緑に囲まれた安房神社でお参りとお花見を楽しもう

トラベルパートナー: Fuzuki

千葉県出身。主に国内のお出かけスポットや観光スポットが得意です。メインは千葉県、東京都、神奈川県などの関東地方とよく訪れる宮崎県です。他にも国内であれば多くの観光スポットに訪れます。旅行は家族と訪れることが多く、博物館や歴史に関するスポットを巡るのが好きです。家族や友達と楽しめるスポットを中心にご紹介できればと思っています。

館山に位置する安房神社は「イヤシロチ」とも言われる神社だよ!

全国には多くのパワースポットが存在し、最近ではパワースポット巡りを目的に旅行する人も増えてきています。千葉県館山市に位置する安房神社もその1つで、イヤシロチと言われる強力なパワースポットの1つです。特に金運に御利益のある神社ですので、金運を高めたいという人におすすめの神社です。

天太玉命を主祭人に祀る安房神社

館山のドライブスポットとして人気の房総フラワーライン沿いに位置する安房神社は、千葉県のパワースポットとしても有名です。

歴史のある由緒正しい神社の境内は神聖で心地よい雰囲気が漂っているため、全国から多くの人が参拝に訪れます。

安房神社の歴史は紀元前にまでさかのぼる

安房神社の歴史は非常に長く、始まりは紀元前660年と伝えられています。始めは現在の徳島県と伝えられており、その後奈良時代に入り現在の場所に安房神社が創建されました。

平安時代には国から名神大社に指定され、安房国一之宮として多くの人々に知れ渡り、崇拝されるようになったという歴史を持つ神社です。

天太玉命は日本の産業の神様

安房神社の主祭神である天太玉命は、日本におけるすべての産業を司る神として多くの人々に崇められています。

天照大御神が引きこもってしまった際、鏡や武具など天照大御神が再び姿を見せてくれるように多くの品々を用意し、さらに社殿を造営したと残されています。

この神話から物を創り出す神様として商売や物作りのご利益を得たい人々に信仰されるようになりました。

神社本庁によって別表神社に指定

戦後に発足された神社本庁によって、安房神社は神社本庁が国内で特に優れていると判断した神社に贈られる別表神社に指定されました。

紀元前からの歴史を持つという点や、神社が創建された由緒が素晴らしいという点が評価され、安房神社は指定されたと考えられます。

安房神社はイヤシロチとも言われるパワースポット

安房神社は日本におけるすべての産業の神と言われている天太玉命を主祭神として祀っているため、商売繁盛を願う人や物作りに関わる職業の人に人気の神社です。

良いエネルギーや気が集まるイヤシロチとしても有名なため、パワースポットとしても人気が高い神社でもあります。

安房神社はパワースポットとして有名

清らかな気やエネルギーを持つイヤシロチとしても知られる安房神社は、全国的にも強いパワースポットとして知られています。近年、パワースポット巡りが人気となり、安房神社もその1つとして人気が高いです。

境内は緑に囲まれながらもすぐ近くは海が広がっており、大自然に恵まれた位置に建っていることも大自然のエネルギーを感じられる理由の1つです。

日本の龍の爪部分に当たる三大金運神社の1つ

安房神社はパワースポットとしてだけでなく、日本三大金運神社の1つとしても有名です。そのため、経営者など多くの人が訪れています。

説によると、日本列島を龍の形に見立てたとき、安房神社がちょうど龍の爪部分に当たるということから、一度掴んだ運は離さないと言われており、それが商売や金運に繋がっていると考えられています。

さらに日本一の山である富士山と白山を結ぶライン沿いに位置していることも、パワースポットとして強力な運気を持つ神社として有名な理由です。

異なる御利益がある上の宮と下の宮

境内には本殿にあたる上の宮と上の宮と共に造営されたと伝えられている下の宮があります。上の宮には主祭神である天太玉命が祀られており、産業や商業に関する御利益だけでなく、心願成就や必勝祈願に御利益があるとされています。

また、上の宮の相殿には5人の神様が祀られており、美術や装飾、建築など「造る」ということに特化した御利益を授けてくださる神様が集まっています。そのため、様々な分野のクリエイターさんにも人気があります。

上の宮とほど近い位置に建つ下の宮には天富命と天忍日命が祀られており、開拓の神として崇められています。

開拓の神といういわれから、新しいことへの挑戦や新しい縁にご利益があると言われています。まだ出会っていない人との縁を結びたいという方は、本殿の上の宮だけでなく下の宮も忘れずに参拝しましょう。

ご神木から感じるパワーに圧倒!

開拓の神が祀られている下の宮の隣に位置する槇の御神木は、樹齢が500年とも言われており、長い間安房神社を見守ってきたその姿はとても神々しいものを感じます。

遠くから拝むのはもちろん、御神木の傍まで近寄り下から見上げると、よりエネルギーを強く感じると多くの人が訪れますが、御神木は位置的にも意識して探さなければ見逃してしまう恐れがあるため注意が必要です。

移り変わる四季を楽しむのも素敵

安房神社はパワースポットとして全国的に有名な神社ですが、地元では四季を楽しめるスポットとしても人気が高いです。最近では全国的にも知名度が上がってきたため、毎年多く人が四季を感じるスポットとして訪れます。

春には桜が、夏には青々と茂った緑が、秋には紅葉を拝むことができるため、四季ごとに異なる雰囲気の安房神社を楽しむことができるのもポイントです。

春には参道の桜の木が満開に!

https://www.instagram.com/p/Bv8SowFnhZU/

安房神社の入り口である鳥居から境内に続く参道沿いには、多くの桜の樹が植えられています。そのため春になると桜が満開になり、神聖な参道がより美しく華やかな参道へと姿を変え、普段とは異なる景色を見せてくれます。

参道だけではなく、境内で営業している茶屋からも桜を眺めることができるため、営業時間中はぜひ立ち寄り、景色を楽しみながら軽食と共に休憩したい。

昼の桜も美しいですが、夜に訪れるとまったく違う雰囲気の中、桜を楽しむことができるため、昼ではなくあえて夜に訪れるという人も少なくありません。

ライトアップなど華やかな演出が行われているわけではありませんが、昼間よりも厳かで静寂に包まれた雰囲気に立ち並ぶ夜桜は妖艶な雰囲気を醸し出しています。

また周辺には明かりが少ないため、澄んだ晴れの日は星空も美しく、桜と星空を同時に楽しむことができます。

秋には境内が黄色や赤に色付く

秋になると境内の銀杏や楓が綺麗に境内を彩り、春や夏とは違った切なくも美しい境内を楽しむことができます。

安房神社の境内には何本もの大銀杏の樹が植えられているため、秋になると黄色く色付いた銀杏の落ち葉で辺り一面、黄色い絨毯が敷き詰められたように見え美しいです。

楓は銀杏に比べると少ないですが、黄色の中に色付く真っ赤な楓が美しいコントラストを見せてくれます。

参拝の後はあづち茶屋で休憩を

安房神社の境内にはあづち茶屋という和風茶屋があります。境内の本殿や下の宮など、他の建築物と比較しても茶屋だけ浮くことがないような和風ながらも綺麗な建築デザインとなっています。

ゆったりとした店内では、和菓子や抹茶、ぜんざいなどの軽食が楽しめるため、安房神社はもちろん、周辺の観光スポットを巡った後にゆっくりと休憩したいという方にもおすすめです。

茶屋内から境内にある池の景色を眺めることもできるため、春や秋には景色と共に和菓子を楽しむ参拝客が多く見られます。

安房神社へのアクセス

バスでのアクセス

公共交通機関で訪れる場合は、館山駅から安房白浜行きのバスに乗車し、20分ほどで到着する安房神社前バス停で下車します。

車でのアクセス

車でアクセスするならば、富津館山道路の富浦出口で下り、国道127号線を館山白浜方面へ進みましょう。約50台駐車可能な駐車場がありますので、参拝する際はそちらを利用しましょう。

住所|〒294-0233 千葉県館山市大神宮589番地
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0470-28-0034
公式サイトはこちら

まとめ

安房神社は日本におけるすべての産業の神と言われる天太玉命が祀られているだけでなく、イヤシロチと呼ばれる強力なパワースポットでもあります。物作りに関わる職業の人はもちろん、新しい事へ挑戦する人や新しいご縁に巡り会いたいという人も、ぜひ参拝に訪れましょう。