平内海中温泉は干潮時のみ現れる名湯!屋久島を体感しよう

公開日:2019/5/2 更新日:2019/10/23

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Haru
出身地は長崎。よく行くエリア九州で、友達と予定が合えば海外や日本各地へ出掛けます。 一人旅も好きで、時間があれば神社巡り・自然の絶景巡りなど、気の赴くままに大好きな旅へ!おすすめの観光スポットや、その土地の周辺グルメをご紹介します。最近ミラーレスカメラを購入したので、旅先の素敵な写真を撮る事にはまっています。
ひったまがった~!海ん中から温泉の出とる~!

鹿児島県佐多岬の南、約60kmの海上に位置する屋久島。険しく高い山々が連なり、豊かな森林が島全体を覆います。世界遺産にも認定された大自然の島。その南の波打ち際に、全国にも珍しい温泉があるのです。これこそ平内海中温泉。さあ、青い大海原を見ながら入ってみませんか。

平内海中温泉は世界遺産屋久島南の海辺にある

入浴できるのは干潮時間帯だけ

屋久島南端の海辺に開けた平内海中温泉(ひらうちかいちゅうおんせん)は、全国でも珍しい「海の中にある温泉」です。しかも満ち引きする潮の関係で、1日2回の干潮前後・ほんの数時間しか入浴できません。入るならばうまくタイミングを合わせなければならず、事前に潮の干満時間をしっかり調べておきましょう。

ロッカーや脱衣所はないので要注意

ロッカーや脱衣所はありません。貴重品や持ち物は各自で管理、着替えは岩陰に隠れて行います。入口に設置された専用の箱へ、料金を支払いましょう。まずは注意事項をよく読んで、青い南の大海原が果てしなく広がっています。

正面に広がる青い海へ向かって下れば、そこに平内海中温泉があります。間仕切りなどはない完全混浴。バスタオルを巻いての入浴はできますが、海水パンツなど下着の使用は不可。ただし女性は水着が許可されています。満潮になれば水没してしまうので、潮の状況にはくれぐれも注意を。

平内海中温泉へ入浴すればさまざまなお湯と効能が

それでは平内海中温泉に入ってみましょう。岩場に3つの湯船が見られ、それぞれ低温・適温・高温となっています。波打ち際に近い場所ほど海水が入るため、ぬるく感じられるでしょう。また手前には足湯専用と、上がり湯専用の湯船もありますよ。

温泉の効能は表記のとおり

入口には温泉の効能が記された説明看板があります。こちらはアルカリ性単純硫黄泉で、神経痛や皮膚病に婦人病・リウマチなどに効果があるでしょう。源泉部分は46度とやや熱め、ポカポカと温まって体が冷える事はありません。

すぐ目と鼻の先は果てしない大海原

湯船のすぐ前は太平洋。荒天の後や風が強い日には、波しぶきがくるでしょう。決して広いとは言えないため、5人~6人が入ればほぼ満員。時にはすし詰め状態になる事もあります。しかし波打ち際とあって、これほど自然感あふれる温泉もなかなか見られません。

干潮のタイミングにうまく合わせても、既に満員となっている場合が多い平内海中温泉。そしてここには地元集落の人々が、日常的に入る事を忘れてはなりません。あくまでも屋久島に住む人が優先。小規模な温泉なので、譲り合いの気持ちを心掛けましょう。

温泉好きにはたまらない屋久島の海辺

平内海中温泉は屋久島の大自然が、ありのままに生かされています。その分湯船の底には、ゴツゴツした石もあったりするので注意。お風呂に入りながら屋久島の波風を体感できるとは、旅行好きな方にとってたまらない魅力でしょうね。

はるか南海へ沈む夕日はやがて満天の星空に

夕方になれば、海へ沈む太陽を見ながら入浴できます。やがて夜になれば星空の下、夢のような温泉となるでしょう。周囲には建物や街灯がないため、天の川まではっきりと見える事も。日常生活を離れる時間は限られていますが、だからこそ限りない大自然の中で過ごしましょう。

湯泊温泉も同じく屋久島を体感できる海辺の湯

ここは平内海中温泉から西へ約1.6km、車で約5分の海岸にある湯泊温泉(ゆどまりおんせん)です。やはり同じく波打ち際ですが、こちらは潮の干満に影響されず24時間入浴可能(有料)。男湯と女湯が間仕切りで分かれており、水着やタオルの使用は不可となっています。

男湯・女湯から海側に行けば、岩場に造られた「先の湯」があります。ここだけは水着の使用が可能なため、女性の方には有難いでしょう。泉質はアルカリ性単純温泉で、温度はややぬるめの38度。トイレと更衣室が設置されています。

海中温泉はここ屋久島以外にもあるのだろうか

満潮時には水没し干潮時にのみ現れる海中温泉。全国でも数少なく、きわめて貴重な存在でしょう。しかしそれだけここ屋久島の大自然が、大切に保護されている証と言えます。同様の温泉は屋久島以外では、伊豆七島の式根島に複数箇所。温泉好きの方ならばぜひ1度は訪れたいですね。

屋久島に来たならば大自然の中を歩いてみたい

ここ屋久島は世界に認められた自然遺産

ここ鹿児島県屋久島には豊かな自然が広がっています。1993年には世界自然遺産に登録され、人々はその壮大さと奥深さに心惹かれるでしょう。屋久島を象徴するのは緑の森林。特にここ白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)は、映画「もののけ姫」の舞台となりました。注目は樹齢2,000~7,200年の縄文杉を観察するエコツアー。ただし長時間歩行なので服装・装備・食料など万全の準備が必要です。



ウィルソン株の写真で恋愛運アップを

太古からの巨樹が見られる屋久島。大きな切り株も多く、ここウィルソン株は最大級でしょう。アメリカの植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士が発見し命名されました。推定樹齢は約3,000年ですが、それ以上に恋愛運アップのパワースポットとなりつつあります。その理由は切り株から見上げたこの景色。何とハート型の穴が開いており、写真撮影すれば恋愛成就の御守りになると噂です。

Address 〒891-4205 鹿児島県熊毛郡屋久島町
Hours なし
Closed なし
Tel 0997-43-5900(屋久島町観光まちづくり課)
Web https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10738/

千尋の滝は大自然が造り上げた景勝

屋久島南端に聳えるモッチョム岳は切り立った岩峰。その巨大な花崗岩と豊富な雨量が、ここ千尋(せんぴろ)の滝を造りました。島を代表する滝の1つで落差約60m。屋久島は「月に三十五日降る」ほど雨が多く、特に雨季や台風直後には大迫力の姿を遠望できるでしょう。滝の左側にある岩盤が「千人が手を結べるほど大きい」事から、この名が付けられました。

Address 〒891-4200 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生
Hours なし
Closed なし
Tel 0997-47-2111(屋久島町役場・尾之間支所)
Web https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10712/

平内海中温泉へのアクセス

公共交通機関での行き方

周囲約130kmに及ぶ屋久島の、北~東~南にかけて半周する事になります。屋久島交通バスの栗生(くりお)方面行きに乗車。宮之浦港からは約85分、安房港からは約45分の距離です。そして平内海中温泉停留所にて降車し、徒歩約10分で到着するでしょう。

車での行き方

バスと同じく屋久島の東側を半周します。宮之浦港からは約60分、屋久島空港からは約30分の距離。県道77号線へ入り左に種子島海峡を見ながら進みます。尾之間温泉を通過後、鈴川(すずこう)付近から県道78号線へ入りさらに西進。そして平内海中温泉停留所から左へ入れば、間もなく到着でしょう。ただし駐車可能スペースはわずか4台です。

Address 〒891-4406 鹿児島県熊毛郡屋久島町平内
Hours 24時間
Closed なし
Tel 0997-43-5900(屋久島町観光まちづくり課)
Web https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10710/

まとめ

屋久島には北海道から沖縄まで、日本すべての気候要素があります。高く険しい山々も、深く広大な森林も、この厳しい気象によって磨きあげられたのでしょう。波風荒い屋久島の中でありながら、温和な南国ムードに包まれた平内海中温泉。日常生活や自然の過酷さも、きっと忘れさせてくれます。最後は地元の言葉で「ひったまがった~、海ん中から温泉の出とる~」(驚いた、海から温泉が出てる)。