カウアイ島の絶景!ワイメア渓谷を100%楽しむ方法

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: sky

出身地は岡山県、海を愛し旅を楽しむサーファーライターです。サーフボードと一緒に日本だけでなく世界中を旅しています。現在はカナダ人と結婚してバンクーバー在住です。

アロハ!カウアイの絶景を楽しみたいならワイメアに来てね!

ハワイのカウアイ島にあるワイメア渓谷は、赤い土の地層が特徴的な長さ22キロにも渡る渓谷です。その道中は海と山に囲まれ、絶景ドライブが楽しめるスポットとしても人気となっています。大自然の景色を見ながら登山を楽しみたい方など、特におすすめです。それでは、その見どころをご紹介していきたいと思います。

カウアイ島に行ったら絶対行きたいワイメア渓谷の魅力

太平洋のグランドキャニオンと呼ばれるパワースポットの一つ

Waime Canyon(ワイメア渓谷)は、世界で一番降水量が多い場所としても有名です。このワイメア渓谷は500万年前の噴火によってできた山が、少しづつ雨や風により侵食され生まれました。長さおよそ22キロにも渡る渓谷が続き、ガーデンアイランド・カウアイ島のあまりの自然の大きさに圧倒される事でしょう。

ワイメアタウンからコケエ州立公園までのドライブが最高

ワイメア渓谷のふもとにあるのが、ワイメアタウンからWaimea Canyon Drive(ワイメアキャニオンドライブ)までの道のりです。ワイメア渓谷まで向かうドライブは、海と山に挟まれどちらも楽しめる絶景ドライブスポットとなっています。頂上にあるKokee State Park(コケエ州立公園)までは、特に見所が満載です。

ナ・パリコーストをが目の前に広がる展望台がある

コケエ州立公園には、あのNa Pali Coast State Park(ナ・パリコースト)が望める展望台があります。ナ・パリコーストは車での立ち入りができない場所にあるため、本来なら船からしか見る事ができない絶景です。しかし、コケエ州立公園の展望台へ行けば自然のままのナ・パリコーストを見る事ができるので、ツアーなどに参加する必要もありません。

ワイメア渓谷で見たい3つの絶景スポット

これぞキャニオン Waimea State Park (ワイメア渓谷州立公園)

ワイメアタウンから550号線を通ってワイメア渓谷へと向かっていくと、最初にあるのがLOOK OUT(展望台)です。こちらはワイメア渓谷の色とりどりの地層がはっきりと見られるポイントとして知られています。ワイメアからは車で25分ほどの場所にあり、雄大な大自然を目の前に、思わず言葉を失うほどの美しさが広がります。こちらは駐車場とトイレのどちらも完備。

180度に広がるパノラマ絶景 Pu’u Hinahina Look Out(プ・ヒナヒナ展望台)

ワイポ滝を臨む展望台です。ワイメア渓谷の中でも一番人気のポイントとなっています。こちらも駐車場、トイレともに完備。ワイポ滝へのトレイルもここにあるので、ハイカーも集まります。4X4ではない車で来る場合は、こちらが登山口となります。この辺りはインスタ映えするスポットでもあるので、展望台の柵を超え崖に立って写真を撮る人も多数。ただ、柵を超える場合には足元に十分注意しましょう。

むき出しの赤土に滝が流れる絶景 Red Dirt Falls(赤土の滝)

ワイメア渓谷の赤土を流れている滝で、他の場所とは異なる景色が楽しめます。ワイメア渓谷州立公園より手前に位置し、特にサインもないため見逃してしまいがちですが足を止める価値のある場所です。滝自体もとてもきれいですが、道を渡った場所から眺めるワイメア渓谷も大変絶景なのでおすすめです。

ワイメア渓谷を120%満喫できるおすすめ登山コース

デイトリップもキャンプもO K Kukui trail (ククイトレイル)

ハワイは冬場でも日差しが強いので、ジャケットを着用しましょう。また、雨もすぐ降ってくるので雨具も必須です。雨が多いカウアイ島でハイクする際は、沼地も歩く事ができる靴が必要となります。登山は往復8キロの道のりで、3時間半ほどかかる初級〜中級者向けのハイクとなります。キャンプ場もあり、家族連れも多いトレイルとなっています。

滝を間近に感じたいならここ Waipo’0 Fall Trail (ワイポ滝トレイル)

ワイポ滝への登山口までは、悪い道が続くので4X4が必要となります。普通車の場合には、Pu’u Hinahina Look Up(プ・ヒナヒナ展望台)が登山口となるのでご注意を。5.1キロのハイクは2時間半ほどかかります。滝ももちろんきれいですが、目の前に広がるワイメア渓谷は迫力満点。目を奪われるハイクとなる事でしょう。

カウアイ島一の絶景トレイル Awa’awapuhi Trail Parking (アワ・アワプヒトレイル)

こちらはナ・パリコーストを臨むトレイルです。往復10キロの中級〜上級者向けの登山となっていて、3時間〜4時間ほどのハイクが楽しめます。この3つのトレイルの中で一番の絶景を楽しめる登山コースなので、カメラは必ず持参しましょう。

ワイメア渓谷からナ・パリコーストを望む絶景スポット

奇跡の絶景Kalalau Look Up (カララウ展望台)

https://pixabay.com/photos/napali-kauai-hawaii-beach-ocean-3308391/

展望台からの美しい景色です。ここは車で入れないナ・パリコーストが一望できる場所となっています。人間の手が付けられていない自然がいまだに残る、奇跡の光景が目の前に広がっています。ハワイは天気の移り変わりが早いので、到着した時に曇っていたとしても、晴れる可能性も。諦めず少し風向きをみながら待ってみてもよいでしょう。

コケエロードの最終地 Pu’u O Kila Lookout(プウ・オ・キラ展望台)

カララウ展望台から車で5分ほど走った場所にある展望台です。こちらはナ・パリコーストを真正面から見下ろせるポイントとなっています。頂上付近にあるため曇っている事が多いですが、晴れた際にはカララウ展望台より美しい景色が楽しめます。また、ビューポイントがいくつかあり、歩きながらプライベートな場所を探してみるのも楽しいかもしれません。

Pihea Vista Junction(ピヘア・ビスタ・ジャンクション)

Pu’u O Kila Lookout (プウ・オ・キラ展望台)が登山口となっています。ナ・パリコーストを眼下に美しい景色の中登山が楽しめるトレイルです。駐車場から3キロほど続く絶景トレイルを歩いていくと、ジャンクションに到着します。ジャンクションからは、アラカイスワンプへとトレイルが続いていきます。こちらは滑りやすく泥の多いトレイルなのでスニーカーで行く事はできません。しっかりと装備を整え、登山を楽しんでいってください。

ワイメア渓谷玄関口、マイメアタウンでランチをしよう

Shrimp Station (シュリンプステーション)

Shrimp Stationは、カウアイ島ではワイルアとワイメアに2店舗ある地元の人たちからも人気のお店です。中でもおすすめなのが、ココナッツシュリンプ。カリカリに揚げたエビフライが美味しいと評判です。テイクアウトもできるので、ワイメア渓谷の展望台に持っていきピクニックスタイルで食べるのも人気のスタイルとなっています。

住所|〒96796 9652 Kaumualii Hwy, Waimea, HI 96796 USA
営業時間|AM11:00〜PM17:00
定休日|なし
電話|+1 808-338-1242
公式サイトはこちら

Ishihara Market (イシハラマーケット)

こちらは日系ハワイアンが経営しているスーパーマーケットです。地元の漁師さんまでが、こちらで売っているポケがカウアイで一番上手い、とまでいう絶品メニューが並びます。ポケはS・M・Lサイズから好きな量を選んだり、炊き立てご飯を注文する事もできます。1スクープ・2スクープから選んでください。また、日本のお菓子や飲み物も販売しているので、日本食が恋しくなった際にも立ち寄りたいお店です。

住所|〒96796 9894 Kaumualii Hwy, Waimea, HI USA
営業時間|AM06:00〜PM19:30
定休日|なし
電話|+1 808-338-1751
公式サイトはこちら

Da Booze Shop (ダ・ブーズショップ)

ハワイアン料理や弁当が味わえるお店となっており、バーベキューのいい匂いが外まで漂います。おすすめはプレートランチで、お肉とご飯にマカロニサラダが付いています。どのメニューもアメリカンサイズといった大きさです。かなり大きなサイズので、日本人は2人で食べてちょうどいいかもしれません。

住所|〒96796 9883 Waimea Rd, Waimea, HI 96796 USA
営業時間|AM10:30〜PM21:00
定休日|毎週日曜日
電話|+1 808-338-9953
公式サイト|なし

ワイメア渓谷までのアクセス

バス・電車での行き方

公共交通機関などがないため、ツアーで行くかレンタカーでしか行く事ができません。

ツアーに参加しての行き方

ハナペペ&ワイメア渓谷の日本語のツアーがあります。現地ガイドの英語ツアーも同じくらいの価格となっています。日本語のツアーでしたら、コアツアー http://www.koatours.com/jp/を参照ください。

自動車での行き方

リフエから50号線(kaumualii HWY)で1時間ほど走るとワイメアへと到着します。ワイメアからは550号線(Waimea Canyon Dr)でワイメア渓谷に行くか、ケハカ(Kekaha)を通り、コケエロード(Kokee Road)経由でワイメアへと行く事ができます。

まとめ

ワイメア渓谷は、特徴的な赤い地層や滝、海や山の絶景が楽しめる渓谷です。美しい海やハワイならではの景色を楽しみながらのドライブは最高の贅沢。また、さまざまなレベルに合わせて登山を楽しむ事もできるので、実力に応じて自然と触れていってください。