富弘美術館は円形の展示室が続く自然と調和した美術館

トラベルパートナー: Yoshino

出身地は富山県。在住経験のある北陸・北関東の記事がメインです。読書が趣味なので、好きな作家に縁のある土地や小説の舞台となった場所を旅しています。

星野富弘さんの絵・詩・生きざまに触れられる素晴らしい空間だがね

群馬県みどり市の渡良瀬川沿いにある富弘美術館は、この地出身の画家・詩人星野富弘さんの作品を展示した、モダンな造りの市立の美術館になります。星野さんが口に絵筆を咥えて描いた生命力あふれる絵のすばらしさはもちろん、美術館の建物自体も作品を生かすような素晴らしい造りとなっています。足尾の山々を臨む草木湖にも面した自然と調和した魅力的な施設です。美術館の素晴らしさとあわせて、周辺のおすすめのスポットについても紹介していきたいと思います。

星野富弘氏の作品を展示

富弘美術館は、群馬県桐生市から栃木県日光市へと抜ける国道122号線沿いに位置。美術館は草木ダムにも面しており、山あいの豊かな自然に囲まれた美術館です。普通自動車の駐車場は、国道を挟んだ向かい側にあります。

美しく整備された美術館の前庭

富弘美術館は道の駅富弘美術館の敷地内に位置し、美術館のそばにはきれいに整備されたトイレや農産物の直売所もあります。

美術館の前庭には樹高の高いモミジや小さな草花が植えられており、安らげる空間です。こちらに普通自動車のための駐車スペースはないので注意。

前庭にあるオブジェ

美術館の広い前庭には巨大なオブジェが。ラフランスのようにも見えますが、このオブジェのタイトルは「土の中の豆」。苦しみの中にも希望の光があり新しい命があるということを、土の中でひっそりと発芽を待つ豆で表現しています。

建物自体がアートな美術館

富弘美術館は外から見ると平べったい正方形の建物ですが、中に入ると壁も柱もなく円形の部屋が続いていることに驚きます。

シャボン玉をイメージした大小あわせて33個の円形の展示室は、丸みとあたたかみを感じさせてくれる空間になっています。

ヨコミゾマコトのモダンな設計

富弘美術館は、もともとは使われなくなった老人福祉施設を改装して使用していましたが、2005年にコンペで選ばれたデザインをもとに新しい美術館として生まれ変わりました。

新たな美術館のデザインは、コンペで最優秀賞を獲得した建築家のヨコミゾマコトさんの手によるものです。ロビーもモダンと温もりが感じられておしゃれ。

毎年繰り返す自然をモチーフとした絵

星野さんが絵の題材として心惹かれたのは、春になると咲き秋になると散りを毎年繰り返す自然の姿でした。

可憐で弱弱しそうに見える野の花にも、それぞれの生命の営みや力強さがあるということを星野さんの絵から感じられます。

壁の詩から伝わるメッセージ

絵の横の壁に書かれた詩からも、星野さんの力強くてユーモアのある人生哲学を感じます。

生死を彷徨うような大怪我を負い、絶望の淵に立った時に分かった毎年繰り返す自然の強さや変わることない母の愛、キリスト教への信仰。そういった星野さんからのメッセージが心に染み入ってくるようです。

展示室のすきま

丸い展示室がいくつもくっついているので、そのすきまの空間はちょっとした休憩スペースとなっています。

外からの明るい光が射し、ガラス越しに見える庭の緑でリラックス。庭には星野さんがモチーフとした野の花たちも見えるかもしれません。

草木湖が臨める美術館のカフェ

美術館内にはカフェを併設。テラス席もあるので、天気の良い日は近くを流れる草木湖の様子を見ながらお茶を楽しまれてはいかがでしょうか。

コーヒーや紅茶などのドリンクのほか、種類は多く無いですが自家製パンやデザートもあります。

人気の自家製シフォンケーキ

クリームを添えた人気の自家製のシフォンケーキは、是非ドリンクとセットで。カフェの営業時間は、AM10:00-PM5:00(ラストオーダーはPM4:30まで)。カフェのみの利用の場合は入館券なしで大丈夫です。

美術館の周辺にも観光スポットが充実

富弘美術館はみどり市の山あいにあり、国道122号線沿いには草木ダムや草木ドライブイン、親水公園などの観光スポットも充実しています。

美術館の観光とあわせて周辺のスポットに立ち寄ることもおすすめです。

美術館に面している草木ダム

富弘美術館は草木ダムに面し、美術館からダムまでの散策路も整備されています。草木ダムの人造のダム湖である草木湖は湖周約12㎞の大きな湖で、ダム湖百選にも選ばれている美しい湖。

散策路をゆっくりと散歩しながら、星野さんが生まれ育った美しい自然の風景を感じられてはいかがでしょうか。

草木ドライブインまでは徒歩数分

富弘美術館から国道122号線沿いに数分歩いた所には、道の駅草木ドライブインがあります。

草木ドライブインでは蕎麦・うどんといったお食事の他に、よもぎまんじゅうやくるみ焼きまんじゅうなどの地元のお土産も購入可能。製造直売のよもぎまんじゅうは、一日2000個売れる人気商品です。

草木ドライブインの裏手の珍スポット

草木ドライブインの裏手には、隠れた珍スポットがあります。ドライブインの横の細道を進んでいくと、ゆうゆうとねそべる寝釈迦仏が!

普通は寝釈迦仏と言えば右手で頭を支えて横たわっているイメージですが、こちらは背中をべったりと台座につけており表情もなんとなくユーモラスです。

寝釈迦仏の傍らには弘法大師像

寝釈迦仏のご本尊は双子山の山中にあり、草木ドライブインにあるのはそのレプリカとなっています。

レプリカの寝釈迦仏の傍らに佇むのは弘法大師像。弘法大師が寝釈迦仏の姿を見て開眼したという言い伝えから、こうしてセットで設置されているそうです。

住所|〒376-0302 群馬県みどり市東町草木75
営業時間|(平日)AM9:00-PM5:00、(土日祝日)AM8:30-PM5:00、(コンビニ)AM8:00-PM7:00
定休日|12/26-1/1
電話|0277-95-6137
公式サイトはこちら

富弘美術館へのアクセス

自動車を利用する場合

北関東自動車道伊勢崎ICからは、上武道路を経由して赤堀・大間々方面へ向かうこと約55分で美術館へ到着。

関越自動車道赤城ICからは、国道353号線を経由して大間々方面へ向かうこと約1時間20分で到着。

東北自動車道宇都宮ICからは、日光宇都宮道路を経由して清滝ICで降りて、国道122号線を走ること約1時間20分で到着。美術館の付近には無料駐車場があります。

電車を利用する場合

JRの最寄り駅は桐生駅。桐生駅からわたらせ渓谷鐵道に乗り換えて、神戸(ごうど)駅で下車。桐生駅から神戸駅までは約1時間。

神戸駅からはコミュニティバスを利用し、停留所富弘美術館で下車。神戸駅から富弘美術館までは約10分。

住所|〒376-0302 群馬県みどり市東町草木86番地
営業時間|AM9:00-PM5:00(入館はPM4:30まで)
定休日|12月~3月の月曜日(祝日の場合は翌日)、12/26-1/4、その他展示替えのため臨時休館あり
電話|0277-95-6333
公式サイトはこちら

まとめ

富弘美術館は、みどり市立のそれほど規模の大きくない美術館ですが、県内外から星野さんの絵や詩のすばらしさに惹かれた観光客が多数訪れる人気のスポットです。

美術館の内部は星野さんの絵や詩の魅力を引き立てるような、流れるような柔らかな円形の展示室が続き、画家の自由でのびやかな心持を感じます。また、周辺の山々や草木や湖などの自然と調和して佇んでいるところも美術館の魅力のひとつ。美術館での鑑賞の後は、美術館から草木湖へと続く散策路を散歩し、星野さんがモチーフとし星野さんを育んだこの地の風景を是非体感して欲しいです。

富弘美術館には、熊本県の芦北町に姉妹館として「芦北町立星野富弘美術館」があります。他にも規模は小さいですが、群馬県前橋市の群馬大学医学部附属病院には、星野さんの絵を展示したギャラリーが2012年からオープン。星野さんの絵に強く興味を持たれた方には、そうした施設もおすすめです。星野さんの人柄や生きざまに、より強く触れられるのではないでしょうか。