善知鳥神社へ参拝しよう!青森発祥の地へルーツを探す旅

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Fujiko

出身地は岩手なので、岩手や青森などの東北をメインに書かせていただいてます。旅行でも特にドライブが好きで、思い立ったら1人でも行きます。今までは人物メインの写真が多かったのですが、これからは人物以外の写真もたくさん撮ろうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

青森でたげ人が集まる善知鳥神社へ行ぐべし

青森発祥の地として知られる善知鳥神社は、青森県内でも非常に人気のある神社です。近年パワースポットとしても注目されている神社は、御守りの種類も豊富。神社境内のおすすめスポットやイベントをはじめ、周辺のお店について紹介します。

善知鳥神社とは

街中過ぎるのにオーラが違う青森発祥の神社

青森県青森市にある善知鳥(うとう)神社は、本町が近い街中の一角にあります。宗像三女神を祀る善知鳥神社は、神秘的な雰囲気が漂う神社です。かつて善知鳥村と呼ばれていた場所に現在の青森市がある事から、青森発祥の地と言われています。

善知鳥神社は幅広い年齢層の参拝者が訪れ、初詣には青森県で最も多くの参拝者が集まるというほど、非常に人気のある神社です。

善知鳥神社の起源とは

善知鳥神社の起源は、5世紀頃に遡ります。善知鳥中納言安方(うとうちゅうなごんやすかた)が天皇の勅勘を受け、外ヶ浜鎮護の神をこの地へ祀った事がはじまりです。それから、807年に坂上田村麻呂が東北遠征した際に再建され、1876年に県社に昇格しました。 

親鳥がウトウと鳴けば、雛鳥がヤスカタと応えるという伝説は、和歌や能の題材にもなっていて、よく知られています。

身も心も清めるための手水舎

善知鳥神社の赤い第2鳥居を通り、参道を進んでいくと赤い欄干の橋があります。橋を越えた左側には、桜の木の側に手水舎が見えてきます。手水舎には3つほど手酌が用意されているので、手と心を清めてから参拝しましょう。

善知鳥神社境内には桜の木のほかにも、ケヤキや松といったさまざまな木が植えられています。そびえ立つ木々の様子が神社と相まって、より厳かな雰囲気を漂わせています。

棟方志功ゆかりの神社だった善知鳥神社

善知鳥神社境内を進んでいくと堂々たる狛犬の姿が。狛犬の隣には棟方志功ゆかりの地と書かれた看板が設置されています。棟方志功は国際的版画展で最高賞を続けて受賞した人で、戦後に活躍した青森県が誇る偉人の1人です。

世界的に有名となった棟方志功ですが、幼少時から遊んでいた善知鳥神社で結婚式を挙げるなど、善知鳥神社には非常に愛着を持っていました。また、善知鳥神社内に所蔵されている作品もあります。

拝殿でしっかりと参拝を

宗像三女神が祀られている善知鳥神社。またの名を道主貴(みちぬしのむち)といいます。交通に関するご利益をはじめ、あらゆる道を導く神様として知られています。主なご利益は交通安全や家内安全・商売繁盛・所願成就です。

お参りの際は、二拝二拍手一拝の作法で祈願するのが良いとされています。善知鳥神社には津軽牡丹の紋があしらわれていたり、ウトウを文様にあてた社紋もあったりと、そのデザインにも注目です。ウトウの社紋が用いられた拝殿の幕や、提灯などにもぜひ、注目してみてください。

拝殿だけではない裏に隠されたパワースポット

ゴジラに似た龍神様が待っている

拝殿左側には御宝殿の御輿や、西南戦争の戦没者の慰霊碑があります。さらに左奥にはゴジラのような龍神の石像があり、口から水が流れる龍神の水は、パワースポットとして親しまれています。

龍神の水は水に関係する人の繁栄や安全を司るパワーがあるとされ、用意されている柄杓を使って水を汲み、持ち帰る事が可能です。

池のように見えるうとう沼

拝殿の右側から裏にかけてある沼は、うとう沼と呼ばれています。昔は周囲20キロメートルを超す湖沼でしたが、川の流れを変えた事で干拓し、現在は規模が縮小されています。

また、うとう沼と小島を掛ける赤い橋の先にあるのが、1641年に建立されたという弁財天宮。音楽や芸能を司る神・弁財天は、水の神でもある事から龍神の水とあわせて、お参りするのがおすすめです。

偉人が残した善知鳥神社に関する歌石碑

うとう沼の手前には、松尾芭蕉の句碑や菅江真澄の歌碑があり、奥州街道の終点を示す記念碑などもある善知鳥神社。江戸時代後期の紀行家・菅江真澄は「すみかの山」という作品で、善知鳥神社の由来をはじめ、青森の伝承習俗や庶民の生活について書いています。

また、菅江真澄が善知鳥神社やこの土地について詠んだとされる「長閑しな 外ヶ浜風 鳥すらも 世を安方と うたふ声して」という詩が、歌碑として残されています。

善知鳥神社の御守り

さらなるパワーを高めるご祈祷

善知鳥神社の御神札授与所では、御守りやおみくじを頂く事ができます。また、御朱印の押印やご祈祷の受付時間は9時から16時の間です。

善知鳥神社へ参拝に訪れる人は多く、厄払い・長寿健康祈願・初宮・車祓いなど、目的はさまざま。地鎮祭や新宅祭といった出張祭典も受け付ています。神社隣の善知鳥パーキングを利用した際は、ご祈祷を申し込んだ場合に無料パーキング券をもらう事ができます。

あなたへのピッタリが見つかる御守り

善知鳥神社のお守りは、定番の形や一般的な様式の御守りのほかに、デザイナーが手掛けたというものもあります。デザイン性の高いおしゃれな御守りなどを含め、全部で20種類以上の御守りが揃っています。

2種類ある御朱印帳ですが、カラフルな色合いで迫力があるとして、特にねぶた御朱印帳が人気です。五角形の絵馬・わらじ型の絵馬・ハート型の絵馬など、絵馬の種類が豊富なのも特徴で、祈願の内容にあわせて、絵馬を選ぶ事ができます。

うとう沼の鯉と仲良くする秘訣

立派な鯉が泳ぐうとう沼では、鯉にエサをあげる事ができます。鯉用のエサは御神札授与所で購入する事が可能です。御神札授与所と手水舎の間に掛かる赤い橋は、エサやりの場所として最適です。赤い橋の上に人が集まりやすいため、鯉が一番集まっています。

また、境内には鳩もたくさんいるのですが、鯉のエサを鳩に与える事は禁止されています。

見逃すべからず善知鳥神社のイベント

展示されている御神輿が動く大祭

View this post on Instagram

#善知鳥神社 #御神輿 #キラキラ✨

A post shared by kentaro suzuki (@suu_kentaro) on

毎年9月中旬に開催される善知鳥神社大祭は、神社最重儀の祭りと位置付けられています。別名・青森うとう祭とも呼ばれ、例大祭神事をはじめ、御神輿渡卸や舞楽演奏会・観月茶会・ちびっこザリガニ釣り大会など多くの催しが開催されます。

普段拝殿横の御宝殿に納められている、江戸神輿の高さは210センチメートル。大祭のうちの大祭神幸式で町内を運行している様子を見る事ができます。

神社内でビール片手に盛り上がる夏の夜

https://www.instagram.com/p/Blaatdchtyn/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=14uwcb8mh0i9i

毎年7月初めになると、善知鳥神社を会場に新町商店街の恒例行事「しんまち地産地消逸品ビアガーデン」が開催されます。参道の左右には多くの出店が並び、その参道中央に飲食可能な座席を設置。提灯の灯りと雅楽が流れる神社という、独特な雰囲気を楽しみつつ、ビアガーデンには多くの人が集まります。

リンゴ産地の青森が誇る名店・赤い林檎

善知鳥神社の隣にある洋菓子店

善知鳥神社から小道を挟んで南隣には、名店・赤い林檎があります。レトロなおしゃれさが漂う洋菓子店は、1階が洋菓子の販売・2階はケーキや飲み物などをいただけるカフェスペースとなっています。

1981年から続くお店で、青森県観光物産館アスパムにアップルパイを出品する有名店。落ち着いた雰囲気の店内で、ひと休みするのがおすすめです。

こだわりをゆっくり食べる事ができる店内

https://www.instagram.com/p/Bw9ExrwAnqf/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1qbexh96n5i02

赤い林檎のポリシーは、添加物を一切使わないという事。アップルパイのほかにもカシスケーキやチーズケーキなど、こだわりの詰まった商品が並びます。ケーキの種類も豊富ですが、数種類あるアップルパイのうち、土日祝日限定販売のハート形のアップルパイが1番人気です。こちらは、10月中旬から6月までの期間限定のため、ぜひ食べておきたいところ。

アップルパイのパイは、バター風味広がるサクサクの食感がやみつきに。大きめに切られたリンゴの酸味はちょうどよく、甘すぎない絶妙なおいしさが口の中に広がります。

住所|〒030-0801 青森県青森市新町2-6-15
営業時間|9:30~17:30(閉店19:00)
定休日|無休
電話|017-722-7738
公式サイト|なし

善知鳥神社へのアクセス

電車でのアクセス

JR青森駅から新町通りを徒歩で進むと、約10分で到着します。

バスでのアクセス

JR青森駅より出ている、中筒井線や横内環状線 ・戸山団地線・浅虫線などのバスへ乗車すると、善知鳥神社近くまで行く事が可能です。県庁通りバス停で下車すると徒歩約1分で到着。新町2丁目バス停を下車すると、徒歩約4分ほどで到着です。

車でのアクセス

車で行く場合は、青森道青森中央インターチェンジから県道120号を北方面へ進み、新町通りを目指せば約10分で到着です。浅虫方面からは国道4号線、弘前方面からは国道7号線をそれぞれ柳町通りで曲がります。善知鳥神社横に60台駐車可能な駐車場があります。

住所|〒030-0803 青森県青森市安方2-7-18
営業時間|常時(社務所は8:30~17:30)
定休日|なし
電話|017-722-4843
公式サイトはこちら

まとめ

善知鳥神社は、青森発祥の地として人気の高い神社。昔の偉人も愛したという善知鳥神社は、今でも多くの人が訪れる場所です。拝殿に祀られた宗像三女神のほか、うとう沼を守る龍神様など、パワースポットとしても注目されている神社です。街中にある神社という事で、地域と協力して開催されるイベントもあり、街の活性化にも一役買っています。