豊川稲荷は金運アップに最強の効果のある狐だらけのパワースポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

大きな本殿に参道グルメも楽しめてでらすごいがや

愛知県豊川市にある豊川稲荷は日本三大稲荷に数えられているほど有名な場所。狐の像をたくさん見る事のできるこの場所では、さまざまなご利益を得られます。ここでは、その魅力と詳細をお伝えしていきます。

豊川稲荷のご利益満載の魅力に迫る

正式名称は豊川閣妙厳寺

鳥居があり稲荷という扱いなのですが、正式名称は豊川閣妙厳寺です。京都、佐賀にあるものに続き、日本三大稲荷の一つに数えられています。570年以上も経っている室町時代に建設されたお寺で、長い歴史を持つ立派な本堂は何度見ても飽きません。

広い境内は見どころ満載

歴史上の偉人とも関係がある由緒正しきお寺なので、歴史が大好きな方やパワースポットを巡っている方にもおすすめな場所です。千本のぼりや霊狐塚のような豊川稲荷の名物スポットもあり見どころ満載なので、時間に余裕をもってゆっくり回ると良いでしょう。

参道には出店があり、ユニークな食べ物を味わえるので非常に楽しめます。

商売繁盛を願って全国から参拝客が訪れる

商売繁盛の神様を祀っている事で知られてる豊川稲荷には、全国各地から参拝客がやってきます。また、観光ツアーなどの団体客も多く見受けられます。本殿は常に混雑しているのですが、初詣の時期などは非常に多くの人が参拝に訪れるため周辺の道路も渋滞するので、注意してください。

一番有名なのは商売繁盛の神様ですが、金運アップや家内安全のようなご利益も得られるのでぜひ足を運んでみてください。

豊川稲荷へ参拝に行こう

歴史に名を残す大きな本殿

総門から入るとなだらかな上り坂が続いています。それをぐんぐん登っていくと、立派な本堂が眼前に現れます。豊川稲荷では本殿の前にいるのは、狛犬ではなく狛狐。ここは織田信長や豊臣秀吉も訪れた場所であり、歴史を感じながら参拝してみるのもおすすめです。

境内にはレトロなポストも

豊川稲荷の境内には、明治45年に作られたとされている日本最古のポストが設置されています。時代を感じるレトロなデザインで、丸みを帯びていてとても可愛らしいです。またこのポストは、写真スポットとしても人気。

今でもポストとして機能しており、美しい屋根がある事で有名な最祥殿の目の前にあるので、是非訪れてみてください。

鐘楼堂で世界平和を願う鐘の音が響く

総門を過ぎた右手側には、鐘楼堂があります。現在見ることのできる鐘は、戦時中に一度回収され、戦後に世界平和の祈りを込めて改鎮造されたものです。本殿が完成した事の記念に作られたもので、この鐘楼堂で鳴らす除夜の鐘は非常に有名で、テレビで放送される事も。

朝夕には僧侶がここで鐘を鳴らすのを見る事ができ、鐘の音と間近で鐘を突く様子を見に来る人もいます。

本殿の奥に続く参道にもおすすめの見どころがある

どこまでも続く千本幟

本殿から奥の院へと続いている参道沿いには数えられないほどの幟が立てられていて、その数の多さに千本幟という名前で呼ばれています。奥の院の正面に幟の御奉納受付所があるので、幟をたてたいという方は奉納することも可能。1つの幟に1つの願いが祈願できるようになっています。

有名人の幟もあり、さまざまな幟を目にしながら歩くのも楽しみ方の一つです。

大黒堂でご利益にあやかろう

大黒堂では福徳を得る事ができるとされており、豊川稲荷の見どころの一つ。大黒天を優しくなでてあげると、願いを聞いてもらえると言われています。大黒堂の前にはおさすり大黒天と呼ばれている2体の大黒天像が置かれており、多くの人がその像を撫でていきます。

昔は像を削って持って帰っていた人もいたようなのですが、撫でるだけで御利益がもらえるので、決して削らないようにしてください。

狐の石像は境内の一番奥にある

霊狐塚は辺り一面キツネだらけで圧倒される

大黒堂から奥に進んでいくと、境内の最奥部である霊狐塚が見えてきます。ここにはおよそ800体の狐の石造が置かれており、見回すと狐だらけでどこか厳かな雰囲気が漂っています。ここを訪れた人には金運アップの御利益があるという、強いパワーを持つパワースポット。

ここでしか見れない貴重な場所

ここは実際に訪れて願いがかなった人がそのお礼に寄進したものが集まっているため、非常に珍しい場所になっています。大小さまざまな形の狐の像が置かれており、どの像にも赤いよだれかけがかけられています。笑っていたり怒っていたりと表情も異なるため、いろいろな狐を見比べてみるのもおすすめ。

御朱印をいただこう

国内でも有数のパワースポットとして知られている豊川稲荷は、御朱印をもらいに来る人も多く見受けられています。御朱印がもらえるのは、本殿の前にある御朱印所。元旦には御朱印を手に入れるまでに相当待たなければならないので、御朱印が欲しいという方は他の日にちに訪れるようにしましょう。

初詣の混雑に気を付けよう

豊川稲荷が一番混雑するのは、初詣の時期。駐車場や周りの道路も混雑してしまうため、できれば公共交通機関で行く事をおすすめします。大晦日や元旦には参拝するための列が非常に長くなっており、参拝するだけで1時間以上かかってしまいます。

初詣に行く場合は、3日以降がおすすめ。参拝に行くまでの参道に出店もあるので、そちらも楽しめます。

参拝を終えたら駅前までのんびりと散策しよう

豊川いなり寿司は絶対押さえておきたいグルメ

View this post on Instagram

こんばんは🌙 東京さんぽで偶然通りかかった嵐さんスポット😆✌🏻 【豊川稲荷境内家元屋】 ・名物 昔ながらのいなりずし 3個入 330円 某番組の手土産に木村拓哉さんが買いに行った品😳😳 ニノさんもスタジオで食べていたので参拝と共に購入😘 油揚げ自体に味がしっかりしみこみ甘い〜😍😍 じゅわ〜っと口に広がるおだしの甘みがたまらない🤤💕 お米にもたっぷりおだしがしみている◎ にんじんなど少しお野菜も混ぜられているタイプ😌 いなりずしだけでなく紅生姜も添えられています😉 偶然の出会いに感謝〜🥰 #tokyo #arashi #ninomiyakazunari #sushi #japan #japanese #yummy #東京さんぽ #豊川稲荷 #豊川稲荷境内家元屋 #名物昔ながらのいなりずし #昔ながらのいなりずし #いなりずし #おいなりさん #ニノさん #木村拓哉 #手土産 #嵐 #二宮和也 #寿司好きな人と繋がりたい #米好きな人と繋がりたい #嵐好きな人と繋がりたい #美味しい #かずな旅行

A post shared by かずな (@kazuna103) on

正門前に位置する門前町には、食事処やお土産屋などがそろっています。豊川市はいなり寿司発祥の地としても知られており、いなり寿司のお店がたくさんあります。ぜひいろんなお店で食べ比べてみてください。持ち帰りも可能なので、お土産としても喜ばれる一品です。

おきつねバーガーは食べた事のない食感がクセになる

狐と言えばまず油揚げが頭に思い浮かびます。ここでは、パンに変わりに油揚げを使ったおきつねバーガーが食べられます。肉厚の油揚げがぱりぱりしていて美味しく、1個ペロッと食べられるので食べ歩きにおすすめ。

そのほかにも油揚げを用いた面白いグルメがたくさんあるので、ぜひここでしか食べられないものをチャレンジしてみてください。

観光案内所もおすすめ

門前町にはレトロな作りになっている豊川市の観光案内所があります。豊川稲荷について知りたい事がある方は、ここを訪れてみてください。困ったときは何でもスタッフの方が案内してくれるので、おすすめ。

パンフレットも置かれており、豊川稲荷周辺の情報も得られます。ゆるキャラのいなりんグッズも販売されています。

住所|〒442-0041 愛知県豊川市旭町8
営業時間|AM9:00-PM16:00 13:15-14:00は休憩時間となっている
定休日|年中無休
電話|0533-89-2411
公式サイトはこちら

豊川稲荷へのアクセス

車でのアクセス

東名高速道路の豊川ICから車で約10分です。

電車でのアクセス

JR飯田線の豊川駅から歩いて約5分程で到着します。

住所|〒442-8538 愛知県豊川市豊川町1番地
営業時間|AM5:00-PM19:30
定休日|なし
電話|0533-85-2030
公式サイトはこちら

まとめ

歴史上の人物も数多く訪れてきた豊川稲荷では、さまざまなご利益が得られます。また、豊川市がいなり寿司発祥の地という事もあり、いなり寿司も楽しむ事ができます。国内有数のパワースポットを訪れて、日々の活力にしてください。