宮城へ来たら鳴子温泉で癒されよう!

鳴子温泉でゆっくり休んでけ~

・岩手、山形にも近い宮城県の鳴子温泉でゆっくり癒されましょう。

鳴子温泉とは

奥州三名湯の1つ

・飯坂温泉、秋保温泉とともに昔から奥州三名湯として認識されている

・特に「滝の湯」「早稲田桟敷湯」という2つの共同浴場が人気を集めている

・数多くの旅館やこけし・土産の店が温泉街を作り上げており、多くの人が訪れる

充実した泉質

・旅館ごとに泉質が異なり、旅館ごとに様々な泉質を楽しむことができる

・源泉の数は400本近く、多くの旅館が敷地内に自家源泉を持っている

・日本にある11の泉質のうちの9種類が鳴子温泉郷に集まっている

5か所の温泉地から成り立つ「鳴子温泉郷」

「鳴子温泉郷」とは

・山形県と岩手県にも近い宮城県北部の大崎地方を流れる江合川の上流に鳴子温泉郷は位置している

「鳴子温泉」「東鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」の5つの温泉地から成り立つ

・5つの温泉地を比較して巡る観光客も多い

歴史ある「東鳴子温泉」

・昔から湯治場として地域の人々達から親しまれてきた温泉

・江戸時代には「御殿場」という仙台藩主の伊達家専用の温泉もあった

・温泉街はおよそ300メートル、昔懐かしい雰囲気で歴史を感じる旅館やお店がある

温泉郷の入り口「川渡温泉」

・江合川沿いに位置しており、鳴子温泉郷の入り口にある

・鳴子温泉郷の中でも1番はじめに開湯したと言い伝えられている

・「脚気川渡」といわれ、優れた効能を持つと日本中に広まっていた

自然豊かな「中山平温泉」

・鳴子温泉郷の中でも特に自然豊かな温泉として人気が高い

・「うなぎ湯」と呼ばれる肌触りのよい硫黄泉は女性からも美肌の湯として人気を集めている

・鳴子温泉郷の中でも最も湯量が豊富な温泉

「鬼首温泉」の魅力とは

・鬼首(おにこうべ)温泉は栗駒国定公園の中に位置している

・「弁天」「雲竜」という2つの温泉が特に有名

・高原リゾートやアウトドアスポーツも楽しめることから多くの人でにぎわっている

鳴子温泉でおすすめの宿

鳴子温泉に来たら「鳴子ホテル」

・「美肌の湯」が大人気、気温や湿度によってお湯の色が変わるので何回行っても楽しめる

・温泉はもちろん、料理も絶品で地元の人々、観光客から人気の高い老舗宿

・5ツ星宿として認定されており、駅にも近くアクセス抜群

住所|〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元36
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0229-83-2001
公式サイトはこちら

2016年オープン「鳴子温泉 湯元 吉祥」

・2016年にオープンした鳴子温泉郷では比較的新しめの旅館

・源泉かけ流しの無料貸し切り温泉が楽しめる

・客室からは奥羽山脈や中庭日本庭園も見え、癒しのひと時を過ごすことができる

住所|〒989-6100 宮城県大崎市鳴子温泉湯元58−10
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0229-82-4451
公式サイトはこちら

歴史ある「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」

・鳴子温泉郷で230年もの歴史を持つ歴史ある名湯車湯の宿として人気が高い

「黒湯」「白湯」「混合泉」の3種類のお湯が楽しめる湯めぐり温泉宿

・食事はバイキングが人気で、温泉のみならず食事も楽しむことができる

住所|〒989-6821 宮城県大崎市鳴子温泉車湯17
営業時間|24時間
定休日|なし
電話|0570-030-268
公式サイトはこちら

鳴子温泉といえば「こけし」

鳴子の伝統工芸品であるこけし

・鳴子温泉では「鳴子こけし」がお土産に大人気

・「鳴子こけし」は鳴子温泉を産地としており、首を回すと音が鳴るというのが特徴の一つ

・「鳴子こけし」は「作並こけし」「遠刈田こけし」「弥治郎こけし」「肘折こけし」と共に「宮城伝統こけし」として国の伝統的工芸品に選ばれている

「日本こけし館」へ行ってみよう

・「日本こけし館」は昭和50年開業、歴史あるこけしの観光施設

・こけしの絵付け体験を楽しむことができ、その日に持ち帰りも出来る

・他にも様々な種類のこけしグッズが販売されているので、お土産や観賞用に買うのもおすすめ

住所|〒989-6827 宮城県大崎市鳴子温泉尿前74−2
営業時間|8:30~17:00
定休日|1~3月
電話|0229-83-3600
公式サイトはこちら

鳴子温泉でグルメも楽しもう

鳴子では山の幸が絶品

・鳴子温泉付近では山の幸を使った絶品料理がたくさんある

・ホテル・旅館に併設のレストラン以外でも、レストランや食堂でグルメを楽しめる

・山菜、きのこ、うどん、蕎麦などが地元の人々、観光客から特に人気が高い

スイーツ好きにおすすめ「栗だんご」

・鳴子のスイーツの名物といえば「栗だんご」

・みたらし餡の中に団子が入っており、団子の中には栗がまるごと1つ入っている

・他にも「鳴子ゆべし」などが鳴子の甘味として人気が高い

鳴子温泉へのアクセス

電車でのアクセス

・東北新幹線古川駅より、JR陸羽東線へ乗り換え【JR鳴子温泉駅】にて下車

・山形方面からは山形新幹線新庄駅よりJR陸羽東線へ乗り換え【JR鳴子温泉駅】にて下車

まとめ

鳴子温泉では温泉にグルメに伝統工芸品まで様々なものを楽しむことが出来ます。宮城を訪れた際にはぜひ鳴子温泉、鳴子温泉郷を楽しんでいってください。