岩下コレクションは約70万点の所蔵を誇る湯布院の大博物館

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

2億円のバイクは必見!!バイク好きな人もそうでない人も一度訪れると癖になる!

湯布院にある岩下コレクション、ずらりと並ぶ展示物からは歴史を感じることが出来ます。懐かしいもの、海外の物、そして世界に1台しかない2億円のバイクにも出会え感動の連続です。そんな岩下コレクションの基本情報などを解説いたします。

岩下コレクションとはどんなところ

湯布院の少しはずれにある岩下コレクションは、湯布院ICからも近く眺めが良い場所にあります。駐車場にはSL機関車や自由の女神などがあり、初めて訪れた方は入場をためらうかもしれませんが、心配はいりません。

そこにはビンテージバイクをはじめ、昭和に使っていた物やおもちゃなど約70万点の展示が訪問客を迎えてくれます。

観光地としても有名な湯布院は、少し車で走ると景色がガラリと変化し自然豊かな街並みもあれば、地面から湯気が湧き出す温泉街。

そんな素敵な場所にオーナーの岩下氏が「自分の人生を作りたい」と思い立ち約30年かけて総重量1,000トンに及ぶ文化財等を収集し、2001年8月11日に岩下コレクションは開館しました。

受付を済ませ見上げると、吹き抜けの窓からはステンドグラスがキラキラ輝いており、訪問客をうっとりさせてくれます。中でもイギリスの故・ダイアナ妃の実家、スペンサー家ゆかりのステンドグラスは、約100年前の物であり幻想的な光を放っています。

また、英国のロイヤルスタンダードバーで実際に使われていたバーカウンターは、建物が火災に遭い取り壊しとなった際に分解されコンテナに積まれ、現在は岩下コレクションの喫茶コーナーとして利用されています。

昭和レトロ館へタイムスリップ

懐かしい昭和の街並みがずらりと並び、ブリキやセルロイドのおもちゃ、ホーロー看板、レトロなポスターなど全国から収集した文化財が約5万点、所狭しと展示されています。

某テレビ局のカメラやギター、往診用バイクなどもあり、どこからか「これ持ってた、これ欲しかった」と嬉しそうな声が聞こえてきます。一歩足を踏み入れれば、懐かしさと昭和の温かさ、歴史を感じることが出来ます。江戸時代・大正時代の物もあり、各コーナーにより展示が異なる為楽しめます。

ずらりと並ぶ世界中のバイク

岩下コレクションは、日本中のバイクファンをはじめ世界中からも沢山の方が訪れる場所です。2階は日本製のバイク、3階は海外のバイクが展示してあり、バイクのことを知らなくても様々なコレクションを見て楽しむことが出来ます。

観光地として有名な湯布院には、金鱗湖や湯の坪街道、由布岳や温泉も素晴らしい場所ですが、湯布院の大英博物館と言っても過言ではない岩下コレクション、バイク好きな方が湯布院の風を全身で感じた後、立ち寄るのもわかります。

2016年に発生した熊本地震で大きな被害を受けた岩下コレクションですが、震災直後にもかかわらず多くの方がバイクで駆け付けてくれたそうです。

このことからも岩下氏のお人柄が分かり、沢山の方々の思いが詰まった場所です。展示替えもあり見たことがない展示物との出会いも楽しみで、価値のある物から懐かしい物、珍しい物まで揃っており、大人はもちろん子供も虜になります。

バイク乗りの人達が立ち寄った証であるアルバムは年代で分けられており、岩下氏の横のつながりやネットワークの広さがうかがえます。

このような博物館は珍しく、これらの文化財は是非、後世に受け継がれていって欲しいと願います。

評価額は時価2億円のバイク

世界に一台しかないアポロ、その金額は2億円とも言われ世界に1台しか作られておらず岩下コレクションの目玉となっています。イタリアのドゥカティ社が1963年にモンスターバイクを作成しましたが、このマシンに対応できるタイヤが無かったため試作のみに終わり世界で唯一の現存する1台となりました。

アメリカのロサンゼルスの倉庫に30年間眠っていたアポロの状態は凄く綺麗であり、世界中探しても岩下コレクションにしかないアポロ、そんな素晴らしい展示物も見ることが出来ます。

日本を代表する俳優高倉健さんの足跡

高倉健さんの遺作となった、「あなたへ」の映画ポスターや台本・レコードなど思い出に残るものが数多く展示されています。

高倉健さんと岩下氏がやり取りした手紙など約1000点の展示があり、高倉健さんの優しさやぬくもりを感じることが出来ます。そして映画のセットの中にいるような気分にもなれ、高倉健さんを近くで感じる一部屋となっています。

近くの観光名所もご紹介

大分香りの博物館で自分だけの香水を

大分香りの博物館は別府大学の創立100周年事業として、大分香りの森博物館から貸与された収蔵品3,625点をもとに開館されました。

香水の歴史や香水瓶のコレクション、匂いに関する様々な展示や原料などの香りをかぐことが出来る日本でも珍しい博物館、最初から最後まで飽きることなく見学が出来ます。

可愛らしいお庭の横には足湯もあり、香りに癒された後は足湯でさらにリラックス。そして外国のようなお庭には種類豊富なハーブや花々もあり、ゆっくりと散策も楽しめます。

香りファクトリーでは、香水が出来るまでの流れや蒸留器、香料の原料や調合方法、世界中の誰もが知っている香水もあります。

香水の歴史を知ることにより香りがその国でどのように発展し、そして歴史や文化的背景がわかるともっと香りの奥深さが実感できます。

香水作り体験がお勧めのプログラムです。香りにはトップノート、ミドルノート、エンドノートがあり、スタッフさんの分かりやい説明の後は自分の鼻と勘を頼りに調合し、瓶詰めするとオンリーワンの香水ができ上がります。

完成した香水は日が経つと香りが変化し、それもまた楽しみのひとつです。所要時間は約30分ですが、学生の頃を思い出し懐かしい気分にも味わえました。

アロマ体験ルームもあり、リラックスして素敵な香りを体験し日ごろの疲れを癒すことが出来ます。

住所|〒874-0915 大分県別府市北石垣48-1
営業時間|10:00~18:00(体験受付は17:00まで)
定休日|博物館・カフェ (12月31日、1月1日) カフェのみ (定休日:日曜)
電話|0977(27)7272
公式サイトはこちら

朝霧が有名な金鱗湖

明治初期の儒学者・毛利空桑が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日で金色に輝くのを見て金鱗湖と名付けられたと言われます。

年間を通じて水温が高いため、湖面から湯気が立ち上り、特に冬の早朝は観光客も少なく、静かに散歩を楽しみながら幻想的な金鱗湖の景色を独り占めできるのでお勧めです。湯布院は食べ歩きや温泉も楽しめるので、一日では時間が足りません。

住所|〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0977‐84‐3111
公式サイトはこちら

シュワシュワがたまらないラムネ温泉

ラムネ温泉館の建築は、東京大学名誉教授であり建築家の藤森照信先生が手掛け、腐食を防ぐ焼き杉と歪みが吸収される漆喰とが白黒のコントラストとなっている建物です。

屋根は手捻りの銅版が張られ、頂上には松の木がそびえています。外湯と内湯で泉質が異なり、体内に炭酸ガスが吸収され、それが全身の血管を拡張して血流を良くします。又湯船の中に顔をつけると美肌になるとも言われるため、息を止めて顔をつける方も多いラムネ温泉。全身に銀色のシュワシュワとした泡がまとい、何とも言えない癒しのひと時を過ごすことが出来ます。

住所|〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
営業時間|10:00~22:00
定休日|毎月第1水曜日(1月・5月は第2水曜日)
電話|0974-75-2620
公式サイトはこちら

岩下コレクションへのアクセス

車での行き方

大分ICから湯布院ICまで約40分

福岡ICから湯布院IC まで約1時間30分

・無料駐車場があり、大型バス5台、乗用車30台駐車可能

JRでの行き方

・大分駅から由布院駅まで、ゆふいんの森号にて約45分

・博多駅から由布院駅まで、ゆふいんの森号にて約2時間

バスでの行き方

・大分空港から由布院駅前バスセンターまで、約55分

・博多駅交通センターから由布院駅前バスセンターまで、約2時間

・西鉄天神バスセンターから由布院駅前バスセンターまで、約2時間

住所|〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北645-6
営業時間|9:00~17:00
定休日|なし
電話|0977-28-8900
公式サイトはこちら

まとめ

珍しいものから日用品をはじめ、岩下コレクションでしか出逢えないものが沢山あります。そして、時価評価額2億円のバイクは、世界中探してもここでしか出会えない貴重なバイクです。受付で頂いた特別会員証を提示すると入場料が半額になるので、湯布院を訪れた際は是非立ち寄りたいと思います。