泉で疲れを洗い流してリフレッシュ!

翠泉では、ラグジュアリーな宿泊体験ができる露天風呂付の宿泊体験がおすすめです。大浴場は内湯からも亀岡の自然を眺められる設計で、コンパクトな露天風呂付。貸し切り露天風呂では、より風情を感じながら入浴を楽しめます。

湯の花温泉は翠泉をはじめとする上質の宿が集まる秘境

翠泉は湯の花温泉街の宿が建ち並ぶちょうど真ん中に位置するお宿です。いずれの宿も館内で温泉旅行を堪能できる工夫が凝らされています。

湯の花温泉はコンパクトな温泉郷

湯の花温泉には戦国武将が傷を癒しに訪れた伝説があります。現代人は仕事や家事育児の疲れを湯の花温泉で癒しましょう。

泉質は弱アルカリ性低張性低温泉で、神経痛やうちみ、冷え性などの諸病に効能があります。

湯の花温泉をお土産に?

湯の花温泉街唯一の立ち寄りスポットが「温泉スタンド」。翠泉から徒歩約7分の場所にありますよ。100円のコインで200リットルもの温泉を購入できるスタンドで、主に自宅で温泉水を利用したい方が汲みに訪れるようです。

容器は自前で準備しなくてはなりませんが、単純計算で、2リットルのペットボトルが100本…。体力自慢さんはぜひ挑戦を!

翠泉に引けを取らない湯の花温泉の宿

湯の花温泉には翠泉に引けを取らないお宿がいくつかあります。どのお宿も各旅館の特徴を活かしてお客さんの心を掴んでいるようです。

外観が目を引く松園荘

温泉街を車で走っていると、多くの方が名前は知らずともその外観は記憶するであろうお宿が「松園荘」です。館内も目を引く工夫が満載で、小川が流れ、大浴場前には足湯のある能舞台があります。

住所|〒621-0034 京都府亀岡市湯の花温泉
営業時間|PM3:00-PM10:00(チェックイン・アウトの時間)
定休日|なし
電話|0771-22-0903
公式サイトはこちら

施設充実のすみや亀峰庵

すみや亀峰庵は茅葺の門と版築の土塀が印象的なお宿です。国道372号線から目につきやすいエリア、西の出入り口付近に立地。

外観は京都らしい雰囲気をもちながら、エンターテイメント性溢れる工夫が凝らされいるので意外性を楽します。ライブラリーや茶室、プールなどの充実した施設は魅力たっぷりです。

住所|〒621-0036 京都府亀岡市稗田野町柿花宮ノ奥25
営業時間|AM9:00-PM10:00(受付時間)
定休日|なし
電話| 0771-22-7722
公式サイトはこちら

翠泉に宿泊するなら立ち寄りたいおすすめスポット

翠泉のある亀岡市は山峡地とはいえ古都京都の一部。各地には歴史深いスポットが点在しています。おすすめの立ち寄りスポットを3つご紹介しますので、亀岡を旅するなら足を運んでみましょう!

穴太寺で名勝となで仏鑑賞

穴太寺は京都府指定の名称である庭園がに見ごたえがあり、また、本堂にあるなで仏をなでると諸病平癒にご利益があるといわれています。昔ながらの住宅街に構えるコンパクトな敷地に、大きな見どころを備えた魅力的な寺院です。

西国十一番札所でもあり、多くの巡礼者が参拝に訪れていますよ。親切に案内してくださる拝観受付の方も魅力的です。

住所|〒621-0029 京都府亀岡市曽我部町穴太東ノ辻46
営業時間|AM8:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0771-24-0809
公式サイトはこちら

紅葉狩りの穴場スポット鍬山神社

京都で紅葉狩りする穴場スポットが鍬山神社です。地元では有名ですが観光客にはそこまで知られていないので、人ごみにまみれず鑑賞できておすすめ。境内を埋め尽くすように植えられたモミジは、秋だけでなく新緑の時期も見ごたえがありますよ。

住所|〒621-0856 京都府亀岡市上矢田町上垣内22-2
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0771-22-1023
公式サイトはこちら

明智光秀築城の亀山城址へ

JR亀岡駅から徒歩圏内の史跡が亀山城です。丹波攻略の起点として明智光秀が築城したことで有名です。

城が破壊された歴史から、そのままに現存する箇所は少ないですが、復元された天守石垣の下部1/3と内堀の天下譜代の大名刻印は、当時のままに残っています。

住所|〒621-0851 京都府亀岡市荒塚町内丸1
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0771-22-5561
公式サイトはこちら

翠泉へのアクセス

山峡にも関わらず好アクセスで、京都縦貫自動車道亀岡ICから約10分です。無料駐車場がありますよ。

翠泉の送迎バス利用ならJR亀岡駅から約15分です。

住所|〒621-0034 京都府亀岡市ひえ田野町芦ノ山イノシリ6-3
営業時間|AM8:00-PM8:00
定休日|なし
電話|0771-22-7575
公式サイトはこちら

まとめ

翠泉は湯の花温泉屈指の素敵な旅館です。人気の秘密は客に寄り添うおもてなしの精神でしょう。ホームページにそのヒントがあります。

極上のサービスで優雅な時を過ごしたいのであれば、ぜひ翠泉へ足を運びましょう。平面からの情報とは比較にならない素敵な空間があなたを待っていますよ!