緑の文化園は自然を求めて人々が集まる憩いの森

公開日:2019/6/13 更新日:2019/6/17

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Maayu
子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。
自然の中で過ごしたい人にぴったりやで!

大阪の中でも美しい自然が残る四条畷市にある緑の文化園は自然を身近に楽しみたい人におすすめです。さまざまな生き物を観察したりスポーツで汗をかいたり家族や友人と自由に楽しむことができるのも魅力。そんな緑の文化園について楽しみ方をご紹介します。

緑の文化園の楽しみ方をご紹介!

自然豊かなオアシス

緑の文化園は大阪市内から1時間ほどで行ける自然豊かな緑が広がる森です。広大な敷地の森の中にはマイナスイオンが溢れ、日常から解放されてリフレッシュできると評判なのです。

また、大阪の中でも有数の自然が残っている場所で数多くの生き物や野鳥など魅力的な出会いがたくさんあることでしょう。地元の人はもちろん大阪府以外からも多くの人が自然を求めて訪れます。

どんな年代の人でも楽しめる

緑の文化園に訪れる人はさまざまで、よちよち歩きの子供を連れたファミリーやお年寄りまで幅広い年代の人がいます。

自然と触れ合える魅力的な森として遠足先や合宿先としても人気があり、仲間や家族、友達同士などグループで訪れるのもおすすめです。

身体を動かしたい人におすすめ

広大な敷地の中には野球場やテニスコートがあり、ウォーキングコースも気軽なコースから本格的なコースまであるのが魅力的。

また、アスレチックや滑り台などの遊具もあるので子供達にも好評です。空気の綺麗な自然の中で身体を動かして楽しみたい人はぜひ訪れてほしい場所。

緑の文化園のメインエリアに行こう

スポーツがしたい人はまずこちらへ

緑の文化園のメインエリアにあるセンタープラザは野球場やテニスコート、サッカーやラグビーができる球戯場などのスポーツ施設を利用したい時に窓口となる施設です。

事前に電話で予約する方が確実ですので事前に問い合わせておくとスムーズです。また、利用できる時間は季節によって変動するので注意して下さい。館内にはロッカーや更衣室もあるので女性でも安心ですね。

農園レストランで自然の恵みをいただこう

センタープラザの隣にある建物のグリーンファームは、うどんなどの軽食が食べられるレストランとなっています。夏にはカキ氷なども出るのでちょっとした休憩にもおすすめ。

こちらは緑の文化園の中で貴重な食事がいただける施設となっています。レタスや小松菜、チンゲイサイなど朝採れの新鮮な野菜もリーズナブルな価格で販売しています。

自然の中を歩こう

木々の中を散策しよう

センタープラザの前の登り道を奥に進むと現れる広い駐車場。ここは無料で利用できる駐車場でウォーキングコースの入口となっていることから、朝早くから多くの車が泊まっています。

ここから右沿いに歩いて、むろいけ園地の案内所を過ぎるとさっそく入口のエントランスゲートに到着です。



たくさんの出会いが待っている

自然が多く残っている森の中ではさまざまな生き物が生息しているので、普段見かけないような大きさの昆虫やチョウなど最初は驚くかも。

ですが、次第に聞こえてくる野鳥の鳴き声に耳を傾けてみたり生き物を観察してみたりと、子供に戻ったような好奇心をくすぐられること間違いなしです。

森の工作館で自然について学ぼう

ウォーキングコースの途中には森の工作館へ続く分かれ道があり、ユニークなモニュメントが出迎えてくれます。

ログハウスのような建物の中では隠れている昆虫を探したり、生息している昆虫の展示に自然の色を使ったカラーゲームなど、大人も子供も夢中になる展示が面白いです。

森の宝島は子供達に大人気!

森の宝島へ行こう

森の宝島は子供向けの遊具が揃っているエリアで、訪れる人もファミリーが多め。こちらへはセンタープラザから歩いて行くこともできますが少し距離があるため、小さい子供連れなら近くにある森の宝島用の駐車場に停めるのがおすすめです。休日には多くの車が停まっているので午前中には行くのがベスト。

ゆらゆら揺れる吊り橋を渡っていこう

駐車場から森の宝島へ行くためには吊り橋を渡っていくのがおすすめ、駐車場の奥にある細い道を見逃さないようにしましょう。

吊り橋は狭くスリルでハラハラしますが、吊り橋からの景色はなかなかの絶景スポットで四季を通して見事な景色を楽しませてくれます。

眼下に見える梅林や青い空、遠くの街などここでしか見れない絶景を十分に堪能できる場所。荷物が沢山ある場合や子供が怖がる場合などは駐車場入り口側に迂回路があるので安心です。

スリル満点の滑り台が面白い

吊り橋を渡ると森の宝島のわいわい広場へ到着です。シドニーやパリ、ニューヨークにモスクワなど世界中の現在時刻がわかる時計が集まった時計のモニュメントがあり、その向こうには大きな滑り台が目立ちます。

この滑り台はびっくりするほどスピードが出るのでスリルが味わえます。下が砂場になっているので安心ですが、怖がってしまう子供にはすぐ隣に高さの低い滑り台があるのでそちらで遊びましょう。

近くには屋根付きの東屋が一か所、ベンチもたくさんあるので安心して見守れます。

人気の遊具が目白押し

滑り台の頂上からはさらに遊び場が続きます。小さな子供向けの複合遊具があったり汽車の遊具など、どの遊具も子供達に大人気。奥にあるターザンロープは幼稚園から小学生くらいの子供に人気でいつも並んでいます。老朽化のため遊ぶのが禁止されている遊具もあるので子供が間違って遊ばないよう気を付けましょう。

広場にはトイレもあるので安心。駐車場からここまでは離れているので、こちらでトイレ休憩をしておくのがいいかもしれません。



アスレチックで頂上を目指そう

ターザンロープの奥にはアスレチックの入口があり、アスレチックを攻略しながら頂上へと向かいます。グラグラする吊り橋や丸太を渡ったりロープを使った坂など全身の運動にも効果的です。

アスレチックは狭く、大人が付き添うのは少し難しいので一人でチャレンジできる年齢の子供がおすすめ。アスレチックの脇には歩道が整備されています。なお、アスレチックは一方通行となっていますので注意しましょう。

森の劇場で一休み

アスレチックを登り切った場所は森の劇場と呼ばれる広場で、開放的で明るいエリアとなっています。ボール遊びや鬼ごっこ、虫の観察なども楽しめます。大きな岩がそこらじゅうにあるので子供達の格好の遊び場となっています。

木でできたテーブルやイスもあるのでこちらでお弁当を広げるのもおすすめ。のんびり過ごしたい人にいかがでしょうか。

緑の文化園で宿泊もできる

緑の文化園にはアイ・アイ・ランドと呼ばれる宿泊施設があり、自然の中で一日を過ごすことができます。

まわりは自然に囲まれていて日常の喧騒からかけ離れた穏やかなプライベート時間を過ごせると評判です。お子様ランチがあるレストランやコテージもあるので家族でも利用しやすいのが魅力。

緑の文化園で遊んだ後にそのまま利用できるので便利ですしエステや屋内プールなど自然に囲まれた中で贅沢なひとときを楽しめます。

緑の文化園へのアクセス

車でのアクセス

・第二京阪道路 寝屋川北ICより車で約15分

・水辺自然園の駐車場か森の宝島の駐車場を利用するのが便利、それぞれの駐車場は離れているので目的地の近くに停めるのがおすすめです。

・スポーツをする人はテニスコートやグラウンドの近くに駐車場もあるのでそちらを利用しましょう。

公共交通機関でのアクセス

・JR四条畷駅より京阪バスで逢坂停留所で下車し徒歩約20分

Address 〒575-0011 大阪府四條畷市逢阪
Hours AM9:00-PM17:00
Closed なし
Tel 072-876-4101
Web http://www.midorinobunkaen.com/